ノンアルコール化粧水のおすすめ15選!肌タイプと美肌効果で選ぶ

ノンアルコール化粧水で低刺激なスキンケアをしよう!アルコールを配合している化粧水にもメリットはありますが、肌に刺激を感じる人も少なくありません。専門家にうかがったお話を元に、ノンアルコール化粧水のメリット・デメリットや選び方のポイント、編集部おすすめのノンアルコール化粧水15選などをまとめました。美白効果があるもの、エイジングケアができるもの、高保湿タイプのものから、ドラッグストアで購入できる安いけれど評価が高いプチプラブランドの化粧水までそろっています。これを読めば、あなたにぴったりのノンアルコール化粧水がみつかるはず。さっそく一緒に見ていきましょう。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

ノンアルコール化粧水のおすすめな選び方4つ

肌への低刺激性を考えて、ノンアルコール化粧水を選ぶ方が増えています。ではどのようなポイントに気をつければ、失敗しない化粧水選びができるのでしょうか。4つのポイントを見まとめました。

1.アルコールフリーだと何がいいの?メリットとデメリットをチェック

肌に刺激をあたえる可能性がある成分の一つに、アルコール(エタノール)があります。敏感肌の方が避けたい成分の一つとなり悪者のように扱われていますが、ではどうして化粧品に配合されているのでしょうか。

アルコールを配合するメリット

アルコールを化粧水に配合するメリットは以下のとおりです。

  • 殺菌
  • 肌の清浄
  • 引き締め

アルコールを配合することで肌の汚れや油性の汚れを落としたり、さっぱりとした清涼感のある使用感になったり、収れん作用(肌を引き締める作用)が期待でたりなどの効果が期待できます。

さらに水だけでは溶けにくい成分のなじみをよくするため、化粧水にさまざまな成分を配合する手助けをします。このようなメリットがあるため、アルコールに刺激を感じないのなら特に避ける必要はありません。

アルコールを配合するデメリット

化粧水にアルコールを配合することによっておこる、デメリットは以下のとおりです。

  • 揮発性が高いので肌が乾燥しやすい
  • 刺激性があるため肌に刺激を感じる

水とアルコールではアルコールの方が揮発速度が速く、アルコールが蒸発する際に肌の水分も一緒に蒸発してしまうため乾燥を促進するというデメリットがあります。

また刺激性もあるため、肌につけた場合ヒリヒリ・ピリピリしたり、赤みが生じたり、かゆみが生じたりするなどの刺激を感じることがあります。

特に敏感肌・乾燥肌の方は、外的刺激から肌を守り肌内部の水分の蒸発を防ぐ役割を持つ「バリア機能」が低下しているため、アルコールによるデメリットを感じやすくなります。

これらのメリット・デメリットを知ったうえで、ご自信の肌タイプと照らしあわせて考えてみると、ノンアルコール化粧水を選ぶべきなのかアルコールが配合された化粧水を選ぶべきなのかがわかります。

2.自分の肌にあうかどうか知りたい!肌タイプをチェック

乾燥肌・敏感肌の方はノンアルコール化粧水がおすすめだと言いましたが、そのほかにも、ノンアルコール化粧水がおすすめの肌質があります。

アトピー体質の方も、ノンアルコール化粧水がおすすめです。先ほど説明したとおり、アルコールが配合された化粧水は揮発性が高く乾燥しやすいことと、肌への刺激が強いためアトピー肌の方にはおすすめできません。

またニキビ肌の方は、皮脂を取り去るためにアルコールが配合された化粧水を選びがちですが、ノンアルコール化粧水がおすすめのニキビタイプもあります。それが「大人ニキビ」です。

大人ニキビの原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、乾燥肌などになります。いずれも皮脂を過剰分泌させる原因であり、過剰に分泌された皮脂と古い角質がつくる角栓が毛穴を塞ぐことでニキビにつながります。

乾燥肌と皮脂の過剰分泌は一見正反対の状態に感じるかもしれませんが、肌の乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌されることがあります。そのため徹底的な保湿ケアを行うことで、大人ニキビが改善したという方も多いのです。

敏感肌・乾燥肌・アトピー肌・大人ニキビに悩む方は、ノンアルコール化粧水がおすすめです。もしこれまでアルコールが配合された化粧水を使用していたのなら、一度ノンアルコール化粧水でのケアを試してみてください。

3.配合成分によって違う!美肌効果をチェック

化粧水は毎日朝晩使用するものです。化粧水に美肌成分が配合されていれば、毎日のケアで美肌に近づくことができます。ノンアルコール化粧水であることに加え、どのような美肌成分が配合されているのかもチェックしましょう。

乾燥肌・敏感肌・アトピー肌・大人ニキビに悩む方に特におすすめの成分は、肌にしっかりうるおいをあたえる保湿成分です。化粧水に配合される主な保湿成分は以下のとおりです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • 植物性油脂
  • 植物性エキス……など

これらの保湿成分が配合された化粧水を選ぶことで、肌のバリア機能やターンオーバーの正常化のサポートが期待できます。

美白効果を期待する方は、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、エラグ酸、ルシノールなどの成分がおすすめです。ただし美白成分は肌に刺激を感じたり、乾燥しやすいものもあります。

敏感肌の方にとっては刺激が強く、赤みやかゆみなどの症状が出てしまうことも。美白効果がある化粧水を使う場合は、肌の調子を見ながら低刺激性のものを選ぶように気をつけましょう。

4.安い価格帯って?価格相場と買うべき値段をチェック

最後のチェックポイントは、化粧水の価格についてです。こちらでは商品選びの参考にして頂けるよう、化粧水の最安値価格帯、売れ筋価格帯、高級価格帯の3つの価格帯とその特徴をまとめました。

最安値価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯
~1,500円 2,000円~4,000円 5,000円~
シンプル処方の化粧水や、大容量タイプの化粧水など 有名化粧品ブランドの化粧水など 国内外の高級化粧品ブランドの化粧水など

ノンアルコール化粧水のおすすめメーカー・ブランド

化粧品メーカー・ブランドの中でも、特にノンアルコール化粧水に定評があるおすすめのメーカー・ブランドを3つまとめました。

1.DECENCIA(ディセンシア)

2018年で10周年の、ポーラ・オルビスグループの敏感肌のためのスキンケアブランド。ポーラ研究所が、敏感肌にとって革新的な特許技術を発明したことによって誕生しました。肌荒れを繰り返さない肌を目指します。

2.無印良品

株式会社良品計画のブランド。化粧水は肌タイプにあわせた複数種類を展開し、サイズも豊富で試しやすいことからも高い人気を誇ります。ショッピングモールなどに店舗があり、購入しやすいことも人気の理由のひとつ。

3.ちふれ

アメリカでは1ドルで化粧水が販売されていることに衝撃を受け、1962年に「100円化粧水」を製造。以降「高品質適正価格」をモットーに製品づくりを続けています。安心できるよう、積極的な情報開示も行っています。

今回の商品の比較ポイント

このあとで紹介する「編集部おすすめのノンアルコール化粧水15選」は、以下の2つの選定ポイントと、最初に紹介した「おすすめな選び方4つ」を中心に選定しました。あなたの気になる商品をチェックしてください。

  • 内容量
  • 主な成分

今、一番おすすめするノンアルコール化粧水はコレ!

編集部イチオシのノンアルコール化粧水はこちら!敏感肌用の低刺激性でありながら、シミやくすみにも全方位からアプローチする薬用美白ローション。保湿成分も◎。敏感肌だけど美白も気になるという方におすすめです。

DECENCIA「サエル ホワイトニング ローション コンセントレート」

  • 内容量:125ml
  • 高浸透グリセリン
  • セラミドナノスフィア
  • ストレスバリアコンプレックス
  • アルブチン
  • グリチルリチン酸2K
  • 天然植物成分の心解きほぐす香り

美白もできる低刺激性化粧水

敏感肌用の低刺激性でありながら、冴えわたるような肌へ導く薬用美白化粧水です。みずみずしいテクスチャーで、肌になじんでうるおいをチャージします。

水にも油にもなじみやすい浸透性グリセリンと、保湿成分をヒト型セラミドで包みカプセル化したセラミドナノスフィアを配合。乱れたセラミド配列に適合し、保湿膜によってうるおいが持続する肌に導きます。

またストレスによるシミのメカニズムにも対応し、オリジナル成分であるストレスバリアコンプレックスCLがストレスによるダメージを内側からケアします。

その他にも美白有効成分のアルブチン、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸2K、モモ葉エキスなどの美肌成分をたっぷり配合し、シミ・くすみに全方位からアプローチします。

香りはローズとローズマリーの、天然植物成分の心溶きほぐす香りです。

愛用者からは「肌にやさしく安心して使えて透明感がでる」「2度づけすると、あっという間に肌の奥まで浸透する」「しっとりとみずみずしくうるおう」「さっぱりとした香りでリラックスできる」などと好評です。

保湿効果の高いおすすめのノンアルコール化粧水4選

乾燥しがちな敏感肌の方におすすめの、高保湿タイプのノンアルコール化粧水を4種類ピックアップしました。その内3種類は低刺激でありながら、美白ケアもできる化粧水です。

保湿成分の違いやその他の配合成分の違いなど、それぞれの商品特徴や口コミを参考にして、気になる化粧水をチェックしてください。

1.無印良品「敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ」

  • 内容量:50~400ml
  • ビタミンC誘導体
  • アンズ果汁
  • グレープフルーツエキス
  • スベリヒユエキス
  • リピジュア
  • ヒアルロン酸
  • 岩手県釜石の天然水

天然植物成分を配合した美白化粧水

岩手県釜石の天然水をベースに、アンズ果汁、グレープフルーツエキス、スベリヒユエキスなどの天然植物成分を配合して作られた、敏感肌用の美白化粧水です。乾燥や紫外線のダメージを受けた肌をやさしくいやします。

うるおい機能成分としてリピジュアとヒアルロン酸を配合。アルコールフリーはもちろん、無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリーの低刺激性です。

愛用者からは「朝晩洗顔後に使用して、1カ月ほどでニキビ跡の赤みがひきました」「3本ほど使ったところで、周りからも言われるほど透明感がでてきました」などと好評です。リピーターが多い化粧水です。

2.FANCL(ファンケル)「ホワイトニング 化粧液 II しっとり」

  • 内容量:30ml
  • ヤグルマギクエキス
  • アクティブビタミンC
  • 白ブドウ発酵エキス
  • メラノブライト

肌本来の美白力を高める薬用美白化粧水

美白に効果がある成分を配合し、肌本来の美白力を高める薬用美白化粧水です。ヤグルマギクエキスがシミのはじまりにアプローチし、有効成分アクティブビタミンCが持続的にメラニンの生成をおさえます。

さらに白ブドウ発酵エキスとメラノブライトが、くすみやシミの原因になる居座りメラニンを防ぎます。肌をうるおし、澄み渡るような透明感に満ちた肌に導きます。さっぱりタイプもあります。

愛用者からは「ホワイトニング効果があるのに保湿力が高い」「少量でもしっかりうるおう」「くすみが抜けた」などの声がありました。「美白効果があるのに敏感肌でも使い続けられた」という方も多い化粧水です。

3.アクセーヌ「モイストバランス ローション」

  • 内容量:360ml
  • うるおい保湿成分

肌にのせた瞬間に浸透する化粧水

肌にのせた瞬間に浸透して、すでに肌の一部になったかのようにうるおう化粧水です。うるおい保湿成分を業界最小レベルの「超微細ナノ化カプセル」にすることで、高浸透を実現しました。

角質層のすきまをうるおいで満たして、みずみずしい肌に整えます。また重ねづけすることで、ローションパックと同様の保湿効果が実感できます。高機能化粧水には珍しい360mlの大容量で、たっぷり使うことができます。

愛用者からは「手に取るとさっぱりしているのに、肌につけるとしっとりもっちりする」「ベタつかないにの、保湿の持続力がある」「浸透力が高く肌がうるおう」など、保湿力の高さを評価する声が多く聞かれました。

4.キュレル「美白化粧水 III とてもしっとり」

  • 内容量:140ml
  • ユーカリエキス
  • L-アスコルビン酸

「しっとり」のタイプが選べる化粧水

キュレルは、乾燥性敏感肌のために作られた化粧品ブランド。低刺激であることはもちろん、保湿成分のユーカリエキスが角層の奥まで浸透し、外部刺激に負けない肌に整えます。

美白有効成分のL-アスコルビン酸2-グルコシドが配合されており、シミ・ソバカスも防ぎます。「ややしっとり」「しっとり」「とてもしっとり」と、保湿タイプが選べるのもうれしいですね。

愛用者からは「肌につけた瞬間、すっと染み込む」「しっとりして使い心地がいい」「アルコールに刺激を感じるようになり使用。使い心地がよく気に入っている」など、低刺激で高保湿と評判が高い化粧水です。

繰り返す大人ニキビとサヨウナラ!おすすめのノンアルコール化粧水5選

治ったと思っても、一定期間で繰り返しできるしつこい大人ニキビ。そんな悩みを持つ方におすすめの、ノンアルコール化粧水を5種類ピックアップしました。

ニキビはもちろん肌荒れにも効果があるもの、ニキビケアと美白ケアが同時に行えるものなどがそろっています。商品特徴を比較しながら、使ってみたい商品を見つけてください。

1.NOV「ノブIII フェイスローション R(しっとり)」

  • 内容量:120ml
  • スクワラン
  • セラミド3
  • アミノ酸
  • グリチルリチン酸2K

肌のバリア機能をサポートする化粧水

ノブは常盤工業薬品の、乾燥肌・敏感肌・ニキビ肌ための化粧品ブランドです。その中でもノブIIIは、肌のバリア機能をサポートする3つの成分をバランスよく配合。うるおいに満ちたすこやかな肌に導きます。

抗炎症有効成分であるグリチルリチン酸2Kを配合しているので、ニキビによる炎症や肌荒れにも効果的。肌の調子を整えて、もっちりとした肌を実現します。

愛用者からは「荒れた肌やひっかき傷も翌朝にはしっとりスベスベ」「何を使ってもダメでしたが、かゆみや赤みがなくなりました」「アトピー性皮膚炎ですが、ピリピリ感がなく使えます」などと評判です。

2.ETVOS(エトヴォス)「薬用アクネVCローション」

  • 内容量:150ml
  • VCエチル
  • グリチルリチン酸2K
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア
  • 植物性プラセンタ
  • オイルフリー

ニキビ&美肌ケアができる化粧水

浸透型ビタミンCである有効成分のVCエチルと、抗炎症作用の有効成分であるグリチルリチン酸2Kを配合。ニキビやニキビ跡のケアと、美白ケアが同時に行える薬用ローションです。

また乾燥が原因でできる大人ニキビに対応できるよう、高保湿成分であるリピジュアやヒアルロン酸、植物性プラセンタも配合。ハリとツヤに満ちた、うるおいのある肌に導きます。

愛用者からは「2週間ほどでフェイスラインの吹き出物が消え、赤みのひきも早い」「1カ月ほどでニキビや吹き出物が落ち着いた」「刺激もなかった」など、ニキビへの効果を実感する声が聞かれました。

ただし、わずかですが「刺激を感じた」「ヒリヒリした」などの声も聞かれました。刺激が気になる方は、まずはお試しセットからはじめたほうが安心です。

3.b.glen(ビーグレン)「クレイローション」

  • 内容量:120ml
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • モンモリロナイト
  • カミツレエキス
  • ヒアルロン酸
  • 納豆エキス
  • オウゴンエキス

防ぐ&守るで肌を安定させる化粧水

ニキビや肌荒れで敏感になった肌を、「防ぐ」と「守る」効果で安定させる化粧水です。炎症をおさえる有効成分グリチルリチン酸ジカリウムと、肌にうるおいのひと膜をつくる天然クレイのモンモリロナイトを配合。

その他にも、うるおいをあたえるカミツレエキス、うるおいを保つヒアルロン酸、肌荒れを防ぐ納豆エキス、環境ストレスから肌を守るオウゴンエキスの4種類の美容成分を配合しています。

愛用者からは「ガンコなニキビ跡が薄くなって赤みもひいた」「乾燥でザラついていた肌もしっとりした」「肌がもっちりして赤みも落ち着く」「保湿力が高い」などと好評です。

4.SiBODY「VCローション」

  • 内容量:150ml
  • 浸透型ビタミンC誘導体
  • ビタミンA・E誘導体
  • サリチル酸
  • 5種の植物性エキス

できたニキビとこれからできるニキビに!

既にできたニキビはもちろん、今作られているニキビやこれからできるニキビにも効果的な化粧水です。毛穴トラブルにアプローチする浸透型ビタミンC誘導体と、高機能ビタミンA・E誘導体を配合。

さらにサリチル酸や5種の植物性エキスを加え、ニキビや毛穴トラブルに最適化しました。肌にやさしい無添加処方で、ニキビをケアし毛穴をひきしめ、なめらかな肌に整えます。

愛用者からは「大人ニキビがよくなってきた」「ニキビ跡がどんどん薄くなってきた」「劇的にニキビが減った」「4~5カ月目頃から徐々にニキビができにくくなり、肌質が改善された」などと好評です。

5.RUHAKU「シークワーサー ブライトニングローション」

  • 内容量:120ml
  • 拭き取りタイプ
  • 100%天然由来成分
  • シークワーサー
  • 紫根
  • ユキノシタ
  • 甘草
  • レモンマートル
  • 海洋深層水
  • フルーツAHA

100%天然成分由来の拭き取り化粧水

100%天然由来成分で作られた、拭き取りタイプのブラントニングローションです。沖縄のスーパーフルーツであるシークワーサーが、透明感をアップしみずみずしい肌に整えます。

ブライトニング効果が高い5種類の植物エキスや、肌を引き締める植物エキスも配合。フルーツAHAも配合しているので、古い角質を除去してザラつきのないなめらかな肌に導きます。

愛用者からは「肌のキメが整って透明感がでる」「肌なじみがよくうるおいも続く」「正真正銘のオーガニックなので安心」などの声が聞かれました。角質ケアと保湿ケアで、大人ニキビができにくい肌へ導きます。

小ジワやたるみが気になる!年齢肌対策におすすめのノンアルコール化粧水3選

小ジワやたるみなどの年齢肌が気になる方におすすめの、ノンアルコール化粧水を3種類ピックアップしました。いずれも年齢肌の原因となる乾燥を防ぐ、高保湿タイプのものばかりです。

エイジングケアが気になる方はもちろん、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。配合成分の違いや商品特徴を比較しながら、肌タイプにあった化粧水を見つけてください。

1.DECENCIA「アヤナス ローション コンセントレート」

  • 内容量:125ml
  • セラミドナノスフィア
  • 高浸透グリセリン
  • ストレスバリアコンプレックス
  • コウキエキス
  • ローズマリーエキス
  • CVアルギネート
  • 天然植物エキスの香り

敏感肌×エイジングケアができる化粧水

敏感肌と年齢肌を一度にケアできる化粧水です。浸透力と保湿効果が高いセラミドナノスフィアと高浸透グリセリンを配合し、角質のすみずみまでうるおいで満たします。

またストレスによるエイジング加速に着目し、ストレスバリアコンプレックスを配合することでストレスに負けない肌に導きます。香りは天然植物エキスのゼラニウムとラベンダーを配合した、リラックスする香り。

愛用者からは「乾燥肌でかゆみがでやすいのですがこれなら大丈夫」「肌にハリがでてきた」「ぷるんとした液体で乾燥肌もしっとりうるおう」など、保湿力の高さを評価する声が多く聞かれました。

2.オルビス ユー「アンコール ローション」

  • 内容量:180ml
  • HSP含有酵母エキス
  • D.N.A.ヒビスエキス
  • イーブンワテロイル
  • 浸透型コラーゲン

重力に負けない本格エイジングローション

見た目年齢を左右する、目元、口元の下向きライン。ハリやうるおいが低下することが原因です。アンコールローションは下向きラインに挑む本格エイジングローションで、肌も気持ちも上向きに導きます。

リッチなうるおいをあたえながらもベタつかないイーブンワテロイルや、高保湿成分を配合。最先端科学ケアでハリ不足、うるおい低下に立ち向かい、若々しさのある弾むような弾力肌をめざします。

愛用者からは「花粉で荒れていた肌も落ち着き、もちもちの肌になった」「一週間ほどで肌がスベスベになった」「乾燥敏感肌でブツブツができやすい肌ですが大丈夫でした」などと好評です。

3.小林製薬「ヒフミド エッセンスローション」

  • 内容量:120ml
  • 3種類のヒト型セラミド
  • リピジュア
  • モイスチャースプリング成分

うるおいと豊かなハリをあたえる高保湿化粧水

ヒト型セラミドI、II、IIIと、リピジュア、モイスチャースプリング成分を配合した、高保湿タイプの化粧水です。角層のすみずみまでうるおいをあたえ、豊かなハリのある肌をめざします。

うるおいをあたえて乾燥を防ぐことで、年齢を感じさせる乾燥小ジワを目立ちにくくします。

愛用者からは「手に吸いつくようなもっちり感がうれしい」「しっかり水分が補給され、肌診断でも水分量がよかった」「赤く乾燥する肌にも快適に使える」など、高保湿性を評価する声が多く聞かれました。

薬局やドラッグストアでも購入できる!市販のプチプラノンアルコール化粧水2選

ドラッグストアや薬局、スーパーなどで手軽に購入できる、ノンアルコールのプチプラ化粧水を2種類まとめました。どちらも600円台と低価格です。これなら気軽に試すことができますね。

口コミを見ると機能性や使用感を絶賛する声が多く、みなさん価格以上の価値を感じていらっしゃるようです。ノンアルコール化粧水を手軽に試したい方は、是非チェックしてみてください。

1.ちふれ「化粧水 ノンアルコールタイプ」

  • 内容量:180ml
  • ヒアルロン酸
  • トレハロース

しっとりやさしいテクスチャーの化粧水

しっとりとやさしく、マイルドな使用感の化粧水です。無香料・無着色・ノンアルコールの低刺激性。

保湿成分にヒアルロン酸とトレハロースを配合し、しっとりやわらかな肌に整えます。リピーターにやさしいつめかえ用あり。

愛用者からは「乾燥による粉ふきがなくなった」「肌がヒリヒリしないのでうれしい」「あわない化粧水を使うとニキビが大量発生&赤ら顔に。15種類購入した敏感肌用化粧水でこれだけが刺激なく使えた」と好評です。

2.セザンヌ「モイスチュアリッチ エッセンスローション」

  • 内容量:160ml
  • パン酵母
  • ビール酵母
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • 真珠エキス

美容液のような保湿化粧水

2種類の酵母をはじめ、複数種類の保湿成分をリッチに配合。肌にハリをあたえ、乾燥によるくすみをなくして引き締める、美容液感覚で使える保湿化粧水です。さらりとしたテクスチャー。

愛用者からは「奥まで染み込んでうるおう」「刺激もなくパシャパシャと使いやすい」「朝晩の洗顔後に、これ1本でしっとりする」「くすみが減った」など、使用感のよさや品質に満足する声が聞かれました。

ノンアルコール化粧水を購入時するときに気になる疑問・質問

ノンアルコール化粧水を使うにあたっての疑問・質問に、Q&A形式でお答えしました。商品購入前に疑問を解消して、商品選びの参考にしてください。

Q1:お酒が飲めない・弱い人は化粧品もアルコールフリーにした方がいいの?

ノンアルコールタイプの化粧品をおすすめします。

医療機関では、アルコールの分解能の検査はパッチテストで行うとのことです。アルコールを受け付けない方は、赤みが強くでたり、かゆみ、皮膚の腫れなどの症状がでたりすることもあるようです。

このことから、お酒が飲めない方がアルコール配合の化粧品を使用することで、肌への負担が生じることが考えられます。気になる場合は、使用前にアルコール配合の化粧水でパッチテストを行うことをおすすめします。

Q2:大人ニキビにはノンアルコール化粧水がいいって本当?

ノンアルコール化粧水に変えたことで、大人ニキビの悩みがなくなる方も多いようです。

肌の状態には個人差があるので断定はできませんが、大人ニキビの大きな原因のひとつに肌の乾燥があります。その場合、アルコールが配合された化粧水を使うことで、より症状がひどくなることが考えられます。

ニキビケアをする場合、アルコールの清浄作用や殺菌作用を期待してアルコールが配合された化粧水を選びがちです。

しかしアルコール配合の化粧水でのケアでニキビの症状が治まらないのであれば、一度ノンアルコールの化粧水でのケアをしてみることをおすすめします。保湿ケアを行うことで、大人ニキビが改善する方も多いようです。

まとめ

専門家にうかがったお話を元に、ノンアルコール化粧水の選び方のポイントや、編集部おすすめのノンアルコール化粧水15選をお届けしました。美白・エイジング・高保湿など、さまざまな種類がありましたね。

「ノンアルコール化粧水は、刺激はないけど美肌効果が少ない」と思っていた方も、これなら使ってみたいと感じる化粧水が見つかったのではないでしょうか。

今回紹介した化粧水は、口コミでも高い評価を得て人気があるものばかり。さっそく気になる商品を購入して、今よりもっときれいなトラブルゼロ肌を手に入れましょう。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す