ちふれの化粧下地のおすすめ9選!自分の肌に合わせて色と成分で選ぶ

手にしやすい価格で高品質な化粧下地を多く手がけている化粧品メーカー、ちふれ。「ちふれの化粧下地を使ってみたいけど、種類が多くてどれがおすすめなのかわからない」という人もいるかもしれません。今回は化粧下地の選び方、比較するときに大事なポイント、よくある質問などを解説し、おすすめする9種類のちふれ化粧下地の特徴を紹介します。この記事を参考に、あなたにぴったりなちふれの化粧下地を見つけてくださいね。自分に合う化粧下地を使うことで、化粧のノリが大きく変わりますよ。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

ちふれの化粧下地のおすすめな選び方4つ

ちふれの化粧下地を使いたいと思っていても、種類が多くて悩むこともあるでしょう。

そんな人は、今回おすすめする以下の4つの選び方を参考にして、自分に合う化粧下地を見つけてくださいね。

1.ピンク?グリーン?肌色に合わせて色をチェック

肌の色は、人によって大きく異なります。せっかくメイクをするのですから、肌が綺麗に見えるようにしたいですよね。

ニキビ跡や赤ら顔の人にはグリーン系、血色が悪いと言われやすかったり疲れが肌に出やすかったりする人はトーンアップしやすいピンク系、肌のくすみが気になるのであればイエロー系など、肌の色や特徴に合わせて化粧下地を選びましょう。

自分の肌と相性の良い化粧下地を選ぶことで、ファンデーションのノリや発色が大きく変わります。

2.肌質や使用感に合わせてタイプをチェック

肌質に合わない化粧下地を使うと、化粧のノリを良くするどころか、化粧崩れがしやすくなってしまうことがあります。そのため、肌質や使用感をチェックするのは大切です。

例えば、乾燥肌の人や混合肌の人は保湿タイプ、皮脂が多いのであればオイルが少ないものやSPF配合のものがいいでしょう。

また、「化粧下地」といってもさまざまな使用感があります。重めのテクスチャーでしっとりもっちりとするタイプや、さらっとした使い心地で伸びやすいものなど、好みによって心地いいと感じるものがちがうのです。

自分にどんなものが合うのかわからない人は、いくつか見比べて、実際にテスターで使用感をチェックしてから購入するほうが安心です。

3.肌荒れが気になるならUVカット効果など成分をチェック

顔の肌は特に敏感な部位で、乾燥肌や敏感肌、アレルギー体質やオイリーといった、いろいろな肌質があります。自分の肌質に合ったタイプを選ぶのが大切ですよね。

肌が弱い人は、UVカット効果が高いものを選んでしまいがちです。しかし、効果が高いということは、それだけ肌の影響力も強いということ。日常使いであれば、SPF30程度でもしっかりと紫外線対策をすることができます。

効果が強いからといって必ずしも肌に合うとは限らないので、注意が必要です。

さらに、肌が弱い人の場合、紫外線吸収剤や香料防腐剤といった成分で肌が荒れてしまうことがあります。また、クレンジング剤の刺激に弱いのであれば、石鹸やお湯で簡単に落とせるものがいいでしょう。

肌荒れが気になる人や荒れやすい肌の人、敏感肌の人は、そういった成分も調べてくださいね。

4.汗などで化粧崩れが心配ならウォータープルーフどうかをチェック

ウォータープルーフの化粧下地とは、アイライナーやマスカラと同じように、汗や皮脂、涙といった水分に強い仕様になっています。持続性を重視するのであれば、ウォータープルーフタイプかどうかは重要です。

メイク直しをする時間がない人や汗をかきやすい環境にいる人に、ウォータープルーフの化粧下地は特におすすめです。

この商品の比較ポイント

ちふれの化粧下地を選ぶとき、どんなところに注目すべきなのでしょうか。

今回、それぞれの商品を比較・検討しやすいように、以下の4つの選定ポイントを挙げています。

  • 内容量
  • 紫外線カット効果
  • ウォータープルーフ
  • 色展開

今、一番おすすめするちふれの化粧下地はコレ!

「とりあえず化粧下地がひとつほしい」という人に、まずおすすめしたい化粧下地を紹介します。

化粧下地を使うことで化粧のノリが良くなり、顔の印象も若々しくなります。普段のスキンケアにプラスして化粧下地を使うだけでさらに魅力的な肌を手に入れることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

ちふれ「メーキャップベースクリーム」

  • 内容量:35g
  • 紫外線カット効果:× 
  • ウォータープルーフ:×
  • 色展開:×


肌にもお財布にも優しいちふれの人気化粧下地

無香料で無着色、さらに紫外線吸収剤不使用でノンアルコールという、肌に優しいちふれの化粧下地です。この化粧下地を塗ることによってファンデーションのつきが良くなり、化粧崩れをしっかりと防いでくれます。

ファンデーションのよれが気になったり、気づいたらファンデーションが落ちてしまっていたりということに悩んでいる人に、特におすすめです。この化粧下地を使えば、メイクが長くそして美しく維持することができますよ。

しっとりとした使い心地で保湿力が高く、乾燥しやすい肌にもしっかりと潤いを届けてくれます。そのため、冬の乾燥対策として使いたいという人にも向いています。

固めのクリームタイプなので、ウォータータイプが苦手な人やベタベタ感が苦手な人も使いやすいのが特徴です。

なんといってもうれしいのが、とてもリーズナブルであること。

化粧品に対して「色々試して自分にぴったりのものを探したい」と思っている人は多いでしょう。ですが実際は、比較的ボリュームがあるうえ、値段が高いものが多いですよね。

そんなとき、コンパクトでリーズナブルなこの化粧下地は、「とりあえずひとつ試してみたい」という時に最適です。

保湿力が高い化粧下地を探している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

肌色をカバーしてくれるおすすめのちふれの化粧下地2選

化粧下地には、肌の色を整える効果をもっているものがあります。肌の色ムラが気になる人や赤みに悩んでいる人は、そういった効果が期待できるちふれの化粧下地を使ってみましょう。

1.ちふれ「カラーメーキャップクリーム」

  • 内容量:35g
  • 紫外線カット効果: ×
  • ウォータープルーフ:×
  • 色展開:×


グリーン系クリームで肌の色をしっかりと調整

肌の色補正に最適な部分用化粧下地が、このカラーメーキャップクリームです。

グリーン系のクリームで、肌のくすみや赤みといった色ムラをしっかりとカバーして、綺麗にファンデーションがつくように肌の調子を整えてくれます。この化粧下地をつけることで、肌の透明感がアップしますよ。

少量でもよく伸びるので、長く使えるのもポイントです。何度も買い換えるのが面倒な人に向いています。

コンシーラーのように使えるコントロールカラーを探している人におすすめです。

2.ちふれ「メーキャップベースクリーム UV」

  • 内容量:35g
  • 紫外線カット効果:SPF 18 PA +
  • ウォータープルーフ:×
  • 色展開:×


ピンクベースでトーンアップに最適な日焼け止め兼化粧下地

紫外線から肌を守ってくれる、UVカット効果がある化粧下地です。

肌をトーンアップして明るく見せる効果があるピンクベースなので、くすみをカバーするのに向いています。さらに、小ジワや毛穴といった肌の凹凸も、しっかりと整えてくれます。

しっとりとした明るい肌の色に憧れている人に、特にぴったりです。

この化粧下地には、ヒアルロン酸やトレハロースという保湿成分が配合されているので、保湿効果にも期待できます。

普段顔色を悪く見られがちな人や、くすみが気になるといった人は、特に注目してみてくださいね。

紫外線対策も!外出が多い方におすすめのちふれの化粧下地2選

紫外線対策として化粧下地を使う人も多いですよね。日焼け止めと化粧下地両方の機能を兼ね備えた、ちふれの化粧下地も紹介します。

紫外線対策効果がないファンデーションを使っている人は、特に注目してみてくださいね。

1.ちふれ「メーキャップベースミルク UV」

  • 内容量:30ml
  • 紫外線カット効果:SPF 34 PA +++
  • ウォータープルーフ:○
  • 色展開:×


イエローベースのコントロールカラーとして使える日焼け止め

軽いつけ心地が魅力的な、ミルクタイプの化粧下地です。

肌への圧迫感が少なくサラサラとした使い心地なので、ベタベタした質感が苦手な人にも使いやすくなっています。皮脂を抑えてくれるので、オイリー肌の人に向いています。

化粧下地自体の色が黄色っぽいので、コントロールカラーとして使い、肌を明るく見せるときにも活躍してくれるでしょう。

ただし、色ムラへのカバー力や小鼻のテカリ対策としては、効果が弱いといえます。化粧下地というよりは、「スキンケアにもなる日焼け止め」というふうに考えておいた方がいいかもしれません。

2.ちふれ「日やけ止めミルク UV」

  • 内容量:30ml
  • 紫外線カット効果:SPF 50+ PA +++++
  • ウォータープルーフ:○
  • 色展開:×


化粧下地としても使える超強力な日焼け止め

SPF 50+という強い日焼け止め効果がある日焼け止めミルクで、化粧下地としても使うことができます。「とにかく紫外線から肌を守りたい」という人に向いています。

こちらもウォータープルーフで、保湿成分であるヒアルロン酸とトレハロースが配合されています。保湿機能を備えた強力な日焼け止めというのはうれしいですね。

日焼け止め効果が高いぶん、しっかりと伸ばして肌に塗りこむ必要があります。敏感肌であまり肌をこすりたくない、重いテクスチャーは苦手という人は、一度手にとって手の甲に塗って伸びを確かめてからの方が安心です。

肌の弱い方に!成分で選ぶおすすめのちふれの化粧下地4選

肌が弱いと、化粧品選びは慎重になりますよね。アレルギー肌や敏感肌のように肌が弱い人でも比較的つけやすい、肌に優しいちふれの化粧下地を紹介します。

実際に購入するときは、成分表を見たりテスターを少しだけつけたりしてみて、問題がないか試してから使うことをおすすめします。

1.ちふれ「BBクリーム」

  • 内容量:50g
  • 紫外線カット効果:SPF 27 PA ++
  • ウォータープルーフ:○
  • 色展開:3色


これ1本でベースメイク完了!3色展開の万能クリーム

美容液、乳液、保湿クリーム、日焼け止め、さらには化粧下地やファンデーションといった役割を全てこなす、万能BBクリームです。

化粧水のあとこれを使うだけで、スキンケアとナチュラルベースメイクができてしまいます。忙しくてあまり化粧に時間が取れないという人には、特にうれしいですね。

肌になじみやすい3色展開なので、自分の肌に合った色を選べるのもポイント。

このBBクリームは無香料で紫外線吸収剤フリーにもかかわらず、SPF 27という、比較的強めの日焼け止め効果とウォータープルーフ仕様を兼ね備えています。

厚塗り感を出したくない人や、いくつもの化粧品を使うのが面倒だという人にぴったりです。

2.ちふれ「日やけ止めミルク UV マイルド」

  • 内容量:30ml
  • 紫外線カット効果:SPF 35 PA +++
  • ウォータープルーフ:○
  • 色展開:×


身体&顔に使える持ち運びしやすい日焼け止め

紫外線吸収剤、アルコールが無配合で、肌に優しいミルクタイプの日焼け止めです。また、無着色、無香料でもあります。

生活紫外線対策には十分なSPF 35で、化粧下地として顔に使うのはもちろん、日焼け止めとして体にも使うことができます。

一日中紫外線を浴びる状況にいる時、保湿成分が配合されているうえ、顔にも身体にも使える肌に優しい日焼け止めが一本あれば、とても便利ですよね。そんな時にぴったりなのが、この日焼け止めミルクです。

持ち歩き用の日焼け止めが欲しい人は、ぜひチェックしてみてください。

3.ちふれ「UV サンベールクリーム(WP)」

  • 内容量:50g
  • 紫外線カット効果:SPF 30 PA ++
  • ウォータープルーフ:○
  • 色展開:×


色白に見せてくれる強力ウォータープルーフクリーム

ウォータープルーフ効果もある日焼け止めクリームです。伸びが良くつっぱり感が少ないうえ、高い保湿力をもっているのが特徴です。

無香料、無着色、ノンアルコールで、さらに紫外線吸収剤無配合と、肌に優しい仕様になっています。特にウォータープルーフの効果が高く、水分から肌を守りたい時にぴったりです。

さらに、この日焼け止めクリームには、肌をトーンアップさせてくれる効果も期待できますよ。

もともと肌の色が濃い人は白くなりすぎてしまうかもしれないので、テスターで色を確認してから購入することをおすすめします。

4.ちふれ「うるおいジェル」

  • 内容量:108g
  • 紫外線カット効果:×
  • ウォータープルーフ:×
  • 色展開:×


6つの役割をこなして肌にうるおいを届ける便利ジェル

化粧水、美容液、乳液、そしてクリーム、パック、化粧下地という、6つの役割をこなしてくれるオールインワン・ジェルです。

洗顔をした後にこれを使うだけで、もっちりとした柔らかい肌に近づけることができます。保湿力が高くベタベタ感がないのがポイント。

普段スキンケアをさぼってしまったり、忙しくて時間がない人に心強いアイテムです。

無香料、無着色、ノンアルコールなので、アルコールに敏感な人でも使いやすいのがうれしいですね。

ちふれの化粧下地を購入時の気になる疑問・質問

ちふれの化粧下地を購入するときによくある質問にお答えします。購入前に、しっかりと解決しておきましょう。

Q1:化粧下地の効果的な塗り方はありますか?

化粧下地といっても、オイルタイプやクリームタイプというように、いくつかの種類があります。種類によって、伸びの良さや使用時の適量は変わってきます。

そのため、「こういう風に使うべき」というのは、一般化できません。

使用方法は基本的に商品自体、もしくはパッケージに書いてあるので、それをしっかりと参考にしましょう。

基本的な約束事としては、優しく指で伸ばしてムラなく塗ること、最後に手で顔を包みしっかりと浸透させる、という2つのポイントが挙げられます。

Q2:化粧下地とファンデーションの違いは何ですか?

化粧下地はスキンケアをした後、そしてファンデーションの前に塗るものです。言わば、肌とファンデーションの接着剤のようなものです。

化粧下地には、ファンデーションの機能がより効果的に発揮できるように、肌の色や調子を整えてくれる効果があります。

一方のファンデーションは肌をより美しく見せるためのもので、肌の色ムラを抑えたり、肌を若々しく見せたりする効果があります。

化粧下地のなかには、それだけでナチュラルメイクのファンデーションの代わりになるようなものもあるので、化粧下地をどういうときに使いたいかによって、おすすめの商品も変わります。

Q3:セザンヌや無印良品の化粧下地も購入を検討しています。ちふれの良さは何ですか?

ちふれの化粧下地の魅力は、全ての成分とその分量、配合目的、さらには製造年月を公開しているというところ。

敏感肌やアレルギー体質の人にとって、成分表の公開はとても大事なことですよね。そういった人が安心して使えるように工夫されています。

また、ちふれの化粧下地は取り扱っている店が多いので、気軽に手にしやすいというメリットもあります。

場所によっては対面式で商品の相談をすることもできるので、まだどれを買おうか決めていない人も、専門のアドバイザーと相談しながら買うことが可能です。

まとめ

肌の調子を整え化粧のノリを良くしてくれる、ちふれの化粧下地。

肌の色ムラをカバーしてくれるものや、UVカット効果があるもの、敏感肌の人でも使いやすいものなど、さまざまな種類があります。

化粧下地を使うというワンステップを加えるだけで、その後の化粧のノリや肌の見え方は大きく変わります。

自分の肌にぴったりなちふれの化粧下地を見つけて、より魅力的な肌作りを目指してみてくださいね。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す