製氷機のおすすめ8選!家庭用として使える小型の商品を厳選

アウトドアや急な来客など大量に氷を使う時に、手軽に氷を作れる家庭用製氷機があると便利ですよね。最近では大量に氷を作れるものやわずか10分足らずで完成するもの、持ち運べるものなど特徴も様々。どれを選べば良いのか迷ってしまいがちです。今回ニーズ別に分け、おすすめ製氷機を全部で8つ厳選しました。さらにおすすめの選び方5選や気になる疑問にもお答えしていきます。これを読んで、自分に合った製氷機をぜひ見つけてみてください。 

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

製氷機のおすすめな選び方5つ

製氷機を選ぶときチェックしておきたい5つのポイントがあります。そのポイントをまずはマスターしましょう。

1.すぐできる!スピード重視の製氷機をチェック

今すぐに氷が欲しい、急に氷が足りないなど一刻も早く氷が欲しいときも多いですよね。家庭用製氷機の魅力の一つは、冷蔵庫に備え付けられている製氷機の比べると、かなり短い時間で氷が作れるという点にあります。

その早さは、早く氷が作れると謳っている製氷機で6~13分程度です。ただメーカーによって、氷ができる時間にかなりの違いがあるのも事実。早く氷を作りたい人は、氷ができるスピードもしっかりチェックしましょう。

ただし外気の気温や水温によって氷のできるスピードは多少変わって来るため、その点は注意が必要です。

2.氷って一日どのくらいできる?家庭用の25kgまでの製氷機をチェック

1日に作れる氷の量をチェックすることもポイントの一つ。では具体的にどれくらい作れるのかというと、家庭用の製氷機の場合、大体25kgまでのものが多い傾向にあります。

もちろんもっと少ない量しか作れないものもあります。氷の使用量が多い家庭は、できるだけたくさん作れるものを選ぶと良いでしょう。

3.サイズは?氷のサイズを選べる製氷機をチェック

製氷機で作れる氷のサイズは、小さなものから大きなものまで様々です。小さな氷はかき氷などに、大きな氷は大量の飲み物などを冷やすときに便利。中には大・小両方のサイズが作れるものもあります。

また氷の製氷機によって四角いものや円筒形、透明なものや白っぽいものまで色や形にも違いがあります。透明なものは溶けにくいため、お酒をつくる時に便利。

用途によって欲しい氷のサイズや形なども違ってくるので、つくれる氷のサイズや形もチェックしておくと良いでしょう。

4.レジャーにも!持ち運び簡単な製氷機もチェック

バーベキューやアウトドアなど、レジャー時に大量の氷を作って持っていった経験がある人も多いですよね。家庭用製氷機の多くが本体の貯水タンクに水を入れ、氷を作るタイプなので持ち運びが可能なのです。

そのため製氷機自体をアウトドア時に持っていくこともできます。ただし物によって持ち運びに向ている物と、そうでない物あるのがあるのも事実。

外で使うことを考えている場合は、できるだけコンパクトで軽いものや持ち運びやすい取っ手が付いているものを選ぶようにすると良いでしょう。

5.業務用の小型も?家庭用として使える製氷機をチェック

ホームパーティをする機会が多い人、家族が多く氷がいくらあっても足りないという人も中にはいますよね。そんな人は業務用の製氷機を使うのも一つの手です。

業務用の中には、家庭用で使っても問題ないくらいコンパクトなものもあります。もちろん家庭用よりもたくさんの氷を作ることが可能。

とにかく氷を作る量が多く家庭用のものでは足りないかも…という人は、小型の業務用製氷機もチェックしてみると良いでしょう。

この商品の比較ポイント

今回の比較ポイントは4つ。この比較ポイントをもとに、編集部がおすすめする製氷機8選も選びました。商品の特徴と共に4つのポイントにも注目してみてください。

  • 氷の出来る容量
  • 氷の形
  • 氷の出来る時間
  • サイズ

今、一番おすすめする製氷機はコレ!

今回一番におすすめする製氷機は、比較的コンパクトで作り方も簡単。作るスピードも速くたくさん作れると、まさに理想的な製氷機。そんな製氷機はこちらです。

サンコー「卓上小型製氷機「IceGolon」」

  • 氷の出来る容量/約24kg(1日)
  • 氷の形/弾頭型
  • 氷の出来る時間/6~15分
  • サイズ/高さ29×幅24×奥行26cm


コンパクトで操作簡単!早くてたくさん氷が作れる魅力いっぱいの製氷機

卓上小型製氷機の中では比較的コンパクト。収納時にも便利なサンコーの製氷機です。作り方も簡単。水を入れてボタンを押すだけなので、誰でも手軽に氷を作ることができます。

氷はSサイズとLサイズ、両方のサイズをつくることが可能。使い勝手に合わせて好みの氷を作ることもできます。氷を作るスピードも、Sサイズで6~15分程度、Lサイズで8~15分程度。1回で7個の氷を一度に作ることができます。

そのため急な来客で急に氷が必要になった、今すぐ氷が欲しいなど緊急時にも対応することができるのでとても便利です。また一回氷を作り終えると自動的に製氷皿に移動し、次の氷を作り始めるので手間もかかりません。

1日に最大24kgの氷を作ることができるので、氷の消費量が多い人にもおすすめです。実際の口コミでも、短時間で氷ができるので急いでいるときは本当に助かるなど、高評価でした。

水の交換やお手入れをしたいときは、本体の外に付いている排水キャップを外せば簡単に水を排出することが可能。お手入れも楽に行えます。音も非常に静かなのも特徴の一つ。寝室に置いても気になりません。

これらの特徴から見ても、置くスペースが確保できない人・早く氷を作りたい人・毎日たくさんの氷を使いたい人など様々なタイプの人のニーズに答えられる製氷機と言えますね。

スピード勝負!レジャーにも使える氷がすぐできる製氷機3選

とにかく早く氷を作りたいという人必見。すぐに氷ができる製氷機3選を発表していきます。

1.VERSOS「高速製氷機【VS-ICE02】」

  • 氷の出来る容量/約12kg(1日)
  • 氷の形/穴あきキャップ型
  • 氷の出来る時間/6~13分
  • サイズ/高さ32.5×幅24.5×奥行36.5cm


2ステップで簡単に氷が作れる高速製氷機

スタイリッシュでおしゃれなデザインが特徴の高速製氷機。カラーもシルバーとレッドの2種類あるので、部屋の雰囲気などに合わせて選ぶことも可能。ちょっとしたインテリアとしても使えそうですよね。

気になる氷を作るスピードですが、最速6~13分。あっという間に氷ができるので、突然の来客や子供のスポーツ観戦、アウトドア時などにもおすすめ。

実際の口コミでも欲しいときにすぐ氷が作れるので助かる、氷がすぐにできるので使い勝手がよいと好評です。

作り方も水を入れスイッチを押すだけなのでとても簡単。氷の種類もS・Lの2種類から選ぶことができるので、ニーズに合わせて好きな方をつくることができます。氷のケースは取り外し可能。そのまま丸洗いもできることから、お手入れもとても簡単です。

2.Shop405「新型高速自動製氷機」

  • 氷の出来る容量/約12kg(1日)
  • 氷の形/先が丸い円筒形
  • 氷の出来る時間/6~12分
  • サイズ/高さ32.8×幅24.2×奥行35.8cm


作り方からお手入れまで簡単にできる製氷機

ポットのような形をした高速自動製氷機。赤と白の2種類のカラーから選ぶことができます。使い方はとても簡単。水を入れて電源を入れれば後は勝手に氷ができます。作るスピードも6~12分。すぐに使いたい人にもおすすめです。

氷の大きさもS・Lから選べ、ボタン一つで簡単に切り替えることもできます。タンクの水が無くなったり氷が満タンになったら、自動的に停止するシステムも採用。うっかり電源を切り忘れても安心です。

不要になった水は専用ホースのつまみをひねるだけで簡単に排水することが可能。バスケットとシャベルも取り外して洗えるので、お手入れも楽にできます。口コミでも余った水が簡単に抜けるのが良い、短時間でどんどん氷ができるなど評価も高かったです。

3.eモンズ「コンパクトアイスディスペンサー」

  • 氷の出来る容量/ー
  • 氷の形/ー
  • 氷の出来る時間/11分
  • サイズ/高さ31×幅30×奥行36cm


溶けた水でもう一回氷を作ることが可能!コンパクトな高速製氷機

氷を溜める部分が引き出しタイプ。コンパクトで小さめの冷蔵庫の上などにも置けるため、収納場所に困ることもありません。氷は平均11分という早いスピードで作られるうえ、一度に12個もできます。

そのためバーベキューやホームパーティーなど、大勢が集まる場所でも活躍できると好評です。もし作った氷が解けてしまった場合も、溶けた水を使って氷を作る再生機能も完備。効率よく氷を作ることができます。

タイマー機能もあるので、指定した時間に氷をつくることも可能。その場にいなくても氷を作ることができるので、とても便利ですよね。

気になる口コミですが、デザインがシンプルで気に入っている、水が再利用出来たりタイマー機能などが付いているので便利など高評価。使用後は本体の背面下にある水抜き栓を抜けばOK。手間もかからず簡単に排水することができます。

氷の容量で選ぶ!一日の氷生産量25kg前後のおすすめ製氷機

バーベキューや子供の試合の観戦、ホームパーティなどたくさんの氷を使う機会が多い人におすすめ。1日の氷生産量が25kg前後の製氷機をピックアップしました。

ICEPLUS「製氷機」

  • 氷の出来る容量/約25kg(1日)
  • 氷の形/ー
  • 氷の出来る時間/約6~12分
  • サイズ/高さ40×幅34.8×奥行34.5cm


1日に25kgもの氷を作ることができる製氷機

丸みのあるかわいらしいデザインが特徴的な、ICEPLUSの製氷機。ホワイト・レッド・グレーの3色あるので、部屋の雰囲気や好みに合わせて選ぶこともできます。1日に作れる氷の量は、なんと25kgと大容量。

レジャーや来客時はもちろん、氷の消費量が増える夏にも活躍しそうですよね。最短6~12分で氷が作れるうえ、S・Lサイズ2種類の氷を作ることも可能。急に氷が必要な場面でも使い勝手が良いと口コミでも好評です。

タンクの水は最大2ℓ、溜められる氷は1kgまで一定保管が可能。たくさん作ってためておきたい人にもおすすめです。ただし氷を作る前に製氷する水を冷やすため、4~5分程度準備作業があります。

そのため電源を入れればすぐに氷を作り始める訳ではない、ということを覚えておいてくださいね。

氷のサイズを選べる!サイズチェンジ可能の製氷機

早く作れるのも良いけれどすぐに溶けてしまうのは困る、そんな人必見。氷の厚さを替えることが可能な製氷機を紹介していきます。

ROOMMATE「自家製クリスタルアイスメーカー」

  • 氷の出来る容量/ー
  • 氷の形/ー
  • 氷の出来る時間/約25分
  • サイズ/高さ36×幅30.5x奥行36cm


透明で溶けにくい上質な氷を作れる製氷機

シンプルなデザインが特徴的な自家製クリスタルアイスメーカー。氷を作るスピードは約25分と少し時間はかかりますが、その分通常の水道水でも透明感のある高品質の氷を作ることができます。

固くて透明な氷は見栄えが良いのはもちろん、溶けにくいため飲み物や食材を冷やすなど用途も豊富。ゆっくりお酒を飲みたい人にもおすすめです。また作れる氷は「薄・厚」の二種類から選ぶことも可能。用途に合わせて氷を作ることもできます。

氷が満タンになったり水が無くなったら、ブザーで知らせていくれる機能付き。気が付いたら氷ができていないなんてこともありません。気になる口コミですが、簡単に透明な氷が作れる、作った氷も1~3時間程度は解けないので使いやすいと好評です。

家庭用にできる!業務用の小型製氷機2選

とにかくたくさんの氷を作りたい、家庭用製氷機では足りないという人必見。業務用なのにコンパクト、家庭でも使える製氷機2選を発表していきます。

1.パナソニック「SIM‐S2500B」

  • 氷の出来る容量/23~30kg(1日)
  • 氷の形/キューブ
  • 氷の出来る時間/ー
  • サイズ/高さ80×幅39.5×奥行45cm


コンパクトで省エネ設計!家庭にも嬉しい製氷機

業務用にしては比較的コンパクトな作りが特徴の製氷機。ちょっとしたスペースにも置くこともできます。取っ手はロングハンドルを採用。どこからでも開けることができ、とても便利です。

1kgの氷を作る水量消費量は従来の69%減。ランニングコストは約36%もカットなど、省エネ設計。環境にも家庭にも優しいのも特徴の一つ。

下から噴射された水が氷にかわる時、純度の高い氷から凍ることから不純物を効率よく排除。透明度の高いきれいな氷を作ることができます。

衛生的な設計と防菌&防カビ加工が行われているため、常に衛生的。業務用ならではの魅力と言えます。

気になる口コミではコンパクトなので使いやすい、きれいな氷がたくさんできるので便利など高い評価を得ています。

2.ホシザキ「KM-12F」

  • 氷の出来る容量/約10~12kg
  • 氷の形/クレセントアイス
  • 氷の出来る時間/-
  • サイズ/高さ51.2×幅32.6×奥行41.3cm

約4kgもの氷を収納可能!たくさん氷を使いたい人にももってこい

小さな冷蔵庫のような形が特徴的な、かわいらしいデザインの業務用製氷機。家庭用とほとんど変わらないくらいの大きさなので、収納も便利。

作れる氷は純度の高い三日月のような形をしたアクセントアイスです。アクセントアイスは特に飲み物などに最適。ホームパーティなどたくさんの来客があったときに、もってこいです。またお酒が好きな人にも使いやすい氷と言えますよね。

自然に作られ溜めていく場合の貯氷量は4kg。大量の氷を作りストックしておくことができるので、作った後いつでも氷を使うこともできます。

実際の口コミでも良く冷えて溶けにくいので、ぬるい飲み物もすぐに冷やすことができると好評です。氷自体の味が美味しいといった口コミもあるため、氷の味自体も楽しむことができます。

製氷機を購入時の気になる疑問・質問

製氷機に関する疑問や知っておきたいことをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

Q1:製氷機の仕組みってどうなっているんですか?

製氷機の仕組みは以下の通りです。

  1. 給水タンクの水を製氷皿に送る
  2. 一気に冷やす
  3. できた氷を落とす(離氷)
  4. 落とされた氷は貯氷ケースにたまる

基本的にはこの流れで氷が作れます。

Q2:製氷機のレンタルやリースは行っていますか?

業務用の製氷機を中心に、レンタルやリースを行っている会社はいくつかあります。ただし使う期間などによっては購入した方が安いケースもあるため、しっかり吟味してからレンタルするかどうか決めると良いでしょう。

また費用を抑えたいのであれば、中古品も販売されています。特に中古品に抵抗がない人は、そういったものを購入するのも一つの手です。

まとめ

それぞれのニーズに合わせたおすすめの製氷機8選を紹介していきました。わずか6分足らずで作れるものを始め、良質な氷が作れるものや家庭で使える業務用製氷機など魅力的なものがたくさんありましたよね。

それぞれのニーズに合ったものを選ぶのが一番良いのですが、もしどれが良いか迷ったら、今一番おすすめする製氷機を選ぶのも良いでしょう。また夏場だけのちょっとした期間のみ使いたい場合などは、リースや中古品などを利用するのも一つの手です。

今まで氷が足りず急遽コンビニやスーパーへ買いに走っていた人も、これを機に便利な製氷機を手に入れてみてはいかがでしょう。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す