ストーブガードのおすすめ11選!ガードの種類と余裕のあるサイズで選ぶ

小さい子どもや赤ちゃんがいるなら、ストーブガードを付けてやけどやケガから守りましょう。探究心や好奇心の旺盛な子どもは、ストーブの周りにバリケードを作っていないとつい触りたくなってしまうようです。石油・電気・ガスなど種類はさまざまですが、ストーブの口に何かを入れて火災の原因になる、なんてことも考えられますよね。そうならないためにストーブガードを設置して安全対策をしませんか。どれを選べば良いかは、おすすめな選び方とおすすめメーカーを吟味して把握しましょう。厳選したストーブガードを11アイテムをセレクトしているので、どんな種類があるのか手っ取り早く知りたい人にもわかりやすく解説します。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

ストーブガードのおすすめな選び方3つ

ストーブガードは、種類も大きさもメーカーによってかなりのバリエーションがあります。ストーブの種類にあわせて使用できるものが変わったり、対応していなかったり、選ぶのに手間取ってしまいますよね。

どのように選ぶか迷う前に、選び方のポイントをとらえて上手な選び方を学びましょう。

1.どのようにガードするか?ストーブガードの種類をチェック

ストーブガードは、使用するストーブによって対応しているものが変わります。どのストーブにどのストーブガードが有効なのか見ていきましょう。

丸型ストーブガード

今ではあまり見ることがなくなった丸型ストーブ用のガードです。屋外や半屋外で使用することが多いタイプですね。

そのためテーブル部分がついた実用的な形になっています。丸型のガードはフレームの余白が広く、子どもが簡単にストーブに触れられるため注意が必要です。

3面式ストーブガード

前方と左右をカバーしているストーブガードは、小さい子どもやペットのいる家の“予防”として使えます。

移動しやすい便利さはあるものの、自ら動かしてしまう子どももいるので注意が必要です。

4面式ストーブガード

一般的に広く使われているストーブガードです。石油ストーブやガスストーブなど、サイズが合えばある程度のストーブに対応しています。

小さな子どもが上から手を伸ばしても触れないように設計されていますが、上部をガードしているアイテムもあって安心ですね。対流式ストーブに適しているタイプです。

5面式ストーブガード

前面と左右を5面で守ってくれます。ガードするスペースを広く取るので、やけどの心配がありません。後方はガードされないので壁付けで使用してください。

6面式ストーブガード

全面を6面でガードし、かなり広くスペースを取っているのでどのストーブにも対応しています。ただし、設置するスペースが広くないと置けないのが難点です。

2.余裕のある大きさを選ぶ!サイズをチェック

ストーブガードには熱くなりにくい加工が施されているものがほとんどですが、吹き出し口の距離とガードが近くなってしまうと熱くなってしまいます。

ガードのサイズが小さいとストーブとの距離が短くなってしまうので、余裕のあるサイズが望ましいですね。せっかくのガードの意味がなくなってしまいます。

どのストーブガードでもサイズは豊富なので、部屋とストーブのサイズとを考えながら選ぶと良いです。

3.ファンヒーターの場合は?吹き出し口ガードをチェック

ファンヒーターの場合は、省スペースにガードできる吹き出し口専用ガードもあります。吹き出し口に直接設置するので、ファンヒーターのボタンなどには触れられるというものが多いようです。

そのため、イタズラされてしまう可能性はありますが。ストーブガードでは場所をとってしまうという時に便利です。

ただし、吹き出し口をガードしてもストーブやファンヒーターに近づけてしまうので、できれば大きいサイズの吹き出し口ガードを選びましょう。

ストーブガードのおすすめメーカー・ブランド

ストーブメーカーや量販店のプライベートブランドなど、多くのメーカー・ブランドがストーブガードを販売しています。

その中でも特に多くのシェアを占めている3社をピックアップ。形もタイプも豊富に取り扱ってありますよ。

1.アイリスオーヤマ

創業以来、数々のヒット商品を生み出してきた『アイリスオーヤマ』は、今でも変わらず新しいものを作り続けているメーカーです。

ペット用品・園芸用品から収納など、暮らしを豊かにするアイテムが豊富にそろえられていて、「気がつかないうちにお世話になっている」なんてことも。

プラスチックの犬小屋やクリアタイプの衣装ケースも、アイリスオーヤマが開発した大ヒット商品です。

2.山善

生活に関わるすべてのアイテムがそろっている山善はジェネリックメーカーとして有名です。

より良い商品の必要な部分だけを残して、無駄を徹底排除したアイテムを作り出す技術はピカイチ。良質なのにリーズナブルな製品を多数輩出しています。

各種家電や暖房機器、照明・健康機器など生活に関わる全ての電化製品と寝具・収納・デスク&チェアが取り揃えてあるブランドなのです。

3.グリーンライフ

「きれいな地球で暮らしたい」をテーマに、数々の地球に優しい生活アイテムを生み出しているグリーンライフ。

ホームエクステリア・パブリックエクステリアからベビー用品にいたるまで、幅広い商品ラインナップを展開しています。

ストーブガードも安心安全が考えられた設計になっていて、使い勝手の良いアイテムの一つです。

今回の商品の比較ポイント

ストーブガードは直接熱風が当たるので、熱くなりにくい素材というのは重視したいポイントです。家にあるストーブの種類に対応しているのかも必要不可欠な要素ですし、サイズも忘れてはいけません。

今回は種類・サイズ・素材に着目して比較を行っていきたいと思います。おすすめポイントもしっかりと確認してくださいね。

  • 種類
  • サイズ
  • 素材

今、一番おすすめするストーブガードはコレ!

ストーブガードのサイズは、各ストーブや部屋の大きさによって使用できるものが限られてきます。そこで、サイズ展開に幅があるシンプルで使いやすいアイテムはいかがですか。

アイリスオーヤマ「ストーブガード シルバー STG-750N」

  • 種類/4面式
  • サイズ/H71cm×W75cm×D60cm
  • 素材/スチール・EVA塗装

サイズバリエーションが豊富

58cm・65cm・75cm・103cmと幅が選べ、各幅によって奥行きのサイズも変わってきます。大小さまざまな大きさのストーブに対応しています。

スチール素材ですが、エポキシ塗装とEVA樹脂を使用しているので熱くなりにくいように作られています。小さい子どもやペットがいる家庭には安心です。

せっかくサイズバリエーションが豊富なのですから、対応サイズよりもワンサイズ大きいストーブガードを選ぶと、吹き出し口とガードの幅に余裕ができてより安全に使えます。

底辺の固定用ワイヤー付きで、ストーブを上に乗せると加重で固定される仕組みです。サイドに子どもが寄りかかっても、ある程度は耐えられる耐久性と安定感があります。

前面には上下にスライドする扉が付いていて、上部で止まるストッパーがストーブの操作を楽にしてくれ便利です。

石油ストーブ専用のガードなので、FF式ストーブやファンヒーターには使用できません。

ストーブの周囲を囲むタイプ!ストーブガードおすすめ5選

ストーブ周りはしっかりと囲って安全に使えるようにしたいものです。ストーブガードを使って、小さい子やペットが安心して暖まれるようにしましょう。

丸型や多面式のさまざまな種類を用意しました。

1.山善「ストーブガード 4面式 RSG-65」

  • 種類/4面式
  • サイズ/H67.5cm×W65cm×D51.5cm
  • 素材/スチール(粉体塗装)

省スペースの折りたたみ対応

折りたたみ式で厚さ6cmのコンパクトサイズになるので、オフシーズンでもスッキリと収納できます。

自立して倒れないように底面に2本芯があるので形が崩れる心配もありません。ストーブの加重でしっかりとガードを固定してくれます。

4面式なので壁付けしなくて良く、部屋の中心部から部屋全体を温められますね。開閉扉は上方にスライドするストッパー付きなので、片手での操作も可能です。

開口部が広いので、左右の端に操作ボタンなどが付いている機種でも無理なく操作でき、ストレスフリーな使用感を得られます。

省スペース設計なので、小型サイズのコンパクトなストーブに対応しているようです。

2.グリーンライフ「ストーブガード SG-PP」

  • 種類/4面式
  • サイズ/H71cm×W65cm×D53cm
  • 素材/スチール(粉体塗装)

ネジや金具でしっかり固定

ガードのパネルを金具やネジでしっかりと固定するので安定感があります。さらに前後に渡している金具にストーブを乗せることによって、より固定できますよ。

組み立ても簡単ですぐ設置できます。床とガードの隙間を低めに設定してあるので小さい子どもが入るスキマがないので安心して使えますね。

上下スライドの操作窓があるので、ストーブを操作する際にも便利です。

石油ストーブ専用なのでファンヒーターには使用しないでください。ワンサイズなので使用しているストーブに合うサイズかどうか確かめてから購入してくださいね。

3.瀧商店「丸型ストーブガード ガード デラックス」

  • 種類/丸型
  • サイズ/H45~80cm
  • 素材/クロームメッキ

高さが自由に合わせられるスライド式

コロナやアラジンの対流式丸型ストーブに対応しています。テーブルが付いているので、暖まりながらお茶を飲んだり読書をしたりと、近くでくつろげるのがメリットです。

ガードは置くだけで固定されていないので動かしやすくなっています。とはいえ末広がりなので安定感のある作りです。脚の底には滑り止めゴムもありますが、もたれかかると滑る可能性もあるので注意してください。

子どもの顔の位置とテーブルの出っ張りの位置がちょうど同じくらいの高さになるので、ストーブに近づきにくいようなパーソナルスペースが生まれます。

ガードテーブルの高さは調節できるので、35~70cmの高さのストーブに対応。ストーブ本体の天板から10cmは高くして使ってください。

4.アイリスオーヤマ「ストーブガード シルバー SS-1000N」

  • 種類/3面式
  • サイズ/H71cm×W105cm×D67cm
  • 素材/スチール(エポキシ粉体塗装)・EVA樹脂

壁付けで使うなら3面式

ストーブを壁付けで使うなら3面式で十分。アイリスオーヤマ3面式ストーブガードSSシリーズは65cm・85cm・105cmと幅が選べ、大きいサイズのストーブにも対応しています。

背面がオープンなので、FF式や煙突式にも対応しています。どのタイプにも安心して使えるのは嬉しいですね。

底面固定できるワイヤーつきで、ワイヤーの上にストーブを置けば加重で固定してくれます。これで安定感のあるガードになり、グラつく心配もありません。

前面には小窓が付いているのでストーブの操作もしやすくて便利です。

5.グリーンライフ「木製ストーブガード 植毛仕上(ウッドタイプ 三方式) FGW-S60」

  • 種類/3面式
  • サイズ/H70cm×W57cm×D43cm
  • 素材/スチール(粉体塗装)

木のぬくもりを感じられる暖かな風合い

粉体塗装と植毛仕上げで熱くなりにくい加工がされているアイテム。木枠が木のぬくもりを感じられる暖かみがありますよね。

サイズは2種類あるので使用しているストーブに合わせて選択できますよ。少し奥行きが狭く感じるので省スペースなガードを求めている人におすすめです。吹き出し口とガードの間に余裕がほしい人には向いていないかもしれません。

両サイドにひっかけてあるワイヤーにストーブを乗せることによって加重で固定するタイプです。ストーブの重さでガードを安定させてくれますよ。

組み立ても簡単でシーズンオフにはまとめて片付けられる優れものです。FF式ストーブには使用できますが、ガスファンヒーターには使用できませんのであらかじめ注意してください。

ファンヒーターの熱から守る!吹き出し口ガード5選

ストーブガードはファンヒーターに対応していない製品が多数あります。ファンヒーターにはファンヒーター用のガードがあるので、ぜひそちらを検討してみてください。

ストーブガードより省スペースに設計されているので部屋も広く使えますよ。

1.グリーンライフ「G-45SN 吹き出し口ガード」

  • 種類/吹き出し口用
  • サイズ/H21cm×W40~60cm×D16cm
  • 素材/スチール(焼付塗装・耐熱植毛仕上げ)

はさんでがっちり固定

スチールの焼付塗装と耐熱植毛仕上げが施されているので耐熱性にすぐれています。これなら奥行きが短くて吹き出し口から距離が近くても安心ですね。

40~60cmの幅で伸縮してくれるので、ファンヒーターの幅に合わせて調節できます。約56cmまでのファンヒーターに取り付け可能だそうです。

面倒な工事などななく、工具も不要。ゴムストッパーが付いているので、簡単に取り付け可能です。もっとしっかり固定したい場合は両面テープを使用してください。

吹き出し口付近は熱いので赤ちゃんや小さな子ども、ペットが近づかないように注意しなければなりません。

2.アイリスオーヤマ「吹出し口ガード FDG-350F」

  • 種類/吹き出し口用
  • サイズ/H25.8cm×W35.6cm×D12.7cm
  • 素材/スチール・シリコンゴム・ポリアミド・ポリプロピレン

マグネットで簡単取り付け

アイリスオーヤマのFDGシリーズは、マグネットで簡単に取り付けができるとても便利なアイテムです。

奥行きが12.7cmとかなり薄いので、ガード自体が熱を持たないのか心配になりますよね。ですが、吹き出し口の柵部分にはシリコンゴムを使用しているので、スチールを特殊加工しているものよりも熱くなりにくい設計に。

だから吹き出し口とガードの距離が近くても、安心して使えるんですね。コンパクトサイズで圧迫感も拭えるので、部屋も広々と使えます。

30~46cmのコンパクトサイズのファンヒーターに対応しています。吹き出し口が開閉式や可動式のものには使用できないので、自宅のファンヒーターの種類を確認してから購入してください。

3.永田金網「石油ファンヒーター用 吹き出し口ガード」

  • 種類/突き出し口用
  • サイズ/H17cm×W32.5~57.5cmcm×D12.5cm
  • 素材/スチール(耐熱植毛仕上げ)

マジックテープで取り外し自由

30~55cm幅のファンヒーターに対応。ガード本体と固定プレートは付属のネジで工具を使わず簡単に下準備ができます。

ドッキングしたガードとプレートをマジックテープでファンヒーターに取り付けるだけなので、数分で設置が完了しますよ。

ただし、ファンヒーターの本体にマジックテープを直接付けないといけないのが少しネックなポイントです。

そういう時は、マジックテープを貼る部分にマスキングテープで下地を作っておくと、剥がす時に粘着跡が残らずに済みますよ。

ただし、吹き出し口ガードの重さでマスキングテープが剥がれる可能性があるので、自己責任の下で行ってくださいね。

奥行きは12.5cmなので、場所もとらず省スペースに安全対策がほどこせます。

4.山善「ファンヒーター吹き出し口ガード 前面植毛 RFG-54」

  • 種類/突き出し口用
  • サイズ/H19cm×W42~54.5cmcm×D17.5cm
  • 素材/スチール(植毛仕上げ)

超小型から中型まで対応可能

伸縮式のガードは、26~56cmの幅を自由にスライドさせてネジでしっかり固定します。ノブを回すだけで幅が合わせられる簡単設計。

ファンヒーターへの固定もネジ式のノブを回すだけで固定できるので、設置に手間取りません。工具不要でしっかりと固定できますよ。

吹き出し口との距離が17.5cmあるので、少し場所は取りますが余裕のある間隔になっています。ガードも熱くなりにくくやけどやケガから守ってくれますね。

小さな子どもにもペットにも安心して使えるガードです。

5.永田金網「石油ファンヒーター シリコン 吹き出し口ガード NFG-3055S」

  • 種類/突き出し口用
  • サイズ/H19cm×W42~54.5cmcm×D17.5cm
  • 素材/スチール(焼付塗装)・シリコンゴム・ナイロン樹脂

シリコンで熱くならない安全仕様

吹き出し口に面しているガード部は、シリコンゴムでできています。熱くなりにくくなっているので子どもにもペットにも安心して使えますね。

工具不要のネジとマジックテープで簡単に取り付けできるので設置の手間もかかりません。

吹き出し口のガード部分は伸縮しない設計。通常のファンヒーターでは30cm以上のストーブを使う際に、吹き出し口にガードがないような作りになってしまいます。

30~55cmの幅のものに対応しているとされていますが、温風吹き出し口が向かって左側にある機種についてのみですので、使っているファンヒーターがどのようなものか一度確認してください。

開閉式や可動式のファンヒーターも使用不可となっています。

ストーブガードを購入時の気になる疑問・質問

やはり安全性を考えて設置するものですから、しっかりと把握してから使いたいと思。

編集部に寄せられた購入前に気になる疑問や質問に答えます。今回のストーブガード購入前に知りたい疑問は、安全面に関することでした。

Q1:植毛仕上は熱くならないのですか?

植毛仕上げがされている限り、熱くはなりません。温かいと感じる程度なので子どもにも安心して使用できます。

ただし、植毛仕上げが施されている部分が焦げて、スチールやストーブガードの芯部分がむき出しになっている場合は、直接熱が伝わってしまうのでかなり熱くなってしまいます。

焦げてむき出しになった部分を触るとやけどをする程度には熱くなるので、ストーブガードや吹き出し口ガードを定期的に点検するようにしましょう。

そうすればより安全にガードを使用することができますよ。

まとめ

ストーブガード・吹き出し口ガード、いかがでしたか?どれにするにしても、本当にたくさんの種類があって迷ってしまいますよね。

まずは使用しているストーブのサイズと種類から、設置したい部屋のサイズと設置場所を決めてください。その条件に合ったアイテムを探すのが正攻法です。

ほとんどの人が安全面の向上を目的として購入を検討していると思うので、より安全に使えるようなアイテムを選んで行きたいですね。

今回紹介したおすすめの選び方とメーカーから自分で探すと、選ぶ楽しみも増えますよ。ぜひおすすめアイテムの中から使っているストーブに合ったものを選んでみてください。

ぴったりなストーブガード・吹き出し口ガードがきっと見つかります。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す