サングラスブランドのおすすめ10選!デザインと品質で選ぶ【2019年最新版】

ベストアイテムとして使いたいサングラスブランドのおすすめを専門家監修のもと紹介・解説していきます。イタリアやアメリカの有名高級ブランドから、日本の人気ブランドまで、抑えるべきメーカーやブランドを網羅し、そのなかでもとくにおすすめの商品を細かく解説しつつ、それぞれを比較。また、サングラスの各部位の名称や、フレームによる印象の違いなど、アイウェアを購入するうえで知っておくべき知識やトリビアなども併せて紹介します。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

サングラスブランドのおすすめな選び方5つ

サングラスの各部位に関しての解説やフレームの種類など、サングラスを選ぶときにチェックしておきたい項目をまとめました。基本的なことですが、意外と知られてないトピックばかりですので、しっかりと確認しておきましょう。

1.似合うフレームサイズやテンプル幅をチェック

サングラスが似合うかどうかは、正直なところ自分の第一印象で決めてしまって問題ありません。気に入った物を購入するのがいちばんです。ただ、正しい選び方があるのも事実ですので、以下で紹介していきます。

サングラスを選ぶ場合、チェックするべき基本的なポイントとしては

  • 眉の見え方
  • ブリッジの太さ
  • テンプルの太さ

などがあります。まず、眉の見え方ですが、サングラスをかけたときに、眉毛が出過ぎず隠れ過ぎずといったバランスが理想です。

次にブリッジ(鼻にかかる部分)の太さですが、丸みを帯びたラインは女性らしさを演出し、直線的なラインはメンズ向け商品に多く見られます。この辺りは好みで選択しましょう。

最後に、テンプル(眼鏡を支える部分)ですが、細めのテンプルは女性らしいイメージで、横顔をスッキリと見せることができます。一方、太めのテンプルは、カジュアルなイメージを醸し出します。

上記のようにパーツに切り分けて考えるのも重要ですが、やはり大事なのは全体のバランスです。トータルで考えて自分に似合ったサングラスを見つけていきましょう。

2.輪郭に合ったサングラスの種類をチェック

サングラスを選ぶときには、自身の輪郭に合ったタイプの商品をセレクトすることも重要です。ベーシックなサングラスのフレームを紹介するとともに、どのような輪郭に合うかも合わせて解説していきます。

・ウェリントン

スタンダードなフレームタイプです。ベーシックなシェイプですので初心者にも扱いやすく、顔の形も選びません。強いていうなら面長の人に良く似合う形です。

・フォックス

名前の通り、フレームがキツネの目のように斜めに釣り上がったタイプのサングラスです。輪郭をシャープに見せたいときにおすすめで、逆三角形の輪郭や、スクエアタイプな顔の人に似合います。

・ティアドロップ

もともとはパイロット用に作られたタイプのサングラスで、天地面積が広いため、しっかりと目元を覆ってくれます。四角い顔や面長の人におすすめです。

・サーモント

フレームの上部だけ太くなったタイプのサングラス。昨今流行しているタイプで、上級者向けではありますが、おしゃれに敏感な人ならば選択肢に入れたいところです。丸顔の人に良く似合います。

・ボストン

ウェリントンと同じくベーシックな形で、丸みを帯びたシェイプのフレームです。輪郭の形はとくに選びませんが、なかでも面長の人におすすめです。

このように、フレームにはいくつかのタイプが存在します。ただ、あくまで基準であり、一般論ですので、これを鵜呑みにするのではなく、他の項目でも紹介するチェックポイントを合わせつつセレクトしましょう。

3.レンズカラーによって印象が変わる

フレームや各部位に言及してきましたが、肝心のレンズ部分のカラーによっても、大きく印象が変わります。スタンダードなカラーと、色がもたらす効果などを以下にまとめてみました。

・ブラック・グレー系

王道の定番カラーです。光をしっかりとカットしてくれるので日差しが強い日には欠かせません。完全な黒からグレー系まで、明るさはさまざまですが、それぞれクールで大人びた印象を持っています。

・ブラウン

ブラウン系のレンズは、人気カラーのひとつです。日差しも程よくカットしてくれるので、ドライブなどに最適です。また、肌色との差異で顔の彫りが深く見える効果もあります。

・グリーン

扱いが難しい色のように思えますが、意外とコーディネートしやすく、似合いやすいカラーです。ただ、明るかったり薄かったりするとチープな感じが出てしまいますので、暗めのグリーンを選択するのが間違いありません。

・ブルー

こちらもグリーン系統のレンズと同様に、難しいイメージがありますが、暗めのトーンのレンズを選べばシーンを問わず使えるカラーです。

・イエロー

イエロー系や、もう少し暖かみのあるオレンジ系の色は、視界を明るくする効果があるので悪天候や夕方などの使用に向いています。こちらも薄い色よりは暗い色味がおすすめ。

この他にも、まったく色が入っていないクリアタイプのサングラスもあり、伊達眼鏡のようなスタイルで使用することも可能です。

4.スポーツ用とストリート用はきっちり分ける

サングラスはフレームやレンズなど、さまざまな種類がありますが、スポーツをするために作られたモデルも存在します。

このようなスポーツグラスはファッションアイテムとしてではなく、人間工学などの技術を駆使してパフォーマンスを上げるために作られているので、スポーツのときにサングラスをかける人は、該当する競技に即したモデルの購入を検討するべきです。

また、ストリート用のサングラスをスポーツ時に使うと、思わぬ事故の原因になりかねません。サングラスは適材適所、用途に応じて使い分けるようにしましょう。

5.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

サングラスの価格帯を3種類に分け、以下の表にまとめました。機能やレンズによっても値段がかなり変わりますので、あくまで目安ではありますが、購入時の参考にしてみてください。

最安値価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯
目安価格〜3,000円 5,000円〜20,000円 20,000円〜
特徴素材やレンズなどはチープなものが多い 有名ブランドも少なからず登場する 機能性とデザイン性を両立させたモデルが揃う

サングラスのおすすめメーカー・ブランド

サングラスを購入するときに選択肢に入れておきたいおすすめのメーカー・ブランドを簡単に紹介していきます。どのブランドも確かな技術力とデザインセンスを持ち、信頼あるサングラスを制作しています。

1.TOM FORD(トムフォード)

GUCCIやイヴ・サンローランなど、世界的に有名なメゾンのクリエイティブディレクターを務めたデザイナーのトム・フォードが手がけるアイウェアです。

ファッション業界の第一線に立ち続ける天才デザイナーの名前を冠したブランドですから、デザイン性、機能性はいうに及ばず、多くのセレブレティをも虜にする人気ブランドです。

2.999.9(フォーナインズ)

999.9(フォーナインズ)は、1995年に誕生した、日本のメガネフレームブランドです。

国産ブランドならではの技術力と信頼感は、多くのユーザーに支持されていて、機能とデザインが双方バランスよく両立された名品を数多く制作しています。

全国に店舗を構えていますので、フィッティングやメンテナンスが店内で完結できる点も強みですね。

3.Ray-Ban(レイバン)

Ray-Ban(レイバン)は、一昔前までは「サングラスといえばレイバン」といって良いほどの人気を誇った老舗ブランドです。

もちろん、人気が衰えたわけではありません。今でも多くの愛好家や新規ユーザーを獲得し続けています。ジャック・ニコルソンやボブ・ディランなど、錚々たる著名人にも愛される、伝統あるメーカーです。

サングラスブランドのおすすめ商品はこちら

目次

今回の商品の比較ポイント

サングラスを比較・検討するうえで、「サングラスブランドのおすすめな選び方4つ」をベースに、以下の項目を設定しました。見た目や機能性に直結するポイントですので、しっかりチェックしておきましょう。

  • フレーム幅
  • ブリッジ幅
  • レンズ幅
  • カラーバリエーション

今、一番おすすめするサングラスはコレ!

今、もっともおすすめのサングラスはTOM FORDの「サングラス(FT9336)」です。定番のウェリントンタイプのフレームを採用し、メンズ・レディース問わず使えるハイセンスなデザインが光ります。

TOM FORD(トムフォード)「サングラス」

  • フレーム幅:142mm
  • ブリッジ幅:21mm
  • レンズ幅:52mm
  • カラーバリエーション:カラードハバナ:シャイニーブラック:ブラック/アザー

大人の男性や女性にこそ相応しい。ハイクオリティなサングラス

TOM FORD「サングラス(FT9336)」の特徴は、何といってもその美しさでしょう。定番タイプのフレームながら、流れるような曲線や象徴的にあしらわれた「Tマーク」など、細部まで繊細な仕事が見て取れ、手抜かりは一切ありません。

カラードハバナやシャイニーブラックなど、ユニークなカラー展開がされているのも目を引きます。カラードハバナなどは一見派手そうに見えますが、素材が良いためエレガントさすら感じさせます。似たタイプの他社製品と比べてみれば違いは一目瞭然です。

癖がなく、どんな人でも似合うタイプのサングラスですし、モード系、カジュアル系とスタイリングを問わないことも魅力ですが、ハイクオリティな商品ですので、靴や帽子、ワードローブもそれなりの物を用意したいところではあります。

そのため、20代よりは30代、40代と、大人の男性、女性にこそ相応しいサングラスだといえるでしょう。

知性的なメンズにおすすめのウェリントン型サングラス2選

オーソドックスなウェリントン型サングラスのなかでも、とくにおすすめのタイプを紹介します。かける人を選ばない形状ですので、初心者は、まずはこのタイプから選ぶのも良いでしょう。

1.RayBan RB2140F

  • フレーム幅:145mm
  • ブリッジ幅:22mm
  • レンズ幅:52mm
  • カラーバリエーション:ブラック:マットブラック:トータス

多くの愛好家を生んだ、定番にして王道のレイバンサングラス

「RB2140F サングラス」は、レイバンのサングラスのなかでもメジャーなスタイルで根強い人気を誇る商品です。

「これぞサングラス」といったデザインは、アイウェアの王様であるレイバンの風格をしっかりと感じさせます。多くのミュージシャンやアーティストなど、セレブレティが着用しているモデルとなりますので、質の良さは折り紙付きの逸品です。

やや重量感がありますが、重量があるということは安定感に優れているということに他なりません。多くのユーザーは「長時間かけていても疲れにくい」との口コミを寄せていますので、明確なメリットだといえるでしょう。

数あるレイバンサングラスのなかでも、おすすめの一本です。

2.Persol (ペルソール)「ブラックサングラス≪偏光レンズ≫」

  • フレーム幅:133mm
  • ブリッジ幅:17mm
  • レンズ幅:54mm
  • カラーバリエーション:ブラック

どんな顔でもフィットする。特殊な構造をしたテンプルが特徴的なモデル

Persol (ペルソール)は、1917年にジュゼッペ・ラッティにより創業されたイタリア生まれの眼鏡・サングラスメーカーです。

本商品は「フレキシブル・テンプル(メフレクト/Meflecto)」という構造をしていて、テンプル部分がバネのように曲がり、絶妙なフィット感を実現しています。ペルソールはこの機能を取り入れたことで、世界的に認知されることとなりました。

このテンプルのおかげで、どんな顔にもマッチするため、顔の形を選ばないのが最大の魅力です。

象徴的なブランドマークであるシルバーアローのあしらいも洒落ていて良いですね。このくらいの装飾であれば邪魔になりませんし、デザインを引き立てています。

小顔効果抜群!レディース人気ナンバーワンのバタフライ型サングラスおすすめ2選

レディースに人気のバタフライ型サングラスのおすすめを厳選して紹介していきます。バタフライ型はレンズが大きいため、小顔効果があるとともに、紫外線からしっかりと目を守ってくれる万能型のサングラスです。

1.GUCCI(グッチ)「サングラス アジアンフィッティング バタフライ レディース」

  • フレーム幅:142
  • ブリッジ幅:13mm
  • レンズ幅:64mm
  • カラーバリエーション:クリアブラウン

GUCCIのモチーフを凝縮したような存在感のあるデザインが魅力

レディース向けのサングラスのなかでも、とくにおすすめなのがこちら、GUCCI(グッチ)の「サングラス アジアンフィッティング バタフライ レディース」です。

サングラスのなかにGUCCIの定番モチーフををギュッと凝縮したようなデザインはかなりの存在感がありますが、不思議とスマートで嫌らしくありません。このあたりのさじ加減はGUCCIならではのセンスですね。

バタフライタイプなので、デザイン性もさることながら、目をすっぽり覆ってくれるので直射日光をしっかりとガードしてくれます。ストリートのみならず、海や山などのアウトドアでも活躍してくれそうな一本です。

2.Furla(フルラ)「サングラス バタフライ レディース」

  • フレーム幅:140mm
  • ブリッジ幅:15mm
  • レンズ幅:59mm
  • カラーバリエーション:ピンクグリッター

映画に出てくるようなきれいで可愛らしいデザインが特徴的

1927年に創業されたFurla(フルラ)が販売する「サングラス バタフライ レディース」は、古き良きイタリアの伝統と革新性をミックスさせた人気のサングラスです。

まるで映画に出てくるようなエレガントなデザインが特徴で、大きめのレンズに細身のフレームを合わせることにより、女性らしさを演出しています。このくらいの大きさであれば、かけたときに小顔効果も狙えそうですね。

街歩きにもパーティーにも、どちらでも使えそうなカジュアルさとエレガンスさを備えている商品はそうそう見かけません。おしゃれ好きな女性にぜひともかけて欲しいサングラスです。

伊達男に生まれ変われるイタリア高級ブランドのおすすめサングラス

イタリアはアイテム問わず、数多くの老舗高級ブランドが軒を連ねていますが、そのなかでもとくにおすすめのサングラスをセレクトしました。

GUCCI(グッチ)「GGマーク シェリーラインテンプル ウェリントンフレーム アイウェア」

  • フレーム幅:不明
  • ブリッジ幅:14mm
  • レンズ幅:54mm
  • カラーバリエーション:ブラック

テンプルにあしらわれたシェリーラインが美しい、シンプル・イズ・ベストなサングラス

GUCCIが販売する「GGマーク シェリーラインテンプル ウェリントンフレーム アイウェア」は、シンプルなデザインながらも、小技が利いたサングラスに仕上がっています。

一見、何の変哲もないサングラスに見えますが、テンプル部分に注目してみると、サイドにGUCCIの代名詞でもあるシェリーラインがあしらわれ、GGマークが打たれているのがわかります。

主張せずともGUCCIとわかる、グッドデザインの手本のような仕事はさすがですね。派手さはありませんが、その分スマートに、クールな印象を出すことができますし、合わせる洋服を選びません。

いかにもイタリアブランドらしい、小粋な一本です。

トップアスリートやセレブも愛用するアメリカブランドのサングラスおすすめ2選

サングラスのブランドはイタリアだけではありません。レイバンを筆頭に、アメリカもまた老舗、新興問わず秀逸なサングラスを作っているメーカーが多数存在します。そのなかでも、伝統的なものと革新的なものを、それぞれピックアップしました。

1.Ray-Ban(レイバン)「RB3025 サングラス」

  • フレーム幅:138mm
  • ブリッジ幅:14mm
  • レンズ幅:58mm
  • カラーバリエーション:ゴールド

実用性とファッション性の高さがポイント、ドライブやツーリングのお供に

レイバンの「RB3025 サングラス」は、アメリカ空軍のパイロットのためにデザインされたモデルで、その実用性とファッション性の高さから、今も人気のあるサングラスです。

ゴールドフレームですが、ゴテゴテときらびやかな感じではなく、フレームの細さも手伝って上品な存在感を醸し出しています。

もともとパイロット用に開発されたサングラスですので機能性は折り紙付き。ドライブはもちろん、バイクに乗る際にも使い勝手が良く、さまざまなシーンで活躍してくれることでしょう。

2.OAKLEY(オークリー)「PITBULL ピットブル」

  • フレーム幅:150mm
  • ブリッジ幅:18mm
  • レンズ幅:38mm
  • カラーバリエーション:クリスタルブラック:グレイスモーク:ブロンズトータス:他全5色

顔をしっかりとホールドして疲れにくい、ゴルフやジョギングなどにピッタリ

1975年に設立されたOAKLEY(オークリー)の「PITBULL ピットブル」は、多くのアスリートに愛用されているスポーツタイプのサングラスです。

通常のサングラスとは異なり、ノーズパッドとイヤーソックが搭載され、顔をしっかりとホールドし、運動時のズレを防ぐ設計がなされています。そのため、長時間の着用でもストレスを感じません。

また、デザイン性も高いので、スポーツだけでなく街中で着用しても違和感がなく、タウンユースとしても使える汎用性の高さが魅力です。

日本人の顔型に似合う国産ブランドのサングラスおすすめ2選

イタリアやアメリカのブランドと違い、国産ブランドのサングラスは初めから日本人の顔にフィットするように設計されています。そのため、購入後の失敗が少なく、初心者から上級者までおすすめできます。

1.999.9(フォーナインズ)「メガネ フレーム S-80T」

  • フレーム幅:140mm
  • ブリッジ幅:15mm
  • レンズ幅:56mm
  • カラーバリエーション:ブラウンマット

抜群のかけ心地と安定感。細部までこだわり抜かれた作りに注目

国産ブランドのなかでも、とくに人気の高い999.9(フォーナインズ)の「メガネ フレーム S-80T」は、細部までこだわりを持って作られた高機能なサングラスです。

テンプルには弾力性のある素材を採用し、余計な力や衝撃を吸収するために蛇腹のようなデザインを取り入れています。この工夫によって抜群のかけ心地と、ちょっとやそっとではずれない安定感を実現しています。

さらに、日本のメーカーですので、海外のブランド品に比べて日本人の顔に合いやすいのもポイントです。

サングラスはサイズの合わないものを購入してしまうと使い勝手が悪く、箪笥の肥やしになってしまうことも多いので、国産ブランドを選択することは非常に理にかなっているといえるでしょう。

2.TIME OPTICAL「サングラス」

  • フレーム幅:140mm
  • ブリッジ幅:20mm
  • レンズ幅:51mm
  • カラーバリエーション:グレーマーブル:ブラウンマーブル:ブルーマーブル:レッドマーブル

豊富なカラーバリエーションが嬉しい、ファッショナブルなサングラス

美しいマーブル模様が印象的なTIME OPTICALの「サングラス」は、ファッショナブルなアイウェアとして若い人に人気のサングラスです。

流行のデザインではありますが、サングラスとしての基本は守られているため、飽きが来ず、長く使える一本になっています。

グレー、ブラウン、ブルー、レッドと、カラーバリエーションも豊富ですので、自身のワードローブに合った色を選べるのも良点です。色違いで複数本購入し、スタイリングによってカラーを変えるのも良さそうですね。

サングラスを購入時の気になる疑問・質問

サングラスを購入するときの気になる疑問に答えます。今回は、とくによく訊かれるコーディネートの問題について、掘り下げてみましょう。

Q1:スーツに似合うサングラスは?

まず、ウェリントンタイプやサーモントタイプなど、フレームは基本的な形であれば問題ありません。バタフライタイプやティアドロップタイプはビジネスシーンには不向きですね。

また、レンズの色も派手ではないほうが良いでしょう。クリエイティブ職ですとまた違ってきますが、一般的なビジネスパーソンだと、クリアタイプやブラック、ブラウンあたりが無難です。もちろん、対面するときは外すようにしましょう。

まとめ

今回はサングラスのブランドや、選ぶときの注意点、各商品の比較・解説などを紹介してきました。

おしゃれアイテムとして扱われることの多いサングラスですが、紫外線を防いだり、スポーツ時のパフォーマンスを向上させたりと、機能面での利点も数多くあることがわかりました。

サングラスの購入を考えている人はもちろんのこと、普段サングラスをかけない人も、これを機に一本購入してみてはいかがでしょうか。そのときは、この記事を参考にして選んでみてくださいね。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す