アイブロウペンシルのおすすめ14選!落ちにくさと質感で選ぶ

数多くあるアイブロウペンシルのなかで、使い勝手の良いおすすめ商品はどれ?有名メイクアップアーティストに聞いた、テクニックいらずで簡単綺麗な眉が描けるもの、質感が美しく落ちにくいものなど、絶対にはずさない14種類のアイブロウペンシルをタイプ別に厳選。さらに、アイブロウペンシルを選ぶ際の大事なチェックポイントや、気になる疑問点まで幅広く網羅しています。これさえ読めば、アイブロウ選びに迷うことはありません!

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

アイブロウペンシルのおすすめな選び方5つ

まずはアイブロウペンシルを選ぶにあたってチェックすべきポイントを確認していきましょう。

1.時間が経っても崩れにくく落ちないもの

眉毛はメイクをする際に重要なパーツです。バッチリメイクでも、眉尻がなくなってしまったり全体が薄くなったりしてしまうと顔の印象が違って見えます。

時間が経っても崩れず落ちにくいものを選びましょう。皮脂や汗が特に気になる方はウォータープルーフ、ロングラスティング処方などを採用しているアイブロウを選ぶと心配がありません。

今回の記事ではウォータープルーフとうたっていなくても崩れず落ちにくいものを紹介しています。

2.自分の髪に合っている色のもの

アイブロウは、自分の髪の色にあっているものを選ぶことが重要。髪の色と同色もしくは少し暗めの色を選ばないと、眉毛だけ浮いてしまいます。

それぞれのブランド・メーカーは定番からトレンドカラーに合わせたカラーを揃えているので、浮かないかどうかチェックしてから購入しましょう。 

黒髪の方は黒〜グレイ系を、明るめの髪色の方はダークもしくはライトブラウンなどが適しています。

3.鉛筆や繰り出しはどちらがいい?使いやすい形状のもの

アイブロウは、主に鉛筆タイプと繰り出しタイプがあります。

鉛筆タイプはある程度使ったら自分で芯を削るため手間がかかりますが、太さを自分好みに調節でき、折れにくいというメリットがあります。

一方、繰り出しタイプは芯を削る必要がなくリップクリームのように手軽に使えるうえ、替え芯などもあり便利です。

しかし、太さ調節ができない、少し折れやすいなどのデメリットもあります。

自分の使いやすい形状が1番ですが、メリットデメリットも考えて選びたいですね。

4.ペンシルの反対側にパウダーやブラシがついているもの

理想の眉に近づけるアイブロウは、ぺンシルの反対側にパウダーやブラシがついているものが最適だと言われています。

ペンシルで眉を書いた後に、パウダーもしくはブラシでぼかす、なじませることができ便利です。テクニックいらずで自然な眉に仕上がります。

また、濃さや書き方に失敗した……という際の対処法にも使えます。

5.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

おすすめのアイブロウペンシルを、価格帯別にチェックしていきましょう。価格は使い勝手や持ちの良さにも反映されるので、参考にしてくださいね。

最低価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯
220〜450円 750〜1,200円 1,500〜2,000円

最低価格帯のアイテムは、ワンコイン以下で購入できます。シンプルで使い勝手が良いですが、鉛筆タイプの削る手間のあるアイテムが多いです。

売れ筋価格帯はペンシル&ブラシ・ペンシル&パウダーなど一体型のアイテムが主流。この価格帯のアイテムは、一本持っていると便利で一番人気が高いです。

そして、高級価格帯はブランドバリューがあり、描きやすさやカラーバリエーションが豊富なアイテムです。

どの価格帯を選ぶ際にも、持ち・コストパフォーマンスの良さをチェックするのがポイントです。

アイブロウペンシルのおすすめブランド・メーカー

色々なブランド・メーカーがアイブロウペンシルを販売しています。その中でも特に大人の女性に人気があり、おすすめできるブランド・メーカーを紹介していきます。

1.エクセル

「TOKYO RICH CASUAL」をコンセプトに、誰でも手軽にトレンドを楽しめるスマートコスメを提案しているエクセル。

カラーバリエーション、アイテムも豊富で、自分流のメイクが楽しまます。モデルや女優でも愛用者が多いことでも有名です。

2.インテグレート

おしゃれでスタイリッシュなCMで人気を集めているインテグレート。日本が誇る大手メーカー「資生堂」のブランドとして信頼性も抜群です。

特にアイブロウペンシルは種類が多く描きやすいと定評があります。ペンシルの芯の硬さがちょうど良いのも嬉しいポイントです。

3.ケイト

多彩な化粧品を開発するカネボウの「ケイト」。”no more rules"をスローガンに掲げ、日本だけではなく、グローバル展開でアジアを中心におしゃれに敏感な女性に愛されています。

個性的なアイテムが揃い、アイブロウペンシルは折れにくく、描きやすいものが多いとファンを魅了しています。

今回の商品の比較ポイント

アイブロウペンシルを選ぶにあたって、比較すべきチェックポイントはこちらです。購入する際には、この部分に注目して選んでみてくださいね。

  • 形状
  • ブラシ付きか

今、一番おすすめするアイブロウペンシルはコレ!

眉毛を描くのが苦手な方でも簡単に綺麗な眉が仕上がる、今一番おすすめのアイブロウペンシルを紹介します。

3wayタイプならふんわり眉、かっちり眉とシチュエーションに合わせて描くことができますね。リピーターが多く、高評価を得ているおすすめのアイブロウペンシルはこちらです。

エクセル「パウダー&ペンシルアイブロウEX」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/ ブラウン系を中心に8色
  • ブラシ付きか/ 付いている

ペンシル、パウダー、ブラシの3wayで理想の眉に

@コスメベストコスメアワード2016年で殿堂入りを果たした、数多くの方からお墨付きのアイブロウペンシルです。

色々なシーンで描き分けができるペンシル・パウダー・ブラシの3機能が一体化したスリムな形状で、ポーチにもすっきりと収まります。

ペンシルは楕円芯で眉尻まで綺麗に描け、パウダーはパール入りで優しく美しい眉を立体的にしてくれる優れものです。

眉毛を整え、描いたラインを自然にぼかせる立体スクリューのブラシも◎。マスカラコーム代わりに使う方もいるそうです。

これが一本あるだけで簡単に理想的な眉を描けるという口コミも多く、使い勝手も抜群。薄付きでふんわりと自然な眉に仕上がりになりますよ。

色持ちも良いので落ちにくく、化粧直しの時短ができます。ペンシルで眉尻と全体を描いた後に、パウダーで眉全体をカバーするように使うと長持ちします。

カラーバリエーションも8色と豊富。髪の色に合わせられるのはもちろんのこと、その日の気分やファッションに合わせて何本か揃えている方も多いこのアイテム。

安心のクオリティで、自分好みの眉毛に仕上げることができます。また、エレガントなゴールドの見た目も大人女子に最適です。

時間が経っても崩れない!落ちにくいおすすめアイブロウペンシル3選

時間が経っても崩れないアイブロウがあれば、夕方になると眉毛がなくなっている……という心配がありません。時間を気にして化粧直しをする手間も省けます。

こちらでは、落ちにくくにじまないうえ、使い勝手の良い3つの商品を紹介します。それぞれの特徴をしっかりチェックして、あなた好みの一品を選んでくださいね。

1.インテグレート「アイブローペンシルN」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/ ブラウンを中心に4色
  • ブラシ付きか/ 付いている

細かい部分まで描きやすい適度な硬さの芯

落ちにくさ、にじみにくさが魅力のアイブローペンシル。どの色を選んでも肌なじみがよく、眉だけ浮いてしまうという心配もありません。

繰り出しタイプで削る手間がないのも嬉しいポイント。また、芯が少し柔らかめで、描くタッチによって濃く、淡くと色の濃さが調整しやすいと評判です。

絶妙な芯の太さで細かい部分も描きやすいという声も多いです。

ペンシルで眉山と輪郭を描いてから付属のブラシでぼかすと自然な眉に仕上がります。ブラシ付きだと眉を整える際に、マスカラブラシ代わりにと便利ですね。

一度でスッと眉を綺麗に描ける秀逸さで、リピーターも多いこのアイテム。コンビニエンスストアでも販売しているので、急遽アイブロウがなくなった際にもすぐに購入できる手軽さも◎です。

2.マキアージュ「ダブルブロー クリエーター」

  • 形状/ 繰り出しタイプ
  • 色/ブラウン3色
  • ブラシ付きか/ 付いていない

ふんわり仕上がるパウダータイプ

「ワンランク上の美しさ」を提案する資生堂マキアージュ。美容全般、ファッションやトレンドに敏感な大人世代の女性に向けたメーキャップブランドです。

このダブルブロー クリエーターは、今の旬眉であるふんわり眉を簡単に描けます。柔らかな雰囲気やキュートさを演出したい方におすすめですね。

ペンシルは太さが程よく、芯は柔らかく描きやすいという口コミも多数。こちらで眉を描く際には、チップタイプのパウダーを先に使うのがポイントです。

パウダーでふんわり感をだした後、眉全体をペンシルで軽くなぞると眉の形が綺麗に仕上がります。自眉に馴染んで自然な眉毛を演出できると好評を得ています。

カートリッジ式で、リピート時に付け替えができることも人気の理由です。

3.セザンヌ「ブラシ付アイブロウ」

  • 形状/ 鉛筆タイプ
  • 色/ ブラウン、ブラックなど5色
  • ブラシ付きか/付いている

汗や皮脂にも負けないウォータープルーフタイプ

安心で安全、シンプルにこだわっているセザンヌ化粧品。高品質かつ、地球、お客様、肌への配慮した優しい製品として愛用している方が多いです。

なかでも、このアイブロウは夜まで崩れない、落ちないと口コミが多数寄せられているベストセラーアイテムです。高度なテクニックもいらない使いやすさにも定評があります。

少し固めの芯でしっかりと描ける、眉毛の書き直しも調整も楽にできることも特徴です。パウダーのような質感でべたつかずナチュラルな眉毛に仕上げてくれます。

髪の色に合わせやすい5色展開で他のブランドにはない色合いも揃っているのも魅力ですね。

付属のスクリューブラシは適度な硬さで扱いやすいと定評があります。ペンシルで眉の間を埋めた後、ブラシでぼかしつつ自眉を整えると自然な眉毛に仕上がります。

黒髪の人でも浮かないおすすめアイブロウペンシル2選

最近のアイブロウペンシルは明るいカラーリングに合わせたアイテムが多い傾向にあります。

そのため、美しい黒髪が自慢という方は、なかなか髪の色に合うアイブロウペンシルの色味が見つからない……という悩みもあるのではないでしょうか。

ここでは、黒髪の人でも浮かないおすすめのアイブロウペンシルを2つご紹介します。  

1.資生堂「眉墨鉛筆」

  • 形状/鉛筆タイプ
  • 色/ブラック、ブラウンなど4色
  • ブラシ付きか/付いていない

資生堂のロングセラーアイブロウ

無駄を省いたシンプルな資生堂の眉墨。1959年から販売されている名品、ロングセラーアイテムです。リピーターが多いことでも知られています。

芯が柔らかいのに折れにくい。とても描きやすいと定評があります。そして肌への馴染みがよく発色も良いです。

持ちやすく安定性もあるので簡単に肌にスッと伸びるので、眉尻をはじめまばらな眉に乗せてぼやすと自然な眉があっという間に完成します。

ぼかしやすいのに落ちにくいことも大きな魅力のひとつです。黒髪の方はイメージに合わせてブラックかグレーを選ぶのをおすすめします。

濃いめに発色するので軽いタッチで描くと失敗が少ないです。ポーチに入りやすい大きさでコンパクトなのも嬉しいポイント。

持ち運びがしやすく、いつも持って歩ける手軽さも人気の理由です。

2.シュウウエムラ「ハードフォーミュラ ハード9」

  • 形状/ 鉛筆タイプ
  • 色/ 11色
  • ブラシ付きか/付いていない

上品な眉に仕上がる絶妙な硬さの芯

日本における美容業界のパイオニアとして有名なメイクアップ アーティスト、植村 秀氏が創業した「シュウウエムラ」ブランド。

アーティスティックな色彩、自由な発想で展開されるスキンケア、メイクアップアイテムは多くの女性を魅了しています。

特に人気の高いアイブロウ「ハードフォーミュラ ハード9」は、カラーバリエーションが豊富でどんな髪色にも合うと定評があります。

サウンドブラック、ストーングレイは黒髪の方にも似合う発色です。また、ブラウン系を用いても浮かないことも特徴ですね。

眉を描くのに適切な硬さを用いたアイブロウなので、眉毛の線を細くも太くも調節できる嬉しいアイテムです。自分の理想通りの眉に仕上げることができますよ。

眉毛を描いた後になじませられるパウダー付きのおすすめアイブロウペンシル2選

ペンシルとパウダーがセットになったアイブロウもおすすめです。ペンシルで輪郭をとった後パウダーをなじませるとナチュラルな眉が仕上がります。

ペンシルと一緒に使うことで眉が崩れにくいというメリットもあります。もちろん、パウダーのみ使いもできるのでその日の気分に合わせて使い分けられるのも特徴です。

パウダー付きのおすすめアイテムを2品紹介します。

1.エスプリーク「Wアイブロウ」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/ブラウン、グレーの3色
  • ブラシ付きか/付いている

ぼかしやすいパウダーでナチュラルな美しい眉へ

「メイクに、革命を」というキャッチフレーズを掲げているエスプリーク。毎日のメイクを単調にせず、楽しめるような工夫を施したアイテムの数々で女性の心を掴んでいます。

ペンシル&パウダー&ブラシが一体型で、使い勝手の良いこのアイブロウは色素の粒子が細かいのが特徴。肌に自然に馴染む色合いで美しい眉を実現します。

ペンシルは描きやすい太さと長さで眉を描く際に安定感があります。球状のパウダーついた細めのチップでパウダーになれていない方もぼかしやすいという口コミも。

パウダーにはさらっとした密着するオイル配合で優しく美しい眉を描けます。皮脂や汗でにじむ、崩れるなどの心配もありません。

パウダーは眉頭からのせて、全体にふんわりとなじませると綺麗な眉に仕上がります。

2.ヴィセ「アイブロウペンシル&パウダー」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/ ブラウン3色
  • ブラシ付きか/付いていない

スクワランの保湿成分配合で肌に優しい

全品に美容液成分が入っておりメイクをしながら美しい肌を保てるヴィセのアイテム。「リッチグラム」というコンセプトで、グラマラスな大人の女性から絶大な支持を得ています。

楕円形のペンシルが思い通りの眉を描きやすく、芯の硬さも絶妙です。慣れていない方でもペンシル&パウダーのダブル使いで綺麗に仕上がります。

この一本で整った眉が仕上がり、忙しい朝にもサッと使える快適さでリピーターが絶えません。パウダーでナチュラルな雰囲気に出来ることも嬉しいポイントです。

今トレンドである太アーチ眉を描くのにも適しています。ペンシルで眉尻を描く際に、上ラインを先に決めてから下ラインを整えると上手く仕上がりますよ。

ペンシルとパウダーが同色で使えると、自然なグラデーションの眉になるという声も多いです。

眉尻の細いところまでしっかり描ける!芯が細めなおすすめアイブロウペンシル3選

眉毛を描く際に一番難しいのが眉尻。眉尻の長さや幅によってメイク、顔のイメージを左右します。

芯が細めのアイブロウペンシルは、眉尻もさっと簡単・綺麗に描けます。1本1本丁寧に描けることにより、より自然な眉に仕上がるのもメリットです。

こちらからは、眉尻が描きやすいアイブロウペンシルを3種紹介します。

1.ケイト「アイブロウペンシルN」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/7色
  • ブラシ付きか/付いていない

折れにくい細芯で丁寧に描ける逸品

コンパクトでポーチにもすっきりと収まるスマートなアイブロウペンシルです。見た目通り、とても細い芯で程よい硬さが人気。

眉尻、眉の間など、細かく丁寧に描くことができます。スルッと簡単に描けるうえ、ぼかすこともでき自然な眉に仕上がるという口コミも多いです。

描き方によって、太くも細くも調節できるのでシチュエーションによって眉の形を使い分けられて便利です。

また、落ちないアイブロウとしても定評があり皮脂や汗が気になる夏場などにも重宝します。発色が良いのも特徴。

カラーバリエーションも多いので、髪色に合わせて選ぶことができるのも嬉しいポイントです。少し濃いめに発色するので、髪色より一段階明るめを選ぶと心配がありません。 

2.スージーニューヨーク「スリムエキスパートSP」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/ブラウン3色
  • ブラシ付きか/ 付いていない

ロングラスティング処方で綺麗な眉が長持ち

スージーニューヨークは、都会的・自由・クールなどをテーマに知性で洗練された女性に向けたアイテムを提案しています。高性能、トレンド感を意識したアイテムの数々で洗練された女性におすすめです。

このアイブロウは、0.97mmの超細芯が特徴。慣れないうちは細すぎると感じる方もいるかもしれませんが、使うごとにこのアイブロウの良さが感じられます。

弾力性のある芯で、眉尻や眉全体を1本1本丁寧に描くことが出来る優れもの。自然で綺麗なリアル眉に仕上がるという声も多いです。

肌へのやさしさも配慮しているブランドで、うるおい成分であるカミツレエキス配合、無香料・無鉱物油で敏感肌の方も安心して使えます。

こちらのアイテム愛用しているモデルも多く、おすすめしています。

3.インテグレートグレイシィ 「アイブローペンシル」

  • 形状/鉛筆タイプ
  • 色/ ブラウン、グレーの3色
  • ブラシ付きか/付いていない

絶妙なカラーと程よい硬さで描きやすい

インテグレート グレイシィは、スタイリッシュでトレンド感を意識した資生堂インテグレートのお姉さんブランドです。

シンプルで使い勝手も良く、品質の高いアイテムが多くこちらのアイブローもリピーターが続出しています。

カラーバリエーションは3色展開ですが、日本人に多いイエローベースの顔色に合いやすい色味で出来ているので髪の色に合わせやすいという声が多いです。

また、薄付きで発色がナチュラルなため、自眉に上手く馴染むと定評があります。芯の硬さもちょうど良く眉尻などの先端を綺麗に描けます。

形状は鉛筆が六角形になっているので、持ちやすく安定感もあります。細身の芯先端は使用頻度が高くても丸くなりづらいことでも知られています。

眉毛をふんわり描ける柔らかい質感のおすすめアイブロウペンシル3選

柔らかい質感のアイブロウペンシルは優しいイメージの眉が描きやすいです。ふんわりとナチュラルな眉毛は幅広い世代の方に受けがよく、TPOを気にせずイメージアップができます。

芯の柔らかいタイプは色乗りも良く、ぼかしたりなじませたりと調節も可能な便利アイテム。ここからはその中でも特に人気の高いアイブロウペンシルを3種類紹介します。

1.デジャヴュ「ステイナチュラ R」

  • 形状/ 繰り出しタイプ
  • 色/ブラウン、グレーの3色
  • ブラシ付きか/ 付いている

パウダーがペンシル状になった使い勝手の良さが人気

デジャヴュは、これまで見たことのない製品を開発するというコンセプトをもとに高性能なメイクアップアイテムを提供しているブランドです。確かな品質で、女性の心を魅了しています。

こちらのアイブロウも、パウダーを練り固めたペンシル状という珍しいタイプです。パウダーがベースなのでペンシルでもふんわりと優しい質感の眉を描けると好評を得ています。

マイクロクリスタリンワックスという密着成分が入っており、柔らかい印象の自然な眉が長持ち。パウダーにありがちな落ちやすさを感じないという口コミも多いです。

付属のブラシでぼかすことも簡単、テクニックいらずでトレンド眉に仕上げられます。特に、自眉が薄く悩んでいる人にもおすすめ!これ一本でナチュラルな眉が完成します。

2.ビボ「アイフルマユズミA」

  • 形状/鉛筆タイプ
  • 色/ 6色
  • ブラシ付きか/付いていない

発色が良く、軽いタッチでなめらかに描ける

創業190年を誇る化粧品メーカー、日本橋発祥・伊勢半グループの「ビボ」ブランド。このアイブロウも、1989年発売以来ロングセラーアイテムとしてリピーターが絶えません。

なめらかな質感と程よい柔らかさの芯で眉をスッと描けます。発色が良いので1度でしっかりと色が乗り、色持ちが良いことも特徴です。

軽いタッチで描け、自然な眉毛に仕上げることができます。ペンシルなのにふんわり乗るので眉尻、自眉の間を埋めた後に指で眉との境目をなぞると綺麗にぼかせられて快適です。

カラーバリエーションも豊富でどんなヘアカラーにも合わせやすいと好評。各種メディアでも取り上げられる人気アイテムなので、一度使ってみる価値があります。

3.アプス「アイブロウペンシルチョーク」

  • 形状/繰り出しタイプ
  • 色/ブラウン系3色
  • ブラシ付きか/付いていない

チョーク感覚でふんわりニュアンス眉に

アプスブランドのキャッチフレーズは、”ASOBU”コスメ。その日の気分やファッションに合わせてメイクも自由に楽しめるアイテムが満載です。

3mmという太めの芯で力を入れずにスルスルとふんわり自然な眉毛が仕上がります。色づきも良く、落ちにくさも抜群です。

テクスチャがやわらかく、優しい質感の眉を時短で描けるという口コミも多数。柔らかい芯は、アイラインとしても使えるので一石二鳥ですね。

カラーバリエーションは他のブランドよりもニュアンス感のある色合いです。垢抜けた雰囲気のカラーで旬なエアリー眉を描けます。

特に、マルサラボルドーブラウンは大人世代の明るめヘアカラーにも合わせやすいと好まれています。比較的暗めの髪の色の方にはオリーブアッシュブラウンがおすすめです。

アイブロウペンシルを購入時の気になる疑問・質問

アイブロウペンシルを購入する際に、多くの方が疑問に思うことをまとめてみました。購入する際の参考にしてくださいね、

Q1:ペンシルで濃く描きすぎてしまったときの対処法は?

眉毛を濃く描きすぎてしまったときには、眉毛の流れに沿ってスクリューブラシで何度かとかすと落ち着きます。

全体に濃くしてしまった場合は、一度ティッシュやコットンなどで軽く押さえてなじませるテクもあります。

また、眉尻だけ・眉頭だけなどの部分的な場合は指やパウダーでぼかすと自然に仕上がりますよ。

Q2:アイブロウペンシル・アイブロウマスカラ・アイブロウパウダーの使う順番は?

眉毛の量にもよりますが、基本的にはペンシル、パウダー、マスカラの順がおすすめです。

ペンシルであらかじめ理想の眉のラインを形とった後に、パウダーとマスカラをなじませる方法が適切です。

自眉にもともとボリュームがあり、ある程度整っている場合にはアイブロウパウダーやアイブロウマスカラだけでも十分に綺麗な眉毛が仕上がりますよ。

まとめ

有名メイクアップアーティストから徹底リサーチした結果を元に、おすすめのアイブロウペンシル14選を紹介しました。

アイブロウペンシル、奥が深いですね。描きたい理想の眉に適切なペンシル、髪の色との合わせ方や眉毛にまつわる悩みを解決する方法などからも、アイブロウペンシルの選び方がお分かりいただけたのではないでしょうか。

眉毛も、髪の色をはじめ季節や時代によって形もトレンドがありますので、なりたい旬顔を目指してメイクアップを楽しみたいですね。

ぜひ、あなたにぴったりのアイブロウペンシルを選んでくださいね。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す