【豆乳飲料のおすすめ9選】豆乳飲料のおすすめ9選!毎日飲み続けるためにフレーバーと容量で選ぶ

体に良い事から人気の豆乳飲料。毎日飲み続けることで体の調子を整えてくれる、お肌の調子を整えてくれると多くの方に人気の高い飲み物です。しかし、体に良いとはわかっていても、豆乳はくせがあり飲みづらい…長く続けられないとお悩みの方も少なくはありません。そんな方は必見!今回は豆乳飲料を長く飲み続けられるおすすめのフレーバーや、飲み切りタイプなどの少ない容量の豆乳飲料をご紹介します。これまで豆乳生活を挫折してしまった方や、これから始めようとお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

豆乳飲料のおすすめな選び方4つ

豆乳飲料が体に良いのは知っているが、様々なメーカーや種類があるのでどの豆乳が良いのかわからない!という方も多いはず。ここでは、おすすめな選び方についてお伝えしていきます。

1.ココア?バナナ?好みに合わせて味(フレーバー)をチェック

豆乳飲料と一言に言っても、様々なフレーバーがあります。味の付いていない普通の豆乳はどうしても飲みづらいと感じる方も多いようです。健康の為に飲んでいるとはいえ美味しく飲み続けられる物が良いですよね。

自分のお好みのフレーバーを探したり、日によって違うフレーバーを楽しむのも長く続けられるコツでもあります。

2.1Ⅼ?200ml?飲み切れる容量をチェック

牛乳に比べて豆乳は「未開封状態」であれば賞味期限は長いのですが、栄養価が高いので開封後は腐敗しやすいです。よって開封後2~3日を目安に飲みきるのがベストです。自分が毎日飲む量を考えて、購入する容量を決めるようにしましょう。

3.扱いやすさが気になるなら開け口をチェック

基本的に豆乳は紙パックのものがほとんど。ですが、開け口はメーカーによって異なります。パックの端をはさみで切るものや、プラスチックの注ぎ口を刺すもの、ストローで飲むものなど様々です。キャップが付いていれば一度に飲み切れなくても保存が可能ですし、冷蔵庫で寝かせて保存もできます。しっかり扱いやすさもチェックしておきましょう。

4.健康への影響が気になるなら表記をチェック

豆乳飲料は健康や美容のために飲み続けたいと考える方も多いです。そんな方は特に表記をしっかりとチェックしておきましょう。遺伝子組み換えされている物は体に悪影響があると考えられているため、そうでない物を選ぶようにしましょう。また、大豆の産地などもチェックしておきたいポイントです。

この商品の比較ポイント

今回、おすすめの豆乳飲料をご紹介していくにあたり、下記のポイントを比較してみました。メーカーによっても異なりますので、比較して自分にあった豆乳飲料を選びましょう!

  • 内容量
  • 味 
  • イソフラボン含有量
  • 本数 
  • 賞味期限

今、一番おすすめする豆乳飲料はコレ!

数ある豆乳飲料の中から特におすすめする豆乳飲料をご紹介します。普段からよく豆乳飲料を飲んでいるという方にもおすすめできる、少し珍しいタイプの豆乳飲料。ありそうでなかった、みんなが大好きなフレーバーです!

マルサンアイ「豆乳飲料冷たいコーンスープ」

  • 内容量 / 200ml
  • 味 / コーンスープ
  • イソフラボン含有量 / 100mlあたり9mg
  • 本数 / 1本
  • 賞味期限 / 540日

こんなフレーバー欲しかった!ランチにもおすすめな豆乳飲料

今年の3月に発売されたばかりの新商品で、ありそうでなかったコーンスープのフレーバーです。クラッシュコーンが入っているので、味だけでなく食感も楽しめます。化学調味料は不使用なので、小さなお子さんにも安心して飲ませることができますよ。しっかりと素材の味が活かされている豆乳飲料です。

女性に嬉しいイソフラボンはもちろん、老化や体の不調を整える働きのあるビタミンE、食物繊維など体に嬉しい栄養素を多く含んでいるため、健康習慣の一つとして、毎日の生活に取り入れる事もおすすめです。

スープなので、手軽なランチにもおすすめ!最近は、仕事が忙しく食事の時間もしっかりと取れない方も多いですよね。そんな方は特に毎日の生活の中に体に良い物を取り入れていく必要があります。ゆっくり食事をする時間が取れなくても野菜やお肉類の入ったサンドイッチに、この「豆乳飲料 冷たいコーンスープ」があれば、栄養価の高いランチに早変わりです。

これまでのありきたりなフレーバーに飽きてきた…という方にもおすすめできる、ありそうでなかったコーンスープのフレーバー。まだ飲んでいないという方はぜひ飲んでみてくださいね。ご飯の品数が少ない日には、スープとして食卓に並べるのもおすすめです。

飲みきりサイズ!味を楽しむおすすめの豆乳飲料4選

美容や健康のために豆乳飲料を飲もう!と決めても、毎日まいにち同じフレーバーばかりだとマンネリ化してしまい、なかなか続けられないという方も。

そんな方には、飲みきりサイズの豆乳飲料がおすすめ!飲みきりサイズには、かなりの数のフレーバーが販売されています。一日一本と決めて色々なフレーバーを楽しむと長続きしますよ。ここでは飲みきりサイズのおすすめをご紹介していきます。

1.キッコーマン「麦芽コーヒー」

  • 内容量 / 200ml
  • 味 / 麦芽コーヒー
  • イソフラボン含有量 / 200mlあたり28.0mg
  • 本数 / 1本
賞味期限 / 120日

飲みやすいコーヒー風味!朝ご飯や休憩時間にも

豆乳は苦手…でも「麦芽コーヒー」フレーバーなら飲める!という方もいるほど飲みやすい豆乳飲料です。コーヒー牛乳のような味で、子どもから高齢の方までお好みの方も多いのではないでしょうか。

麦芽ってそもそも何?と思っている方もいるかもしれませんね。大麦の種子を発芽させて糖化(糖分を増加させる)したものの事を麦芽と言います。大麦には食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境の改善などにも期待ができそうです。

もちろん食物繊維だけでなく、カルシウムやイソフラボンなどの体に嬉しい栄養素も豊富に含まれています。毎朝飲んでいるコーヒーを、この麦芽コーヒーに変える事で体の調子を整えてくれると思えば嬉しいですよね。コーヒー好きな方は一度試してみてはいかがでしょうか?

2.キッコーマン「いちごラッシー」

  • 内容量 / 200ml
  • 味 / いちごラッシー
  • イソフラボン含有量 / 200mlあたり28.0mg
  • 本数 / 1本
賞味期限 / 120日

おやつにおすすめ!まろやかないちごラッシーフレーバー

もともとはインドの飲み物で、最近は日本でも人気の高い「ラッシー」。そのラッシーを再現した、まろやかな優しい口当たりのヨーグルト風味の植物性発酵飲料。なんとこの商品を販売するまでにかかった期間は7年!開発者が長い年月をかけた努力の結晶ですね。

まろやかな口当たりで、フルーティーないちごの酸味が加わり飲みやすい味に仕上がっています。食後のお口直しや、ちょっと小腹がすいた時にもおすすめです。ダイエット中でも、豆乳飲料なら罪悪感無く口にすることができますよね。

この1本(200ml)に、なんと乳酸菌が100億個も含まれています。腸内環境にも良し、イソフラボンで美しいお肌にも近づけるという嬉しい豆乳飲料。美味しく飲めて体の中から美しくなれるのは特に女性には嬉しいポイントの一つですよね。

3.マルサンアイ「まめぴよココア味」

  • 内容量 / 125ml
  • 味 / ココア
  • イソフラボン含有量 / 125mlあたり24mg
  • 本数 / 1本
  • 賞味期限 / 180日

みんな大好きココア味!成長期のお子さんにもおすすめ

125mlの少し小さめのパックです。200mlは量が多くて飲み切れないという方や、小さなお子さんでも飲みきれる容量です。無理をして毎日200mlを飲み続けるのは苦痛に感じてしまい、長続きしないとなると元も子もありません。そんな方は少なくても毎日続けられる125mlのタイプの物を試してみましょう。

125mlという容量でも栄養素は豊富に含んでいます。1パックあたりにカルシウムは100mg!着色料は不使用なので、成長期のお子さんにも安心して毎日飲ませられる嬉しい豆乳飲料です。

夏の暑い日には冷蔵庫で冷えたパックのまま、冬の寒い日にはホットココアの代わりに、コップに移して温めて飲むのもおすすめです。ココア味は多くの子どもが好む味です。乳アレルギーがある子どもに牛乳の代わりに飲ませている、という方も多いですよ。

4.ヘルシー工房大豆館「しみ込む豆乳飲料+豆乳飲料そいっち」

  • 内容量 / 125ml
  • 味 / プレーン、やさしいぶどう味
  • イソフラボン含有量 / プレーン125mlあたり56mg、やさしいぶどう125mlあたり4mg
  • 本数 / 1本
  • 賞味期限 / 365日

女性に嬉しい成分がたっぷり!お子さんと一緒に飲める豆乳飲料

プレーンとお子さん向けのやさしいぶどう味がセットになった商品。親子で毎日仲良く続けられるのも嬉しいポイントです。子どもはクセのある豆乳飲料をどうしても嫌がって飲まない事もありますが、このやさしいぶどう味の豆乳飲料はジュース感覚で好んで飲む子どもも多いです。

大人向けの「しみ込む豆乳飲料」はイソフラボンの含有量も多く、女性が喜ぶコラーゲンやアスタキサンチン、食物繊維なども含んでいます。健康にはもちろんですが美容効果にも期待ができる嬉しい豆乳飲料ですね。

プレーンの豆乳飲料は飲みにくいという意識がある方も多いかもしれませんが、この「しみ込む豆乳飲料」は多くの方から美味しい、飲みやすい、大豆臭くないという声があがっています。豆乳が苦手だと感じている方も一度試してみる価値ありですよ。

家族で飲む!1L入りでおすすめの豆乳飲料2選

家族みんなで健康の一環として豆乳飲料を飲み続けるというのも素敵な心がけですよね。何事も一人ですると続かない事も、みんなで取り組むと自然と続くものです。

そんな仲良し家族におすすめしたいのは、1L入りの容量の多い豆乳飲料です。飲みきりサイズのタイプよりも割安なので家計にも嬉しいですね。これから家族みんなで豆乳生活を始めようと考えているみなさんは、こちらのおすすめ商品をぜひ試してみてくださいね。

1.マルサンアイ「豆乳飲料 麦芽」

  • 内容量 / 1L
  • 味 / 麦芽
  • イソフラボン含有量 / 100mlあたり16mg 
  • 本数 / 1本
  • 賞味期限 / 150日

子どもも飲みやすいコーヒー風味!保存しやすいキャップ付

プレーンの豆乳飲料はどうしても飲みづらいと感じる方も少なくはありません。そんな方には豆乳に麦芽をブレンドしたタイプがおすすめです。コーヒー牛乳のような味で少し甘く、小さなお子さんでも喜んで飲んでくれますよ。

1Lは多いかな?と感じるかもしれませんが、3人、4人家族であれば2~3日程度で飲んでしまう事も。飲み物としてだけではなく、プリンなどのデザート作りにもおすすめです。あらかじめほんのり甘い味が付いているので、砂糖などは入れなくても美味しいデザートができあがりますよ。

注ぎ口はプラスチックのキャップが付いています。注ぎやすく小さなお子さんでもこぼしにくい作りです。開封後もしっかりと閉める事ができるので、冷蔵庫の中で横向きに倒して保存も可能。大きめのパックでも冷蔵庫の場所を取らないのは嬉しいですね。

2.CHOOSEE「プロヴァメルオーガニック 豆乳飲料」

  • 内容量 /1L
  • 味 / プレーン 
  • 本数 / 1本

健康や環境の事を一番に考えた豆乳飲料!

プロヴァメルはヨーロッパで大人気のオーガニック豆乳飲料ブランド。自然の味を最大限に生かしつつ、飲みやすく仕上げています。もちろん保存料、着色料、コレステロールは一切含まれていません。有機大豆を使用した体に優しい豆乳飲料です。

ヨーロッパの豆乳飲料って安全面は大丈夫なの?と少し不安に感じる方もいるかもしれませんが、心配はありません。この豆乳飲料は農林水産省が定めている有機JASを取得しています。農薬や化学肥料を一切使わずに栽培された、安全な食品であることが保障されているわけです。

日本でもこのプロヴァメルの豆乳飲料を長く飲み続けている方も多いですよ。毎日の生活の中に体に良い物を取り入れたい!と考えている方には特におすすめできる豆乳飲料です。

ダイエット中?カロリーが気になる方におすすめの豆乳飲料2選

ダイエット食品としても人気の豆乳飲料。豆乳飲料を飲むだけで痩せる!というわけではありませんが、体の調子を整えてくれる事や、体を内側から美しくしてくれる効果が期待できるという事から、ダイエット中にも飲み続けている方も多いのは事実です。

しかし、ストイックにダイエットをしている方はどうしてもカロリーが気になりますよね。そんな方も安心して飲む事ができるカロリーオフの豆乳飲料をご紹介します。

1.マルサンアイ「豆乳飲料 バナナ カロリー50%オフ」

  • 内容量 / 200ml
  • 味 / バナナ
  • イソフラボン含有量 / 100mlあたり19mg
  • 本数 / 1本
  • 賞味期限 / 180日

飽きがこないバナナ風味!ダイエット中にピッタリの豆乳飲料

1本飲んでも、なんと52キロカロリー!私もダイエットの経験がありますが、ダイエット中は口にする物すべてのカロリーが気になって、飲み物でさえも罪悪感を感じる事がありますよね。しかし、この低カロリーの豆乳飲料であれば罪悪感無く安心して飲むことができますね。

さっぱりとした口当たりですが、腹持ちも良くダイエット中の方の強い味方です。カロリーは低くなっていますが、栄養価はしっかりと含まれていますので、健康や美容効果が期待できるという一石二鳥の嬉しい飲み物ですね。

飲みやすく、続けやすいという事で愛飲している方も多いです。少し体形が気になってきた、毎日の食生活を見直したい。と考えている方に特におすすめできる豆乳飲料です。

2.キッコーマン「カロリーオフ麦芽コーヒー」

  • 内容量 / 200ml
  • 味 / 麦芽コーヒー
  • イソフラボン含有量 / 200mlあたり26mg
  • 本数 / 1本
  • 賞味期限 / 120日

カロリーオフだけでなく、カフェインレスも嬉しい豆乳飲料

人気の飲みやすい麦芽コーヒーフレーバーがカロリーオフ!麦芽コーヒーフレーバーは甘くて飲みやすいから好きだけど、どうしてもカロリーが気になる…という方には嬉しい商品です。

カロリーオフでない麦芽コーヒーは1本あたり135キロカロリーですが、それに比べカロリーオフは1本あたり58キロカロリー!これならダイエット中の強い味方になってくれそうです。それに加え嬉しいのはカフェインレスコーヒーを使用している事。歯の黄ばみを気にする方や、妊婦さんには特におすすめ。

妊婦さんはホルモンバランスの変化で食欲が増加しやすい傾向にあるため、ついつい食べ過ぎてしまう事も少なくはありません。カフェインの摂取量もお腹の赤ちゃんのために制限しなければなりませんので、この商品はとても嬉しいですね。

豆乳飲料を購入時の気になる疑問・質問

健康や美容、ダイエットなど豆乳飲料を飲み続けようかと考えている方は多くいますが、いくつか疑問を抱いている方もいるようです。ここでは豆乳飲料の気になる疑問や質問にお答えしていきます。

Q1:豆乳飲料はダイエットに効果ないと聞きましたがのは本当ですか?

豆乳飲料そのものに直接的なダイエット効果はありません。しかし、便秘解消効果や、食事の前に飲むことで暴飲暴食を防げるといったダイエットに繋がる効果は期待できます。体に良い栄養素を多く含んでいるので、体の調子を整えるといった認識の方が正しいでしょう。

Q2:飲み切れなかった豆乳飲料の使い道はありますか?

料理やお菓子作りなどに使用することをおすすめします。牛乳の代わりに料理やお菓子作りに取り入れることで、カロリーや脂質をぐっと抑えることができます。乳アレルギーがあり、牛乳を使ったお菓子などが食べられない方でも、豆乳を使えば安心して食べられますよ。

Q3:成分無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の違いは何ですか?

まず成分無調整豆乳は、水と大豆だけで作られており添加物を含まない物のことです。調整豆乳は、成分無調整豆乳よりも飲みやすくする為に糖質やカルシウムなどを添加しているもの言います。

そして最後に豆乳飲料ですが、調整豆乳よりもさらに飲みやすいようにココアやフルーツなど風味を加えたものの事です。

Q4:紀文の豆乳飲料はなくなってしまったんですか?

紀文フードケミファは、2006年にキッコーマンの連結子会社となり2008年にには完全子会社化されれました。そのため、現在はブランドがキッコーマンに統一されています。

まとめ

健康に生きるため、体の内側から美しくなるために豆乳飲料を飲み続けようと考えている方は少なくありません。実際に長い間飲み続けているという方も多いですよね。しかし、無調整豆乳はどうしても味にくせがあり飲みづらい!と感じて長く続けられない方がいるのも事実です。

そんな方はぜひ今回の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。豆乳飲料は様々なフレーバーがあり、キッコーマンのホームページに掲載されているだけでも50種類近くのフレーバーが販売されています。一か月毎日違う種類の豆乳飲料を飲んでも飲みきれない数ですね。

毎日おいしく違う味を楽しめて、かつ健康や美容のためになるのは一石二鳥です。まだ豆乳生活を始めていないという方、ぜひ新たな生活習慣として始めてみてはいかがでしょうか。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す