羽毛布団のおすすめ8選!熟睡するために側生地の素材とサイズで選ぶ

羽毛布団はどのような商品がおすすめなのでしょうか。布団は睡眠のためには必要不可欠な存在です。布団がしっかりとしたものであると、睡眠の質も上がって体の疲労もとれますし、翌日のパフォーマンスも豊かなものへとなります。逆に布団がよくないと、睡眠の質も下がってしまい、翌日のパフォーマンスにも影響が出てしまうのです。そこで今回は熟睡するためにおすすめの羽毛布団をまとめてみました。今までの睡眠の質が低いと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

羽毛布団のおすすめな選び方7つ

まずは、羽毛布団のおすすめな選び方を紹介します。

1.温かさが気になるならフェザーの種類とダウン率をチェック

1つ目はフェザーの種類とダウン率をチェックしましょう。

ダウン率とは、羽毛の中に入っている純粋な羽毛のことを指しています。このダウン率が高いと、保湿性があるといわれています。

羽の種類には、グースとダックがあります。一般的にはグースの方がダウンボールが高く、保湿性も優れていることから良質であるといわれています。

ダウンとは鳥の胸元に生えている綿毛のことで、フェザーとは軸がある羽のことを指しています。ダウン率が50%以上のものを羽毛布団、フェザー率が50%以上のものを羽根布団と呼んでいるのです。

つまり、品質の高い羽毛布団を購入するなら、ダウン率が50%以上のものでかつグースが使用されているものを選ぶといいと言えるでしょう。

2.肌ざわりが気になるなら側生地の素材をチェック

2つ目は側生地素材をチェックすることです。

いかに羽毛の質がよくても、側生地の質がよくないと良質な羽毛布団とはいえません。側生地は羽毛と同様に羽毛布団には必要不可欠な存在となっています。

羽毛布団の側生地には、ポリエステルと綿があります。ポリエステルは繊維が柔らかく静電気が起きづらいという特徴があり、綿には繊維が細くしなやかな肌ざわりという特徴があります。

どちらにも良い点があるので、自分の好みに合わせて選んでみましょう。

3.冬?夏?季節に合わせてキルティングの種類をチェック

3つ目はキルティングの種類です。

季節によってキルティングを選ぶことで、快適に眠ることができます。良い羽毛布団を使用しているはずなのにどこか寝つきが悪い場合は、キルティングがあっていないのかもしれません。

夏には通気性のある平縫いがおすすめで、冬には保湿性の高い立体キルトがおすすめです。夏は暑くて汗をかくので、通気性のあるものが良く、冬は乾燥するため保湿性に優れているものを選ぶのです。

年間通して使用したい場合は、デュエットと呼ばれる2枚合わせで取り外せるものも存在するので、そちらを使ってみるのも良いでしょう。

季節に合わせてキルトを選んでいくことが、快適な睡眠につながるのです。

4.シングル?ダブル?体形と寝相に合わせてサイズをチェック

4つ目はサイズです。

体型や寝相に合わせて、羽毛布団のサイズを選びましょう。どんなに優れている羽毛布団でも、サイズが合っていないと眠りの質も浅くなってしまいます。

寝返りをうって布団からはみ出てしまったり寝心地が悪かったりすると、体調を崩してしまうことも考えられます。

体が大きい人や寝相が良くない人は、大きめの羽毛布団を購入することで布団からはみ出してしまうのを防ぐことができるでしょう。

ベッドを使用している場合は、ベッドよりも布団のサイズが大きいとずれ落ちてしまいやすいです。

このようにサイズがあっていないと様々な問題が起きてしまいますので、自分のサイズに合った羽毛布団を選びましょう。

5.どれを選んでいいか悩むならメーカー・ブランドをチェック

5つ目はメーカーやブランドです。

現在では羽毛布団メーカーやブランドは数多く存在します。メーカーやブランドが多くて、どこのものを購入すれば良いのかわからないという人もいることでしょう。

その場合は、品質表示を見てみましょう。羽毛布団には品質表示というものがあり、これがメーカーの信頼度を表しています。

また、ブランドやメーカーの歴史が古いところは、歴史が長く実績も多いためある程度の信頼がおけます。メーカーに迷ったら、とりあえず大手のものを購入するのも良いでしょう。

どの羽毛布団を購入するのか悩む場合は、ブランドやメーカーで購入するのも一つの手です。

6.長く使いたいなら耐久性と洗えるかをチェック

6つ目は耐久度と洗えるかどうかです。

まず、羽毛布団は基本的には洗うことができます。しかし品質の悪いものだといくつか注意が必要です。

品質が悪いものの場合、羽をしっかりと洗浄せずにコーティングしている場合があるため、洗うことでコーティングがとれてしまい、臭いが発生する可能性があります。

こういったケースを取り除くために、洗うことを考えて品質の良い羽毛布団を選びましょう。

側生地も含めて、耐久度があるものならばある程度安心感がありますので、しっかりとチェックしましょう。

7.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

7つ目は値段です。

一般的に品質の高いものは高価な傾向にあります。これはある程度仕方ありません。

最安価価格帯、売れ筋価格帯、高級価格帯の三つを表にまとめたので、参考にしてみてください。これはあくまでも2018年4月時点の価格なので、時期によっては変動する可能性もあります。

最安価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯
50,000円程度 100,000円程度 300,000円~

比較してみると、最安価格帯はおよそ50,000円ほどです。これはダックの羽毛布団なため、品質は値段相応といったところでしょう。

売れ筋価格帯は100,000円ほどです。これはグースの羽毛布団となっており、品質が高いものを望むならこれくらいの価格が必要となります。

高級価格帯は300,000円ほどです。これはマザーグースの羽毛布団で、グースよりもさらに品質が高いものとなっています。高価でも品質が高いものを望む場合はこちらをチェックしてみると良いでしょう。

この商品の比較ポイント

今回おすすめする羽毛布団は以下の5つの項目を比較して選定しました。実際に購入する時の参考にしてくださいね。

  • ダウン率
  • サイズ展開
  • 側生地
  • 洗濯
  • カバー留めループ

今、一番おすすめする羽毛布団はコレ!

それでは、編集部が今一番おすすめする羽毛布団を紹介します。

Living days「ポーランド産ホワイトマザーグース羽毛布団」

  • ダウン率:93%
  • サイズ展開:シングル:150cm X 210cm
  • 側生地:綿100%
  • 洗濯:×
  • カバー留めループ:×

高品質のマザーグースを使用

高品質のマザーグースを使用した羽毛布団、そのダウン率は93%となっており、羽毛原産地であるポーランドの商会ラベルも付属されています。

ヨーロッパの寒さが厳しい気候と、伝統となっている飼育法によって育ってきたポーランド産のマザーグースは最高級の羽毛といわれています。

日本羽毛製品協同組合が認めた信頼の5つ星となっており、ロイヤルゴールドラベルとなっています。このラベルがついている羽毛布団は、厳しい基準を合格しており、高品質であることが保証されています。

新製法であるオゾンクリーン加工をされており、殺菌・消臭・防カビ加工となっています。そのため清潔で安全な羽毛布団となっており、快適に眠ることができます。

ピーチスキン加工がなされており、肌ざわりが良くなっています。名前の通り桃のような肌ざわりとなっており、柔らかな風合いになっています。

この羽毛布団は上部と下部の二層構造となっており、暖かさがあって保湿性が高くなっています。冬にはおすすめの羽毛布団です。

また、斜めのキルトにすることで、密着しやすく肩口からの放熱を軽減しています。

マザーグースの羽毛布団なので、きわめて品質が高くなっています。質の高い羽毛布団を購入したいという場合は、こちらをぜひともおすすめします。

寝心地がいい!いい夢が見れそうなおすすめの羽根布団3選

続いて、寝心地が良いおすすめの羽根布団を紹介します。

1.昭和西川「羽毛掛け布団ポーランド産マザーグース93%」

  • ダウン率:93%
  • サイズ展開:シングル 150×210cm
  • 側生地:綿100%
  • 洗濯:不明
  • カバー留めループ:不明

ふんわり長続き!最高級マザーグースダウン使用

最高級のマザーグースダウンを使用した羽毛布団です。ダウン一粒一粒が大きく成熟しており、ふんわり感が長時間持続します。また、ダックに比べても臭いが少なく、羽毛布団に最適な素材であるといわれています。

洗浄度が業界基準の3倍となっています。匂いの原因となる油脂分を徹底的に除去し、不快なにおいを大幅に減少しています。

羽毛は人の目でしっかりと選別しており、不純物がないかをチェックしています。数日間かけて除去しているので、高品質がグースとなっているのです。

2.生毛工房「生毛ふとんPM-470 ナチュラル」

  • ダウン率:95%
  • サイズ展開:060#190×230cm
  • 側生地:マスターシードアメリカ産 超長綿 100%/100番単糸(サテン織り)
  • 洗濯:不明
  • カバー留めループ:不明

大きなダウンホールが特徴

世界でも高品質であるといわれているポーランドのグースダウンを使用しています。ポーランドから直接輸入し、自社製造することで品質を保ちつつ、比較的求めやすい価格で購入することができるのです。

側生地はカリブ海で育った海島綿とアメリカ産のピマ綿の交配種を使用しています。抗菌・防臭・防ダニ加工されており、清潔感もあってぐっすり眠ることができます。

市場価格の半額を実現しているため、購入しやすい価格。羽根布団を始めて購入する人にもおすすめできます。

3.京都西川「ダウンケット ディズニー 」

  • ダウン率:93%
  • サイズ展開:150×210cm
  • 側生地:綿100%
  • 洗濯:不明
  • カバー留めループ:〇

ディズニーの美女と野獣の羽根布団

ディズニーでも人気の高い美女と野獣のデザインが特徴の羽根布団です。側生地にはサテン綿を使用しており、肌ざわりが良くなっています。

表面の中央部には美女と野獣の映画の名シーンを載せており、額縁の部分には薔薇の花を高解像度で印刷してあります。裏面には全面にバラの花を表現しています。

使用されているのはポーランド産のホワイトグースです。品質も高いため、寝心地も良くておすすめです。

美女と野獣の名シーンがモチーフとなっているので、この作品が大好きな人にはたまらない羽根布団となっています。

扱いやすい!機能性が高くておすすめの羽根布団4選

さらに、扱いやすくて機能性が高いおすすめの羽毛布団を紹介します。

1.ニトリ「かるふわ羽毛掛ふとん」

  • ダウン率:85%
  • サイズ展開:幅150×奥行210×高さ9cm
  • 側生地:ポリエステル100%
  • 洗濯:〇
  • カバー留めループ:〇

かるくてふわふわ暖かい!人気の羽毛布団

ニトリから販売されている羽毛布団です。

ウクライナ産のダウンを85%使用しています。大きなダウンホールが包んでくれるため、あたたかくて眠りやすくなっています。

羽毛自体の臭いを軽減しており、その上消臭や抗菌加工をしています。羽毛布団では臭いが気になる人もいるかもしれませんが、この羽毛布団は徹底的に臭いの対策を行っているので安心です。

足元や襟元の羽毛を増量しており、スキマができにくくなっています。そのためフィット感があって心地よさを感じることができます。

2.いいはねふとん店「おまかせ羽毛掛け布団」

  • ダウン率:90%
  • サイズ展開:S:横150cm × 縦210cm
  • 側生地:綿100%
  • 洗濯:不明
  • カバー留めループ:〇

安価で購入できる羽毛布団

年間30,000枚の生産量を突破している羽毛布団です。

他の羽毛布団に比べて格段に価格が抑えられていますが、その品質は「エクセルゴールドラベル」を取得していることからわかるようにかなり信頼ができます。

羽毛の充填量も多く、保温性が高いとされる立体キルトを採用した日本製の羽毛布団。抗菌、除菌、防ダニ、防カビ、防臭を施しており、衛生面も安心です。

気化熱によって夏は涼しく、熱伝導率が低いため冬は暖かく眠ることができます。

3.タンスのゲン「日本製 羽毛布団 」

  • ダウン率:93%
  • サイズ展開:幅150x長さ210cm
  • 側生地:綿15%、ポリエステル85%
  • 洗濯:不明
  • カバー留めループ:〇

厳しい寒さにも耐えられる

1.5kg増量し、厳しい寒さにも耐えられるようになっています。

新基準であるCILゴールドラベルを取得しており、厳しい審査を乗り越えた羽毛布団です。

アレルGプラスによって花粉やハウスダストなどの影響を低減しています。羽毛のにおいを抑えるだけではなく、雑菌の繁殖を抑えるので清潔な状態のまま寝ることができるのです。

羽毛は成熟したホワイトダックのダウンを使用しています。羽毛の白いホワイトダックは布団業界では重宝されており、高価なものとして扱われています。

二重縫製で作られており、耐久性も抜群です。寒い冬にはおすすめの羽毛布団です。

4.日本寝具通信販売「ハンガリー産洗える羽毛肌布団」

  • ダウン率:93%
  • サイズ展開:セミダブル170×210cm
  • 側生地:ポリエステル80%、綿20%
  • 洗濯:〇
  • カバー留めループ:〇

使いやすさ抜群の羽毛布団

優れた吸放湿性を持っており、蒸れずに快適に眠ることができます。寝具の中の湿気などを吸収し、快適な寝心地を実現しています。

アレルGプラス加工がなされており、天然由来のトリートメントを羽毛に吹き付けることでアレルギーの原因となるダニや花粉などを除去してくれます。

さらに臭いのもととなる物質にナノレベルで吸着して改善。これによりアレルギーと臭いを気にせずに眠ることができるのです。

キシリトール涼感加工で繊維の湿度を低下させ、爽快な清涼感を得られます。そのため春や夏にも使用できるのです。

羽毛布団を購入時の気になる疑問・質問

羽毛布団は安い買い物ではありません。羽根布団でもいいのでは?といった気になる疑問にお答えしています。

Q1:羽毛布団とはどのようなものですか?羽根布団との違いは何ですか?

羽毛布団とはダウン率が50%以上のものを指しています。羽根布団とはフェザーが50%以上のものを指しています。

羽根布団は保温性は期待できませんが安価、羽毛布団はとてもあたたかいものですが比較的高価なものです。

名前は似ていますが異なるものですので、違いを認識して購入しましょう。

まとめ

羽毛布団はピンからキリまであるので、どれを購入するかによって大きく違ってきます。品質がそこまで良くないものは寝心地もそれなりですし、不満もあるかもしれません。

しかし品質の高いものならば、きっと満足する結果を得ることができるでしょう。その分値段も張りますが、大きな結果が期待できると思ってください。

羽毛布団は羽毛の種類で値段が異なってきます。とりあえず羽毛布団を体験してみたいのならダック、なるべく質の高いものを望むならグースがおすすめです。

さらに高品質なもの望むなら、マザーグースの羽毛布団を購入してみましょう。ダックやグースと比較してその違いに驚くかと思います。

これまで睡眠の質が低いなと感じたことがある人は、ぜひ羽毛布団を使用してみてください。これまでに味わったことのない快適さを実感できるでしょう。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す