気休めじゃない!効果が見込める発毛剤のおすすめ7選

日本人男性の三人に一人は男性型脱毛症、通称AGAに悩んでいるという事実をご存知でしたか?一昔前まで、薄毛は遺伝だと言われ諦めていた人も多かったですが、今は急速に医療が進歩している時代です。脱毛を予防するだけでなく、発毛させる成分がしっかりと存在しました。
リサーチにリサーチを重ね、発毛効果が見込める製品を薄毛タイプ別、使用方法別に副作用のことも考慮に入れて選び抜きました!
毎日の習慣に取り入れて半年、一年後には若返った自分に出会いませんか?

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

発毛剤と育毛剤の違い

まず理解しておかなければならないのが発毛剤と育毛剤の違いです。呼び方が違うだけで同じものと考える人もいるようですが、明確な違いがあるのでここで今一度おさらいしましょう。

発毛剤

発毛剤はまず医薬品に分類されます。医薬品には処方箋が必要な医療用医薬品と、ドラッグストアなどで購入可能な処方箋のいらない医薬品の二つに大別されます。さらに処方箋のいらない医薬品は第一類から第三類まで区別されていて、第一類から順に効果が高いですが、その分副作用などのつきまとうリスクが高いとされています。

発毛効果がしっかり実証された成分でできており、脱毛の予防にも繋がります。そのため”治療”・”予防”という括りになります。

育毛剤

育毛剤は医薬部外品に当てはまります。育毛に有効な成分が一定量配合されていて、医薬品のように”治療”と言えるような効果までは得られません。しかしその分リスクも最小限です。薬用〇〇のような名前の製品は医薬部外品です。

“予防”・”衛生管理”という位置付けで考えることができます。

発毛剤 育毛剤
分別医薬品 医薬部外品
発毛効果×
育毛効果
脱毛予防
購入方法医師の処方が必要なことが多い市販や通販で購入可能

発毛剤のおすすめな選び方4つ

選び方を紹介する前に?

◇薄毛対策を初めて行う方

薄毛対策が初めてで発毛剤を買おうと思っている人はちょっと待ってください。こちらも発毛剤をガンガンおすすめしたい気持ちはやまやまですが、効果と副作用の関係を考えるとすぐさまにはおすすめできません。

薄毛対策が初めての方はまず

・育毛剤で様子を見る
・育毛シャンプーを使ってみる
・髪の洗い方を変える

というのを実践してみてください。

髪の洗い方についてはこの記事の終わりの方でも紹介しているのでそちらを参考にしてください。

◇育毛剤で効果を感じられなかった方

育毛剤で効果を感じられなかった、リスクがあることは理解したからなるべく早く髪を生やしたいという方には発毛剤をおすすめします。

しかし、育毛剤・発毛剤に関わらず効果を感じるためには髪のサイクルなども考慮に入れると3ヶ月〜半年は続けなければ効果がなかったとは言い切れません。

それでも効き目がなかったという方は発毛剤にトライしてみましょう。

また、発毛治療のクリニックへ行くことも安心材料の一つとなります。

1.最低限のリスクで欲しい効果を!症状をチェック

◆男性ホルモン過剰タイプ

男性型脱毛症(AGA)は日本人の三人に一人がなるとされています。M字型の頭皮や、頭頂部から薄くなっていくのがこのタイプです。

その主な原因が男性ホルモン、テストステロンです。これが5αリダクターゼと結合しジヒドロテストステロンという発毛抑制物質を作り出します。このジヒドロテストステロンを抑える効能が必要とされます。

◆皮脂分泌過剰タイプ

皮脂の過剰分泌で毛穴がつまり成長を妨げてしまいます。悪化すると炎症を起こすこともあります。全体的に薄くなり、髪が少しべっとりした印象なのが特徴です。

◆頭皮乾燥タイプ

乾燥によりフケが発生し、そんフケが毛の成長を妨げてしまいます。乾いた頭皮はとてもデリケートなので、炎症も起こしやすく、赤みがかった薄毛になってしまうのがこのタイプです。

◆血行凝り固まりタイプ

血行が悪く頭皮まで十分に血が行き届かず、毛が作られる成分を行き届かせられていない状態です。一本一本の毛が細く、すぐ抜けてしまうようなタイプがこれです。

肩や腰も凝り固まっていることも多く、血行改善をする必要があります。

症状おすすめ効果
M字型・頭頂部が薄い男性ホルモン抑制
脂っぽく全体的に薄い皮脂分泌抑制
乾燥して赤くなったり、フケが多い頭皮保湿
一本一本が細くなっている血行促進・毛母細胞活性化

2.服用方法をチェック

発毛剤には塗るタイプと飲むタイプとに分かれます。

◇塗るタイプ

塗るタイプはスプレータイプで髪の薄い部分に吹きかけるものになります。

メリットは、直接働きかけることができる点です。

デメリットとしては、規定量があるもののいくらでも無視できてしまう、皮膚が炎症を起こす場合がある点です。

◇飲むタイプ

飲むタイプは現在の日本では処方箋がないと購入できません。

メリットとしては、高い効果が見込める、用法用量が明確な点です。

デメリットは、体全体に影響を与えるので薬の種類によっては別の部分に副作用が現れることがある点です。

3.続けられる価格かをチェック

価格は1ヶ月7000円あたりが発毛効果が期待できる製品の相場になります。

もしクリニックに行けばその分、費用も嵩みます。

今回の商品の比較ポイント

以下の比較ポイントに加えて、それぞれの製品がどんな症状に向いているのかも合わせて説明していきます。

  • 対象:男性・女性・年齢など
  • 使用方法:内服・塗布
  • 医薬品分類:医療医薬品、第一医薬品など
  • 主な有効成分:ミノキシジルなど
  • 内容量:◯ml・◯錠
  • 用法用量:一日2回、◯錠など

今、一番おすすめする発毛剤はコレ!

大正製薬「リアップX5」

product image

大正製薬「リアップX5」

7610円(税込)

  • 対象:男性
  • 使用方法:塗布
  • 医薬品分類:第一医薬品
  • 主な有効成分:ミノキシジル
  • 内容量:60ml
  • 用法用量:1日2回、1ml塗布
商品ページで詳細を見る

発毛剤、唯一の第一類医薬品のシリーズ最強

第一類医薬品なので、市販で購入できる中で最も効果を見込めます。

有効成分であるミノキシジルを頭に直接塗布するため、血管を拡張させ毛母細胞を直接活性化させます。このミノキシジルがリアップの他のシリーズでは1%なのに対し、リアップX5は5%も配合されているので高い効果が見込めます。

さらに、使う際に使用分の1mlが計量室というスペースに溜ま流ようになっており、使いすぎによる副作用の発生を防ぐことができます

飲むタイプのおすすめ発毛剤4選

基本的に飲むタイプの発毛剤は医師の処方が必要です、そのため効果が高いですが、診察を受けた上で使用を検討しましょう。そのためクリニックを紹介していきます。

1.MSD「プロペシア」

product image

MSD「プロペシア

7000円(税込)

  • 対象:男性(女性禁止)
  • 使用方法:内服薬
  • 医薬品分類:医療医薬品
  • 主な有効成分:フィナステリド
  • 内容量:28錠
  • 用法用量:ー
商品ページで詳細を見る

世界基準の高い効果が見込める発毛剤

プロペシアはフィナステリドを主成分とした飲み薬です。

フィナステリドは男性ホルモンを抑制する効果が実証されていて男性脱毛症(AGA)を防ぐのにもっとも知られている成分となります。

その分研究も進んでおり、副作用として性欲減退、勃起機能の低下、肝機能障害が起こるとされていますが、その発症率はそれぞれ1.1%,0.7%,0.2%となっており、比較的低いことがわかります。

2.Mutual Pharmaceutica「ミノタブ」

product image

Mutual Pharmaceutica「ミノタブ」

7020円(税込)

  • 対象:男性・女性
  • 使用方法:内服薬
  • 医薬品分類:医療医薬品
  • 主な有効成分:ミノキシジル
  • 内容量:100錠
  • 用法用量:ー
商品ページで詳細を見る

血管拡張によって毛量を増やす

薄毛になっていく大きな理由の一つが頭皮の血行が悪くなっていくことにあります。ミノキシジルは血管拡張作用があるため薄毛を根本から改善できます。

塗るタイプとは違い服用するので効果は高いですが、体の別の部分にも発毛効果が反映されるため、腕毛や、胸毛が増えるという実例もあります。

副作用とは言えないまでも、体毛が濃くなることが嫌な場合は避けるのが無難かもしれません。

3.グラクソ・スミスクライン「ザガーロ」

product image

グラクソ・スミスクライン「ザガーロ」

8200円(税込)

  • 対象:男性(女性禁止)
  • 使用方法:内服薬
  • 医薬品分類:医療医薬品
  • 主な有効成分:デュタステリド
  • 内容量:30錠
  • 用法用量:ー
商品ページで詳細を見る

日本ではまだ歴史の浅い発毛剤

2016年に発売されたばかりの薬です。

主成分のデュタステリドは、フィナステリドと同じように男性ホルモン抑制効果がありますが、男性ホルモンを生み出す成分のうち2種類の成分を抑制するのでより効果が高いと言われています。

しかし副作用としては男性ホルモンを強く抑制するために、精力減退や、乳房肥大という報告もあります。

歴史も浅くデータが少ないということもあるので、しっかりとカウンセリングを受けて処方してもらうようにしましょう。

4.田村治照堂「ハツモール内服錠」

product image

田村治照堂「ハツモール内服錠」

2980円(税込)

  • 対象:男性(15才未満禁止)
  • 使用方法:内服薬
  • 医薬品分類:第二類医薬品
  • 主な有効成分:セファランチン
  • 内容量:180錠
  • 用法用量:1日2~3回に分けて6錠
商品ページで詳細を見る

市販で買えるおすすめ内服薬!

10種類の有効成分を配合。セファランチンは末梢血管拡張作用により毛の成長を促進します。痒みを抑える成分や、皮脂量を正常にする成分も含まれているので、どんなタイプにもおすすめできます。

内服薬でありながら、第二類医薬品なので、処方無しで飲むタイプを試したいという方にぴったりです。

塗るタイプのおすすめ発毛剤2選

1.田村治照堂「ハツモールSP」

product image

田村治照堂「ハツモールSP」

2678円(税込)

  • 対象:男性・女性
  • 使用方法:塗布
  • 医薬品分類:第二類医薬品
  • 主な有効成分:カルプロニウム塩化物
  • 内容量:150ml
  • 用法用量:1日2~3回に分けて10~15プッシュ
商品ページで詳細を見る

カルプロニウム塩化物で毛母細胞を活性化

ハツモールは飲むタイプと塗るタイプの両方を販売しています。

塗るタイプのこちらはカルプロニウム塩化物を含む5つの有効成分を配合しています。

角質軟化作用で有効成分の浸透を良く、毛細血管を拡張する事により血行を促進。毛根部の毛乳頭細胞の作用をしっかり活性化させ発毛を促します。

第二類医薬品なので効果と副作用のバランスも程よいと言えます。

2.第一三共ヘルスケア「カロヤンプログレEXシリーズ」

product image

第一三共ヘルスケア「カロヤンプログレEXシリーズ」

3395円(税込)

  • 対象:成人(15才未満禁止)
  • 使用方法:塗布
  • 医薬品分類:第三類医薬品
  • 主な有効成分:カルプロニウム塩化物
  • 内容量:120ml
  • 用法用量:1日2回、各2ml
商品ページで詳細を見る

オイリーとドライの2タイプを展開

有効成分のカルプロニウム塩化物をしっかり配合しながら症状に合わせたタイプを選べます。

それぞれ皮脂の過剰分泌を抑えるカシュウチンキや頭皮のかゆみやフケを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩などを配合。

第三類医薬品でもあるので、自分の頭皮の症状が明確で、育毛剤から発毛剤に切り替えようと思っている方にはぴったりです。

おすすめの育毛剤もチェック!

ソーシャルテック「チャップアップ」

product image

ソーシャルテック「チャップアップ」

7400円(税込)

  • 対象:男性・女性
  • 使用方法:塗布
  • 医薬品分類:医薬部外品
  • 主な有効成分:センブリエキスetc
  • 内容量:120ml
  • 用法用量:4ml(約30プッシュ)
商品ページで詳細を見る

3種の有効成分で発毛剤に引けを取らない効力

医薬品に使われる成分は使用していないものの、血行促進、頭皮環境の改善、かゆみや皮脂量をコントロールできる成分を70種類も配合。

どんな症状にも対応できるので、発毛剤の副作用リスクは不安だから育毛剤でもっとも効果が見込めるもので試して行きたいという方にはもってこいの製品です。

発毛剤の効果をしっかり得るために心がけること

発毛剤の効果をしっかり得るためにも、そして発毛剤に頼らなくてよくするためにも普段できることを実践するようにしましょう

◇髪の洗い方を変える

1.乾いた状態で軽くブラッシング(無理矢理くしを通して痛めつけないように)

2.長めに38度程度のお湯で汚れを落とす(これで髪の汚れの9割が落ちます)

3.髪よりも頭皮を意識してマッサージする様に洗う(爪を立てないように)

4.しっかりとゆすぐ(シャンプーの成分が残ってしまうと菌の繁殖に繋がります)

5.タオルドライの後に間を置かずドライヤーをする(そのままにするのは洋服の生乾きと同じです)

髪を洗うことは毎日の習慣ですが、これをおろそかにすることが一番危険とも言えます。頭皮環境を常に意識するようにしましょう。

◇ストレスを溜め込まないようにする

ストレスが脱毛と関係があるのは色々な実験から証明されています。

しかし自分にあったストレス解消法がわからないという人は日本にたくさん存在します。

性格別ストレス解消法参考サイト

上記のような性格別ストレス解消法などを参考にしてストレスをできるだけ溜め込まないようにしてください。

アロマを炊く、全力で運動する、散歩する、感動する映画を観るなど、色々な方法が考えられます。

◇良質な睡眠をとる

睡眠は単純に長い時間寝ればいいというものではありません。

良質な睡眠とはしっかりと熟睡し、次の日に疲れを残さずスッキリと起きれることを言います。睡眠不足はストレスの一因であることは言うまでもなく、睡眠中に分泌される成長ホルモンは髪にももちろん影響します。

良質な睡眠を取るために

寝る直前にスマホを見ない
・食事は寝る3時間前に済ます
・ホットミルクを飲む

などして睡眠の質を高めるように心がけてください。

Q&A

Q1:育毛剤と発毛剤は併用しても良いの?

これはあまり推奨できません。

成分は違くても似たような作用が両者には含まれるので、過剰な効果が発生し副作用の発生をより高める可能性もあります。

もし併用をしたいのであれば育毛シャンプーと発毛剤を併用するようにしましょう。

育毛シャンプーは発毛効果というよりも、頭皮の環境を改善することに重きを置いているので、発毛剤の効能をより高めてくれます。

Q2:発毛剤を使用し出したら毛が抜けて来ました。仕様を中断するべきですか?

これは”初期脱毛”という発毛剤を使用仕立ての時にたまに起こる現象です。

髪が発毛するサイクルを整えるために古い毛を除外しています。そのため、抜け毛がひどくなったように思われがちですが、サイクルの整った髪がしっかりと強い髪を生やす準備をしているということになるのでもう少し使用を続けてみてください。

むしろ薬剤が効いてきた証拠とも言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

発毛剤は医薬品として高い効果が見込める反面、副作用にも注意が必要だとわかりました。副作用に悩んでしまうようになってしまったら本末転倒なので、自分の状態と見込める効果をしっかり見極め、購入するようにしましょう。

どうしても心配な時はカウンセリングをまずは受けることを強くおすすめいたします。

自分にあったやり方で薄毛を改善して、若かった頃の活力を取り戻しましょう。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す