デスク収納おすすめ10選!デスク上を広く使える商品を厳選

「デスク収納って場所を取るし買うのはちょっと……でも、机の上もぐちゃぐちゃで……」と、片付かない机上に困っていまっている方、多いですよね。そこで、デスクを広々と使いながら大容量の収納を確保できてしまう素敵アイテムを大公開!デスク収納の選び方から購入時の注意点、そして編集部厳選のおすすめアイテムをあますところなくご紹介します。求めているものはそれぞれ違いますが、ひとりひとりに合ったアイテムがきっと見つかるはず。読めばすぐにデスク周りの収納に手を出したくなりますよ。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

デスク収納のおすすめな選び方4つ

デスクを広く使いたいなら欠かせないのが収納ですよね。デスク周りで使うものやデスクに合う収納サイズ、収納の形状やおしゃれ度は手を抜きたくない重要ポイントです。

それを踏まえた上で失敗のない買い物をしたいなら、この4つの項目は必ずチェックしておくべきです。

1.買ってから後悔したくない!デスクと収納の大きさをチェック

デスク上に収納を設置する場合、収納が大きすぎてデスクの作業スペースが減ってしまっては本末転倒ですよね。

自分の作業に必要なスペースを確保して、余ったスペースを収納に回すと今までの作業の邪魔にならず、実質的に効率よく作業できます。

デスクの上に置くタイプの収納は邪魔になっていないか、作業スペースを確保できているか、正確なサイズを知ることが後悔しないポイントです。

2.デスク上を広く使いたい?収納の形状をチェック

収納を増やして作業スペースを広く取りたいのは誰しもが思っていること。そうなると、収納の形状も欠かせないチェックポイントなんです。

作業スペースを邪魔しないようなスリムな形状のものは文房具や小物を収納するのに適していますが収納できる物が限られてしまいますよね。

しっかりと物を置ける収納を希望なら、底に面がなく空洞になっている棚タイプが作業スペースを広く取れて邪魔にもなりにくいんです。

しかし、一見良さそうに見えるこの方法は作業スペースを棚の底上げで確保している分、収納スペースを縦に取っていくので、高さで圧迫感を感じてしまうかもしれません。

高さがあっても気にならなければ問題ありませんが、デスク上に収納を作る場合は必要最低限のものに絞る必要もありそうですね。

3.収納するものは何?しまうものに合わせた収納をチェック

普段デスク周りで使うものはなんですか?使用頻度の高いものはサッと取り出せてすぐに使えるようにデスク周りに収納したいですよね。

文房具などや、USBメモリなどのパソコンの周辺機器やメディア類、書類など大きさも量もまちまちです。

ペンやクリップなど細かなものならスリムトレーや引き出し、書類ならファイルボックスやファイルトレーといったように、それぞれに置き場所を与えて定位置を決めておけば片付けもしやすく取り出しやすくなります。

収納したいものの性質や形状に合わせた収納を考えるのも大事ですね。

4.スタイリッシュにしたい?並べておしゃれな収納をチェック

おしゃれ度を求めるなら同種類の収納にまとめることが鉄則。同色・同形状で合わせることで統一感ができスタイリッシュにまとまります。

アカシヤ木などの大小様々な大きさのウッドトレイを並べれはそれだけでおしゃれに小物を片付けられますよね。

もちろん、木製品だけでなくプラスチックや革製品でも同じ種類のもので揃えて並べるだけで統一感が出ておしゃれでスタイリッシュな雰囲気になります。

カラーバランスも大事で、スタイリッシュにしたいなら一色に統一するのか最低でも2色までに抑えるのが好ましいですよ。

あまりに色が多いと統一感がなくスタイリッシュとは程遠くなってしまいます。

デスク収納のおすすめメーカー・ブランド

デスク収納のことなら、収納に特化している&文具に強いメーカーに聞くのが一番。事務用品を多く扱っているからこそ、それらを効率的に収納できる製品も数多く取り揃えてあるんです。

種類が豊富だからシンプルなものから実用的もの・プラスチックやはたまたダンボール素材も、素材や形は選び放題なんですよ。

1.無印良品

言わずと知れた自然派ブランドの無印良品。衣類・食品・家電・収納・文房具など、生活に関わる全てのアイテムを網羅している馴染み深いブランド。

シンプルな製品ばかりなのでミニマリストにもファンが多く、部屋に圧迫感や威圧感を与えない無機質感な雰囲気が人気です。

デスク収納はクリア素材や半透明の製品ばかりで、アクリル・プラスチック素材が多くを占めています。

そのままでも使用できますし、アレンジして自分好みのデザインに変えてみるのも楽しいですよね。

最近では建築業界にも幅を広げ、『無印良品の家』というのも建っているので、外から中まで全て無印良品の商品でそろえるといった、熱狂的なファンもたくさんいるんです。

2.プラス

文房具やOA用品を扱う文具メーカー『プラス』は、消しゴムやペン・はさみから裁断機や金庫に至るまで、個人・法人に限らず利用できる多彩なラインナップを誇り、アイテムのバリエーションも多岐にわたります。

自社製品で扱う筆記用具をまとめるための収納も、もちろん豊富。だからこそ、数多くのデスク収納の種類も幅広く取り揃えられているんです。

ボックスタイプや棚タイプ、コンテナ型などいろんなタイプを網羅しています。

今回の商品の比較ポイント

デスク収納で大事なのは、デスクに置ける収納の大きさと重さです。

編集部で厳選したアイテムを下記の2つのポイントで比較し、それぞれの特徴を分かりやすく解説。自分の求めるぴったりのアイテムを見つける参考にして頂ければ幸いです。

  • サイズ
  • 重さ

今、一番おすすめするデスク収納はコレ!

デスクで作業する際に書類を扱うことが比較的多いのではないでしょうか。簡単に設置できて機能的、そしておしゃれな多機能なメッシュメタルラックがイチオシなんです。

Aoonux「多機能 4段組 スタッカブル」

  • サイズ/35mc×30.2cm×26.5cm
  • 重さ/1.7kg

上に積むだけで収納が増やせるスタイリッシュな多機能ラック

ブラックとシルバーの2色から選べるメッシュメタルラックは、A4サイズの書類を収納するのにとても便利。作りもしっかりしていて、耐久性も抜群です。

書類の整理整頓はもちろんのこと、一番上の段にはペン立てなど高さのあるものも置けるので作業に必要なものをひとつの区画にまとめておくことができます。

4段セットになっていますが、ひとつひとつが独立していて上に載せるだけで段を追加できるので、お好みに合わせてカスタマイズ可能。

スタイリッシュなデザインなので、デスク上だけでなくキッチン収納などにも使用できます。

本体のコーティングは非毒性で環境にやさしいスプレーを使用しているので安心ですね。

引き出しは小物の収納に最適!置いても邪魔にならないデスク収納おすすめ3選

「デスクの上がいつもごちゃごちゃしてる!」「見える収納は物が多いと片付いた感じがしない」そんなときは隠せる引き出し収納が便利。

見えてるものを全部片付けてしまえば、デスクがすっきりして気持ちいい。作業へのモチベーションUPも間違いなしです。

1.無印良品「重なるアクリルケース2段引出」

  • サイズ/17.5mc×13cm×9.5cm
  • 重さ/不明

コンパクトなのにしっかり収納!無印良品で人気のアクリルケース

無印良品のアクリルケースは大小合わせて20種類以上の豊富なアイテム数を取り揃えている人気シリーズです。

そのなかでも、卓上で邪魔にならないコンパクトな引出しのアクリルケースは、細かな文房具を収納するのにとても便利なんです。

引出しの内寸は15.2cm×12cm×3.5cmなので消しゴムや付箋、修正テープやホッチキスなど、事務作業に必要なアイテムも余裕で片付けられます。

しかし、ペン類に関しては長さ的に入らないものもあるので注意が必要です。

また、ケースが透明で中身が丸見えなので、片付ける時に順序良く並べておかないとデスク上がすっきりしても見栄えが悪くなってしまいます。

ケース内が気になるときは中にオシャレな厚紙やマスキングテープで目隠しを作ると、中身が見られる心配もなく、自分好みにカスタマイズできますよ。

2.山善「小物入れ(引き出し3段式)」

  • サイズ/21mc×15cm×17cm
  • 重さ/1kg

優しい印象を与えてくれるオシャレな3段収納

家電・健康器具などのジェネリック製品メーカーとして有名な山善は大型収納やデスク・チェアといった家具にも強いのをご存知ですか?

そのため、デスク周りの小物収納にも特化しているんです。そんな山善の3段引出し式小物入れは、幅が21cmもあるのでペン類や定規も収納可能。

塩化ビニル樹脂でできているので汚れてもサッ拭くだけ、お手入れ簡単!

シンプルで優しい風味を感じられるデザインは、デスク収納だけでなくお部屋のちょっとした棚の上やベッド脇など、置く場所を選びません。

パソコンを使用される方にはブルーライトメガネを収納しておくのにも便利ですよ。

3.プラス「卓上小物入れ リビングポストY4」

  • サイズ/19.8mc×17.5cm×27.2cm
  • 重さ/不明

奥行きガッツリ、CDスッポリ!

4つの収納は引き出しタイプになっているので出し入れしやすく機能的。

特に一番大きい引出しはCDを並べて2枚入る奥行きがあるので、仕事で使うデータや作業中に聞きたい音楽CDなどを入れておくのに便利ですよね。

B5のノートもスッポリ入るので学生さんの勉強ノートや、社会人の会議中のメモを入れておくのにも適しています。

3段ある小物トレーには細々したものも小分けできる仕切りが6枚付いているのでクリップや消しゴムもかさばらずに収納できるのがポイント。

カラーは、テラコッタ・コットン・マシュマロホワイト・チャコールの4色から選べるので、インテリアにも合わせられて部屋の雰囲気も壊しません。

ただし、紙でできているので水分や汚れには要注意です。

棚を使って整理整頓!しっかりまとめられるデスク収納おすすめ3選

コンパクトな収納じゃ物足りない!もっと収納したいならたくさんしまえて冊子も置ける棚タイプのデスク収納が最適。

参考書やビジネス書など、書籍の収納スペースもしっかり確保でき、作業に必要な文具も収納可能なおすすめアイテムを3つチョイス。

3つとも全くタイプが違い、天板の付いているタイプは上段にプリンタなどのPC周辺機器も設置でき、パソコンでの作業も捗る高性能なものもありますよ。

1.コクヨ「デスクシェルフ」

  • サイズ/60cm×29cm×40cm
  • 重さ/8.2kg

ブックスタンド・引出し・棚・プリンタ台と、大容量で機能的!

デスク関連に特化したメーカーの『コクヨ』だからこそ、デスク周りの悩みを解決する大容量の収納が誕生したんです。

カラーは、ライトグレーと木目調から選べます。センター部分のブックスタンドには仕事で使う資料や参考書などを置けますし、仕切りが移動できるので本の幅も気になりません。

ペンスタンドや置物を飾ったりもでき、コーディネート次第で部屋の雰囲気に合わせたインテリアへと変えることも可能です。

本体は自体は8.2kgあり、がっしりとしていて耐荷重は棚板一枚につき20kgまで可能(計40kg)です。

ある程度の重さに耐えられるのでプリンターや複合機への耐久性も高くできています。

天板には先述のとおりプリンターや周辺機器を置けるスペースが設けられており、柱の裏側にはオードクリップが付いているので、コードなどの配線類もまとめられて見栄えもすっきりします。

棚板の下側についているトレーは、筆記用具やPC関連のメディアなど、細々としたものをしまえるのでとても便利です。

2.プラス「ブックスタンド」

  • サイズ/32.6cm×32.4cm×25cm
  • 重さ/3.5kg

引出し付きブックスタンドで本の整理もラクラク

シルバー・ホワイト2色から選べるブックスタンドは、スタイリッシュでデスク上だけでなくお部屋のどこでも使えるデザイン。

軽量で設置もしやすく置くだけですぐに使えます。棚下の収納ケースは21.7cm×31.4cmと広々なので立てにくいA4サイズの書類も入ります。

ブックスタンドの仕切りはスライド式になっていて自由に動かせます。また、組み立て式なのでスタンドのバー部分を取り外すのも簡単。自分好みにカスタマイズも可能です。

プラスのブックスタンドは同シリーズのサイズや形違いのものが10種類以上あるので自分の使い方や欲しい機能に応じて選ぶといいですよ。

3.Angel one「デスク上置棚」

  • サイズ/47cm×37cm×17cm
  • 重さ/3kg

ツートンカラーがかわいい簡易シェルフ

自分の好みに棚を組み立てられる自由度の高いデスクシェルフは多機能で使いやすい!書斎・寝室・リビング、オフィスでも使えるデザインでどこに置いてもOKです。

本棚としてもコレクションを飾る棚としても使え、ピンク・スカイブルー・ナチュラル(木目)など、カラバリエーションも豊富。

予めネジ穴が開いてあるので組み立ても簡単にできます。自分で決めたサイズで作りたい場合は自己責任ですが、穴の開いてある場所以外にも置棚を組むのは可能です。

作業スペースを広くとれるグッズがほしい!便利に使えるデスク収納おすすめ3選

シェルフだけじゃない!ちょっと置きのシンプルなものからちょっと変り種なデスク収納をご紹介。これがあれば作業スペースが広がって、さらには日常的に使う必需品も収納可能。

デスクがただの作業台じゃなく毎日の生活に不可欠なスペースになること間違いなしですよ。

1.サンワダイレクト「机上台(デジタルステーショナリー・USBポート&マルチカードリーダー付・ブラック)」

  • サイズ/54×10cm×75cm
  • 重さ/800g

カードリーダーだけじゃない!実用性溢れる小物収納

テレビ番組で紹介されて依頼、大人気のマルチカードリーダー付き小物収納。機能性抜群ですぐ欲しくなる代物です。

56種類ものメディアが読み書きできるカードリーダーを搭載(複数読み込みは不可)していて、USBポートは3つついているのでスマートフォンの充電も可能。

スマートフォン・ペン・付箋・名詞・フォト、それぞれのホルダーが区切られていて収納もとても便利。

カップホルダーは取り外し可能でフレキシブルアームの書類ホルダーあります。スリムタイプなので作業スペースの邪魔にならず、必要なものを常に目の前において置けますよ。

2.VPACK「デスクオーガナイザー」

  • サイズ/下記記載
  • 重さ/500g

机上収納だけじゃない。テーブルのリモコン立てとしてもOK

イエロー・グレー・スカイブルー・ダックブルー・ブラックの5色からなるデスクオーガナイザーは置く場所を選ばずどこでも配置できてなんでも収納可能です。

11×11×8・11×5.5×9.5・22.5×5×3・7×7×6.5・5.5×5.5×6.5(全てcm)の大小5つの仕切りは小分けされているので、使いやすいように自由に組み合わせることができ、オリジナルのボックスにカスタマイズできます。

MDF材で作られていて、外はPUレザーを貼っているので高級感溢れる革の質感とツートンカラーでスタイリッシュなデザインです。

3.無印良品「ポリプロピレンスタンドファイルボックス」

  • サイズ/31.8cm×27.6cm×10cm
  • 重さ/不明

ファイルを収納したいなら無駄に収納を増やすよりシンプルなコレ

ただのファイルボックスと思って侮っていませんか?無印良品のファイルボックスは半透明で優しい色合い。

もちろんA4サイズがすっぽり入るので普段使う書類もや資料がしっかり立てられます。

半透明なのでマスキングテープやクラフトテープ、カッティングシート等で自分好みにアレンジもできちゃいます。

デスク上では少しメモを取るくらいでPCをメインに使う方には棚などよりもこちらの方が合うのではないでしょうか。

デスク収納を購入時の気になる疑問・質問

買う前に、注意しておくべき事は山ほどありますよね。その中でも下記の2点を知っておけばデスク収納の購入時の失敗を未然に防げるかもしれませんね。

Q1:デスク収納にボックスは向いている?

デスク収納の大きさはデスクの大きさを把握してから決めるのがいいのですが、それでも書類が入るサイズのボックスは比較的場所を取ってしまうので、あまり大きいデスクでない限りは邪魔になってしまうことが多いです。

ボックスを使用するなら小物を入れる程度のサイズが場所をとらず邪魔にもならなくていいのではないでしょうか。

コンテナタイプなら上に積めるので、数が増えても場所を取りませんよ。

Q2:デスク収納を選ぶとき注意するポイントはある?

文房具や書類はまとまると結構な重さになってしまいます。収納するものを考えた上で収納の荷重量や耐久性を考慮しておくのが重要です。

今回紹介した中にも固いクラフトペーパーや段ポール製のデスク収納がありますが、どれくらいの重さに耐えられるのか、確認しておく必要があります。

まとめ

デスク収納についてお分かりいただけたでしょうか。机上でどのような作業をするかによっても収納するものや収納の形状が変わってくるかと思います。

「これがおしゃれだから欲しい」「可愛いから買っちゃおう!」

ここまでこの記事を読んでもらっていれば、そんな気持ちは持ち合わせていないですよね?

自分がどのような作業をデスクで行い、どのようなものを使うのか。そしてそれらを収納するにはどのようなものが必要なのか、一度考えてみてください。

その上で、「こんなタイプの収納が必要だ!」と思えてから探してみてくださいね。もちろんサイズ計測もお忘れなく。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す