ベッドパッドのおすすめ10選!ベッドパッドの寝心地と素材をチェック

ベッドパッドのおすすめを寝具に詳しい人に聞いたところ、ベッドパッドの素材や使用する季節によっても選び方が変わってくるとのことでした。ベッドパッドに使用されている素材は様々で、保温性や吸湿性など、機能性にも注目するとより快適に眠ることができます。今回は、Osusumo編集部が厳選した、おすすめのベッドパッドベスト10を紹介。最近よく眠れないという人も、この記事を読めば、快適な寝心地を得られる商品が見つかるハズ!

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

ベッドパッドのおすすめな選び方3つ

何気なくベッドパッドを使っている人も多いかと思いますが、実は選び方一つでもっと快適に眠ることができるアイテムでもあります。ここではベッドパッドのおすすめの選び方3つを紹介します。

1.夏は涼しく冬は暖かい!ベッドパッドの寝心地をチェック

ベッドで寝る場合に必要不可欠なのが、ベッドパッドです。マットレスとシーツの間に敷くことで、夏は涼しく、冬は暖かく眠ることができます。より良い寝心地を求める人は、ベッドパッドにこだわってみましょう。

2.ポリエステルやウールなど!ベッドパッドの素材をチェック

ベッドパッドに使われている素材は様々です。例えば、ポリエステルのベッドパッドは安価ですが、吸湿性があまり無く、夏場はムレやすいという特徴があります。

逆にウールは吸湿・速乾性にも優れ、保湿性も高いので冬でも暖かく眠ることができます。素材によって機能や価格も変わってくるので、求める機能や予算に応じで選ぶのがおすすめです。

より良い寝心地も求める人は、ベッドパッドに使われている素材にも注目してみましょう。

3.ダブルやセミダブル!ベッドパッドのサイズをチェック

ベッドパッドを選ぶ際、ベッドのサイズに合わせてサイズを選ぶことが重要です。シングルやセミダブルなどの一般的なサイズのベッドなら、それに合ったベッドパッドが数多く販売されています。

サイズが合わないものを使用していると、寝心地が悪かったり、ベッドシーツがきちんとかからない原因にもなってしまいます。日本の規格サイズ以外のベッドの場合は、10cmくらい幅と丈が短いものを選びましょう。

この商品の比較ポイント

今回、おすすめのベッドパッドを選ぶ際に重視したポイントです。このポイントを押さえて商品を選べば、快適に眠れるベッドパッドが見つけやすくなりますよ!

  • 素材
  • サイズ

今、一番おすすめするベッドパッドはコレ!

Osusumo編集部が今、一番おすすめしたいベッドパッドを紹介!どんなベッドパッドがいいか悩んでいる人も、ベッドパッドの買い替えを考えている人にも、まずはこの商品を検討してみてはいかがでしょうか。

Filharmony「極厚ベッドパッド ダブルサイズ」

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:縦200×横140cm


吸湿・速乾性に優れたベッドパッド

人は寝ている間も汗をかき、暑くなる夏場などは布団が蒸れやすくなっています。布団なら晴れた日に外に干したりして除湿することもできますが、ベッドの場合はマットレスを干すのは難しいのが現状です。

この商品は吸汗と速乾性に優れた素材を使用しているので、夏場の暑い時期でも蒸れにくく、しっかりと汗を吸収してくれます。速乾性にも優れているので、吸い取った汗や蒸気も素早く乾燥し、いつでもサラサラです。

また、防ダニ加工を施した素材を中綿に使用しているので、通常の製品よりもダニの発生率を抑えてくれます。コットンや羽毛などと比べても綿ホコリの発生も少ないのが特徴です。

ベッドパッドの表生地にもこだわっていて、一般的な生地より使用するタテ糸とヨコ糸を多くすることにより密度が高くなっています。そのため外にホコリが出にくく、生地自体もしっかりした仕上りです。

家庭用の洗濯機で丸洗いができるので、いつまでも清潔に使えるのも特徴。速乾性の高い商品なので、蒸れやすい夏の時期や乾きにくい冬場など、オールシーズン快適に使えるおすすめのベッドパッドです。

家庭で簡単に洗濯できるベッドパッドのおすすめ4選

毎日寝るベッドは、常に清潔な状態で快適に眠りたいですよね。ベッドパッドも汗や湿気を吸収するので、できればこまめに取り替えたいものです。ここでは、家庭用の洗濯機で簡単に洗濯できる商品を5つを紹介します。

1.西川産業「ベッドパッド シングル コットン」

  • 素材:ポリエステル/綿
  • サイズ:縦200×横100cm


吸湿性に優れたコットンを中綿に使用

このベッドパッドの中綿は、天然コットンを100%使用しています。コットンは吸湿性に優れていて、日本では昔から布団などに使われてきた素材でもあります。また、日本製のコットンを使用しているので安心です。

ベッドパッドの側生地には抗菌防臭加工が施されていて、気になるニオイや菌を抑えてくれ、衛生的。表面をキルティング加工をすることにより中綿がズレにくく、型崩れも防いでくれます。

ボリュームもあるので、マットレスと体の隙間を埋めてくれるので寝心地もバツグン。四隅にはズレ防止のゴムが付いているので、寝返りをうってもズレにくくなっています。

2.三幸「ウォッシャブル ベッドパッド セミダブルサイズ」

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:縦200×横120cm


クッション性の高いダイヤキルティング加工

ダイアキルティング加工を施したこのベッドパッドは、中綿のずれを防いでくれるほか、ふわふわと肌触りの良く、クッション性が高いのが特徴です。厚みもあるのでマットレスと体の隙間も埋めてくれます。

四隅にはゴムが付いていて、マットレスにしっかりと固定することができ、寝ているうちにベッドパッドがズレてしまう心配もありません。また、寝具で気になるのが雑菌やニオイがですよね。

このベッドパッドは家庭用の洗濯機で丸洗いができ、ほつれにくい丈夫な縫製なので、こまめな洗濯でも長く使える、おすすめのベッドパッドです。

3.EIYU「洗えるほこりの出にくいベッドパッド」

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:縦200×横120cm


ほこりが出にくいからアレルギー対策にも

このベッドパッドは中綿にポリエステル綿を使用しています。耐久性に優れているのはもちろん、ハウスダストの原因にもなるほこりが出にくいので、アレルギーが心配の人にもおすすめです。

また、側生地には繰り返し洗っても効果が続く抗菌・防臭加工が施されているのも特徴。菌の発生を抑える制菌加工もされているので、天気が悪く乾きにくい時期や部屋干しでも臭いにくくなっています。

さらに、ベッドパッドのフチをパイピングしてしっかり縫うことでほつれにくく、表面を波のようにウェーブした縫製をすることで、中綿の偏りを防いでくれています。四隅にはゴムバンド付きでズレも防いでくれます。

4.やさしい暮らし「ベッドパッド セミダブルサイズ (120×200cm)」

  • 素材:ポリエステル・綿
  • サイズ:縦200×横120cm


ホテルでも使われているベッドパッド

全国のホテルでも使われているこのベッドパッドは、業務用の品質の高いものを一般向けに販売している商品です。寝ている間の汗や湿気を吸収してくれるので、マットレスに直接湿気が行くのを防いでくれます。

側生地には綿とポリエステルを混合した生地を使用。綿特有の風合いを残しながらも、縮みにくく、綿だけよりも乾きやすいのが特徴です。また、家庭用の洗濯機で丸洗いができ、いつでも清潔な状態で使うことができます。

さらに縫製にもこだわっていて、ベッドパッドの周りは2本針で縫製しています。1本針よりも強度が増し、繰り返しの洗濯にも耐えられる耐久力を持っています。表面も縫うことにより、中綿の偏りを防いでくれます。

保温や吸水性など機能性があるベッドパッドのおすすめ4選

乾燥しがちな冬や汗をかきやすい夏など、気温によって寝心地も変わってきます。一年中快適に眠るためには、吸水性や保温などの機能性が重要になってきます。ここでは機能性のあるベッドパッド4つを紹介します。

1.ニトリ「温度調整ベッドパッド ダブル(CELL D)」

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:縦200×横140cm


一年中快適なベッドパッド

このベッドパッドの中綿には、ドイツで発明賞を受賞した温度調節機能をもった綿を使用。気温に合わせて中綿が快適な温度に調節してくれるので、一年中快適に眠ることができます。

また、側生地は抗菌防臭加工が施されています。家庭用の洗濯機で丸洗いもできるので、いいつでも清潔な状態で使用でき、小さな子供がいる家庭でも安心です。ボリュームのあるベッドパッドなので、寝心地もバツグン。

ベッドパッドの四隅にはゴムバンドが付いているので、寝ている間にズレしまうこともありません。ベッドだけでなく敷き布団にも使用できます。

2.ニトリ「吸水速乾ベッドパッド セミダブル(NT3SD) 」

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:縦200×横120cm


素早く乾くからムレにくい!

寝ている間の汗を吸収してくれる役割も持つベッドパッドですが、通気性が悪いとジメジメとムレてしまい、寝心地が悪くなってしまうことがあります。このベッドパッドは、吸水・速乾性に優れた生地を使用。

吸い取った汗を素早く放出してくれるので、ムレることなく快適に眠ることができます。また、側生地も通気性の良いメッシュ生地を使用していて、洗濯しても乾きやすいのが特徴です。

ベッドパッドの中にはマットレスに固定できないタイプも多く、使っているうちに位置がズレてきてしまうこともありますが、この商品はゴムバンド付きでマットレスにしっかりと固定することができます。

3.布屋商店「吸水速乾ニットワッフルベッドパッドシングル」

  • 素材:ポリエステル
  • サイズ:縦205×横100cm


肌触りの良いワッフル生地

肌触りの良いワッフル生地を使用したこのベッドパッドは、吸水速乾性に優れた繊維を使用しています。寝ている間の汗をしっかりと吸収し、通気性にも優れ、ムレやすい季節でもサラッと快適に眠ることができます。

また洗濯機で丸洗いが可能なので、汚れが気になったときもすぐに洗濯可能。速乾性のある生地なので、乾きにくい季節でも安心です。四隅にゴムバンドも付いていて、装着も簡単にできます。

ベッドのマットレス以外でも、敷き布団にも使うことができるので、敷き布団のムレが気になっている人にもおすすめです。

4.収納家具のイー・ユニット「「シングルサイズ マイティトップ2使用」

  • 素材:ポリエステル/綿
  • サイズ:縦195×97cm


日本製のベッドパッド

このベッドパッドは、テイジンが開発した特殊な中綿を使用しています。吸水速乾性に優れ、防ダニ効果もあるので、寝ている間の汗をしっかりと吸収しながらもイヤなニオイも抑えてくれる優れものです。

抗菌効果もあるので雑菌の繁殖も防いでくれ、布団につきやすいダニも寄せ付けないので、アレルギーが気になる人や、小さな子供にも安心です。家庭用の洗濯機で洗えるので、いつでも清潔に使えるのも特徴です。

また、ベッドパッド表面をキルト加工することにより、中綿が片寄りにくく、クッション性も高くなっています。

ベッドパッドを購入時の気になる疑問・質問

初めてベッドパッドを買う時など、どんな点に気を付ければいいのか迷いがちです。ここでは、そんな購入時の疑問・質問にズバリお答えします。ここで疑問を解決しておけば、購入時の失敗も少なくなります。

ベッドパッドと敷きパッドに違いはあるの?

ベッドパッドの上には、基本的にはシーツを掛けて使用します。ベッドパッドは、寝心地を良くする目的と、汗などの湿気を吸収しマットレスの老朽化を防ぐために敷く物として作れられています。

敷きパッドは、季節による温度変化による温度コントロールと、吸湿速乾性能により快適に眠ることを目的として作れていて、ベッドパッドと違い直接敷きパッドの上で寝ることができます。

まとめ

ベッドパッドは、マットレスとシーツの間に敷いて使うアイテムです。ベッドパッドを選ぶ際は、使われている素材によって保湿効果や吸湿速乾機能などがあり、より快適に眠るためには素材選びも重要になってきます。

また、ベッドパッドを選ぶ際は、ベッドに合ったサイズを選ぶのがおすすめです。日本の規格サイズ以外のベッドの場合は、幅と丈が10cm程短いものを選ぶとマットレスからはみ出す心配もありません。

ぜひ今回の記事を参考に、快適な寝心地のベッドパッドを見つけてくださいね。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す