シミに効果的な美容液のおすすめ18選!効果と使い心地で選ぶ【2019年最新版】

シミに効果的な美容液を厳選しています。ある程度の年齢になるとだんだん濃く、多くなっていくシミ。そんな頑固なシミに有効なのは、肌の奥深くまで浸透する美容液です。この記事では、数あるシミに有効な美容液の中でもとくにおすすめの商品を選んでいます。アットコスメでランキング上位の商品や、市販で人気の商品。ハイドロキノンを配合した、より効果が期待できる実力派のものや、敏感肌に優しいものまで幅広く選んでいます。シミ対策は20代から始めたい!という人や、すでにあるシミを消したい!という人も、ぜひ参考にしてみてください。いよいよ本格的にシミ対策、始めませんか?

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

シミに効果的な美容液のおすすめな選び方3つ

シミに効果的な美容液を選ぶ際には、3つのポイントに着目して選んでみるのがおすすめです。成分やテクスチャー、敏感肌の人は肌への刺激度もチェックしてみてください。

1.ケアしたいシミに合わせて!有用成分で選ぶ

まずは美容液の要となる有用成分から選ぶ方法です。美しく透き通った肌へ導く有用成分には、効果の高さや、刺激の強さなどが異なるさまざまな成分があります。成分の中でも、シミができる前とできた後ではおすすめの成分も変わってきます。

おすすめ成分
シミができる前
  • アルブチン
  • ビタミン誘導体
  • トラネキサム酸
シミができた後
  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • レチノール

シミにはいろいろな種類がありますよね。長年の日焼けによるもの、強力な紫外線を浴びることでできたもの、遺伝的要因の大きいそばかすや、イボのような良性腫瘍のようなもの。さらにシミがどの段階まで進んでいるかによっても効果的な成分は変わります。

日焼けなどのシミは、まず紫外線を浴びたとき、メラノサイト活性化因子が、肌のメラノサイトという細胞にメラニンを作るよう命令します。この段階では、トラネキサム酸など、この命令を出す因子をブロックする成分がおすすめです。

メラノサイトに命令が届くと、チロシンというアミノ酸を作り出し、チロシナーゼという活性酵素を取り込みながらメラニン色素ができ上がります。この段階になると、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などのチロシナーゼ酵素の活性を阻害する成分がおすすめです。

また、厚生労働省の認可を受けた美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)成分を基準にする方法もあります。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • リノール酸
  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • プラセンタエキス

このような成分が配合されているものを選ぶとより白い肌を目指しやすくなるでしょう。

2.目的に合わせて!好みのテクスチャーで選ぶ

目的によってテクスチャーを変える選び方もあります。例えば、甲板やそばかす、くすみなど顔の広範囲に使いたい場合には、緩く伸びるテクスチャーがおすすめです。全体に伸ばしやすいので、効果的にムラなく塗ることができます。

また、とくにピンポイントで大きいシミや濃いシミ、気になるシミをケアしたい場合には、硬めで濃厚なテクスチャーがおすすめ。クリームタイプやスティックタイプの美容液が最適です。

ただし、そういったピンポイントに適した美容液は、高濃度でシミに直接アプローチできるように作られているので、顔全体に使うのには向いていません。使いたい範囲にあった美容液を選ぶようにしましょう。

3.敏感肌でも使いたい!低刺激で選ぶ

敏感肌の人は、低刺激であるかどうかもチェックしたいポイントです。判断ポイントは配合されている添加物や、成分の強さなど。

  • 防腐剤や着色料などが無添加かどうか
  • 刺激の強い成分を使っていないかどうか

などを確認して、無添加処方、低刺激処方と謳っている商品を選びましょう。また、特定の成分にアレルギーがあるとわかっている人は、その成分も避けるようにするのが安心です。

シミに効果的な美容液におすすめの主な有用成分5つ

シミに効果的な有用成分について少し詳しく解説していきます。

1.ハイドロキノン

美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)というとよく聞くのがハイドロキノンという成分です。いちごやコーヒーなどにも含まれている天然の成分で、老化の原因となる肌の酸化を抑える還元作用が認められています。

シミができる前にチロシナーゼ酵素の働きを阻害し、できたメラノサイトそのものにも働きかけてくれます。また肌のターンオーバーを促すので、白く美しい肌を目指す人にもとくに効果的でしょう。ただし、2001年までは医師の処方が必要だったほど作用の強い成分。

濃度によっては強い刺激となるので、用法用量を守り、パッチテストをしてから使うなど、正しく使用しましょう。

2.トラネキサム酸

トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一種で、炎症やアレルギーを和らげる働きがあります。1979年には肝斑の改善に使われるようになりました。それは、炎症を起こした際に発生するメラニン生成因子を抑制する働きが確認されたからです。

2002年には、厚生労働省から美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)成分に指定され、多くの化粧水やケアアイテムに使わるようになった成分です。

3.ビタミンC誘導体

美容成分として配合されることの多いビタミンC誘導体。いろいろな美容効果があるので、さまざまな悩みの緩和に利用されています。不安定な性質の酸化しやすいビタミンCを安定化したのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、肌内部でビタミンCに変換される特徴があります。ビタミンC誘導体の中にもいろいろ種類がありますが、とくに浸透力が高く、刺激も少ないものには、油溶性ビタミンC誘導体などがあります。

4.アルブチン

アルブチンは、コケモモやウワウルシなどの植物に含まれている成分。働きとしては、チロシナーゼ酵素によってメラニンが酸化し黒い色に変わるのを防ぐ作用があり、このチロシナーゼ酵素の生成を抑制するというものです。

メラニンはそもそも肌を守るために作られるものなので、メラニンが全く作られない状態は逆に危険といえます。メラニンの働きを守りながら、黒く酸化するのを防ぐのがアルブチンの働きです。

5.レチノール(レチノイン酸)

レチノールはビタミンAのことをいいます。皮膚や粘膜を強くしたりする働きがあり、肌のターンオーバーを促してシミケアをサポートするのに効果的な成分です。ピーリングの働きをするので、古い角質を剥がしてシミや黒ずみを緩和する作用が期待できます。

ただし、効果も強い成分なので、赤みやかゆみ、刺激などを肌に感じた際には、使用を中止するなど注意も必要です。

シミに効果的な美容液のおすすめ商品はこちら

目次

今回の商品の比較ポイント

今回、商品を比較するためにチェックしたポイントはこちらの3つです。ハイドロキノンが配合されているタイプは、すでにできてしまったシミに効果的なものなので、参考にしてみてください。

  • 内容量
  • トライアルサイズ
  • ハイドロキノン

今、一番おすすめするシミに効果的な美容液はコレ!

では早速、今一番におすすめするシミ対策美容液を発表します。選ばれたのは、あの有名ブランドの美容液です。

SK-II(エスケーツー)「ジェノプティクス オーラ エッセンス」

  • 内容量:50ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

濃厚なSK-IIピテラがオーラを纏った透明感のある肌へ導く

今回一押しに選ばれたのは、世界各国から580個以上もの賞を受賞してきたSK-IIの美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)シリーズの最先端商品、ジェノプティクス オーラ エッセンスです。テクスチャーはしっとりしていて、伸びの良い印象。

顔全体に使え、肌の奥まですーっと浸透しやすい処方です。

配合されているのは、SK-II独自の美肌有用成分。ジェノプティクスオーラカクテルや濃縮SK-IIピテラが、肌の奥に隠れたシミの元を直接ケアし、肌の内側から明るい肌へと導いてくれます。

また保湿成分としてはイノシトールやプルーンエキスを配合。イノシトールはビタミンのような働きをして肌をサポートします。また、プルーンエキスはビタミンやミネラルを含み肌の奥から輝くようなツヤを作り出してくれるでしょう。

スポイトには、オート フィル ドロッパーを採用。スポイト一滴分を手に取れば、一番最適な量が取れるようになっているので、毎日簡単に正しい手入れをしやすくなります。曇っていた肌を晴れ渡るような明るいオーラ肌に導いてくれる、そんな美容液です。

口コミでは「気になっていたシミに重点的に使ったら薄くなってきた」「薄いシミは消えたような気がする」といった声がありました。女優の有村架純さんもやっと好きな美白*美容液に出会えた!と、愛用しているようです。

2018年の最新アイテム!おすすめのシミに効果的な美容液4選

美容成分は日々進化しています。今まで使えなかった成分が使えるようになっていたり、より効果的に作用するように改良されていたり。ということで、2018年の最新美容液を4つ、お届けします!

1.資生堂 HAKU(ハク)「メラノフォーカスV」

  • 内容量:10g、20g、45g
  • トライアルサイズ:◯
  • ハイドロキノン:×

美白*ブランドHAKUから登場の最高傑作美容液

2018年3月21日発売のメラノフォーカスVは、資生堂独自の美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)有用成分をW配合した商品。今までの最高傑作として世に送り出された美容液です。100年の肌研究に基づいて作られていて、4MSK、m-トラネキサム酸を配合。

メラニン色素の過剰生成を抑制し、メラノサイトの活性化を効果的に抑えることで、明るい肌へと整えていきます。さらに、トルメンチラ、イチヤクソウのエキス、グリセリン配合で、肌をしっかり保湿して保護。外部からの刺激から守ってくれます。

口コミでも「つけたあとにくすみが全体的に取れて明るく見えるようになった」「肌が明るくなり、保湿力も抜群です」といった声が届いていました。顔全体に使えるので、肌全体のトーンアップを叶えたい人にもぜひおすすめしたい商品です。

2.SOFINA White Professional(ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル)「美白*美容液ET」

  • 内容量:40g
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

メラニンの生成を未然に防ぐ!美白*メカニズムで透明感のある肌へ

2018年4月24日発売の美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液ETは、独自のモイストブライト成分を配合した新処方。

モストブライト成分は、ローズマリー、ローマカミツレ、白樺、キキョウ根、アスナロなどのエキスをぎゅっと凝縮した成分で、角層細胞に潤いを与え、くすみ肌をケアします。

おすすめポイントは天然植物由来のカモミラETを配合している点です。過剰に増えるメラニン生成を未然に抑制することで、シミやそばかすの原因自体を作らせないメカニズム。

植物の恩恵をいっぱいに詰め込んだ期待の美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液です。

発売前のキャンペーンでサンプルを利用した人の口コミでは「ふっくら仕上がり、美容液の肌への密着感が高い」「小鼻の赤みが消えて、全体のくすみが取れるのがよくわかる!」といった声が多く届いていました。

3.ONE BY KOSE(ワン バイ コーセー)「メラノショット ホワイト」

  • 内容量:40ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

シミの元を無色化!クリアな肌へ導く美白*美容液

2018年4月16日発売のメラノショット ホワイトは、日本で初めてシミ発生源の3D解析に成功したKOSEが、シミの新発見を元に開発した最新美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液。シミに最適として新たに選ばれたのは、進化系コウジ酸です。

コウジ酸は、メラノサイトを直撃して、シミの元を無色化。濃いシミや目立つシミの少ない、明るくクリアな肌へと整えていきます。また、さらっとしたテクスチャーで、夏でもさっぱり。浸透力の高いメラノシューティカル処方でみずみずしく肌全体に浸透します。

発売前のサンプルを使用した人の口コミでは「肌全体がトーンアップしてシミがうすく見える」「ピリピリしないし、保湿力がとても高い!」といった声が届いていました。

美白*美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)と向き合った50年の集大成、効果を実感するのが楽しみですね!

4.ALBION(アルビオン) エクサージュホワイト「ホワイトニング レスポンス」

  • 内容量:40ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

トラネキサム酸がメラニン生成を抑えて明るい肌へ!

2018年3月18日に発売のホワイトニング レスポンスは、トラネキサム酸を配合したホワイトニング美容液。コクのあるなめらかなテクスチャーは、角層にとろんと溶け込むように入っていきます。クロフサスグリ果実エキスやゲットウ葉エキスなども配合。

肌の調子を整えて明るい透き通った肌に導きます。メラニンの生成を抑えるため、新たなシミを予防してクリアな肌へサポート。美白*美容液にありがちな乾燥もなく、高い保湿力も魅力的です。

口コミでは「伸びやすくやわらかくて潤う」「保湿効果が高くて、トラネキサム酸が効いてる感じがする」といった声が多数ありました。保湿効果をすぐに実感している人が多く、外的刺激に強い基本の肌作りをサポートしてくれる美容液です。

気になるシミを徹底ケア!シミに効果的な人気美容液4選

続いては、基本的なシミ対策に使いやすく、効果も高い人気美容液を4つ厳選しました。さっそく見ていきましょう!

1.SOFINA White Professional(ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル)「薬用美白*美容液」

  • 内容量:35g
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

メラニンの発生源まで届く高浸透技術を採用した美容液

花王独自の美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)有用成分カモミラETを配合したこちらの商品は、メラニンの発生源の増殖や活性を抑える働きが期待できるアイテムです。

高浸透技術を採用しているので、メラニン発生源まできちんと早く届き、確実に働きかけてくれる点が特徴です。

保湿成分としては、ローマカミツレエキスや白樺エキス、キキョウ根エキスを配合。朝晩の使用でしっかり保湿。無着色で作られていて、アレルギーテストや敏感肌のパッチテストも行われていて、信頼性がありますね。

口コミでは「使い始めて3週間くらいでしみが薄くなり始めた」「そばかすが薄れてきた!」といった実際に薄れてきている効果を実感している人が多くいました。カモミラET、かなり期待できそうな成分です。

2.TRANSDERMA(トランスダーマ)「トランスダーマ C」


  • 内容量:10ml、30ml
  • トライアルサイズ:◯
  • ハイドロキノン:×

浸透力の高いビタミンCを無駄なく届ける!

トランスダーマ Cは、ビタミンC配合の美容液。ただ、今までのビタミンC配合とは一味違い、無香料、無着色、ノンオイル、ノンアルコール、防腐剤も不使用。無駄な配合を一切省いて必要な部分にきちんとビタミンCが届くように処方されています。

また、動物由来成分を含まず、酸化しやすいビタミンCを守るように作られたエアシャットボトルを採用。常に新鮮で効果の高いビタミンCを取り入れることができます。細部にこだわりビタミンCの良さを存分に活かした期待の商品です。

口コミでは「毛穴がなくつるんとした感じに仕上がる」「肌のくすみがなくなったし、肌の調子がよくなった」といった声が多く、フレッシュなビタミンCを肌に取り入れ続けることの効果を実証しているようです。

3.ASTALIFT WHITE(アスタリフト ホワイト)「エッセンス インフィルト」


  • 内容量:30ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

ビタミンC誘導体が染み渡る!まぶしく輝く肌へ

エッセンス インフィルトは、独自成分のナノAMAやナノオリザノールをたっぷりとバランスよく配合した美容液です。珍しい赤い色に驚く人もいるようですが、この色がこの成分配合の証。メラニンの生成を抑えてシミそばかすを防ぎます。

さらにくすみに嬉しいビタミンC誘導体や、保湿成分のツボクサエキスも配合。肌荒れにはグリチルリチン酸ジカリウム配合で、肌の調子を整えます。高浸透でこれらの成分が角層全体に行き渡り、明るく透き通る肌へと導きます。

口コミでは「肌全体がトーンアップして、シミも薄くなってきた」「肝斑には効果がなかったけど、普通のシミは明らかに薄くなってる」といった声がありました。毎日鏡をチェックするのが楽しみになりそうなアイテムです。

4.Obagi(オバジ)「オバジC10セラム」


  • 内容量:12ml、26ml
  • トライアルサイズ:◯
  • ハイドロキノン:×

独自の処方で角質層の奥までアプローチ!ビタミンCが明るい肌へ導く

オバジC10セラムは、オバジCシリーズの中でもとくに高濃度、高浸透、超安定の技術を詰め込んだ濃厚なアイテム。ハイパーブライトニングC処方で美容液の限界に挑戦したアイテムです。配合成分は、高濃度なピュアビタミンCをベースにビタミンEを新配合。

これらのビタミンが高い保湿効果で肌バリアを高め、肌全体の美しさを底上げします。目立つ毛穴ケアなどにも最適です。他にもツボクサエキスやアーチチョーク葉エキスを配合、さらに高い保湿効果を手に入れることができます。

口コミでも「即効性を感じてもう手放せなくなった「顔全体がつるんとして明らかな効果を実感した」といった高濃度処方の効果を実感する声がたくさん届いていました。シミを含むあらゆる悩みを解決したい人におすすめです。

デリケートな肌にも使える!おすすめのシミに効果的な敏感肌向け美容液3選

デリケートな肌には、低刺激の敏感肌向け美容液が効果的です。ここではできるだけ添加物が少なく、シンプルな成分で優しい処方の美容液を3つお届けします。敏感肌ではなくても、肌荒れがひどくスキンケアアイテムがしみるという人にもおすすめですよ。

1.HABA(ハーバー)「薬用ホワイトレディ」


  • 内容量:10ml、30ml、60ml
  • トライアルサイズ:◯
  • ハイドロキノン:×

ビタミンC誘導体を6%も配合!高濃度の美白*美容液

薬用ホワイトレディは、ビタミンC誘導体を6%も配合した美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液です。そのままでは浸透しないビタミンCを効果的に肌の奥まで浸透させます。さらに保湿成分には、クマ笹水を8%配合。

無添加で天然由来成分を採用した処方なので、トラブルを抱えた肌に優しい使い心地が特徴です。美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)だけなく、肌を整える成分がバランス良く配合されているので、肌全体のスペシャルケアとして使用するのがおすすめ。

口コミでは「色が白く肌に透明感があると褒められた」「くすみが薄くなってきて、新しいシミはできなくなっている」といった声が多数ありました。肌のトーンアップを叶えた口コミも多く届いていました。

2.InnerSignal(インナーシグナル)「リジュブネイト エキス」


  • 内容量:30ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

低刺激!ターンオーバーを促して古い角質を排出!

リジュブネイト エキスは、独自の薬用有用成分、エナジーシグナルAMPを配合した美容液。この成分は、肌の根底の肌細胞に働きかけて、肌のエネルギー代謝を高めていきます。ターンオーバーが整うから、メラニンを含んだ古い角質をきちんと排出する肌へ。

保湿効果も抜群です。さらに無着色、無香料、無鉱物油、アレルギーテスト済という敏感肌に優しい処方。肌バランスを整えてくれるので、くすみのないクリアな肌を手に入れることができます。

口コミでは「化粧を変えたの?と聞かれるくらい肌のトーンが上がった」「そばかすが薄くなった!」といった声が多くありました。敏感肌の人でも刺激がなく使えたという声も多く届いていました。

3.EBiS(エビス)化粧品「エビス ビーホワイト」


  • 内容量:10ml、20ml、33ml
  • トライアルサイズ:◯
  • ハイドロキノン:×

二つの薬効成分で多角的にシミにアプローチ!

エビス ビーホワイトは、シミに有用なトラネキサム酸やプランテージホワイトといった天然植物成分を凝縮して配合した商品です。

美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)効果以外にもこだわりの成分がリッチに詰まっていて、肌をワントーン明るい肌へと押し上げます。

また、無香料、無着色、ノンパラベンの処方なので、肌への負担が軽く、敏感肌でもしみることなく使えそう。高い保湿力も兼ね備えた原液なので、紫外線などに負けない強い肌作りをサポートします。

口コミでは「全体的に肌のトーンが明るくなった!」「目立つシミに重点的に使ったら薄くなった」といった声が。エイジングケア成分も配合されているので、ハリや弾力の減った肌にもおすすめしたいアイテムです。

しっかりとした効果でスポットケア!おすすめのシミに効果的な美容液3選

濃いシミや目立つシミには、濃厚な成分のスポットケアアイテムが最適です。頑固なシミに効果的な美容液を3つ厳選しました。密着度が高いタイプや、効果の高いものなど、全体使用ではなくとくに気になるシミに活用してみてください。

1.プラスキレイ「プラスナノHQ」


  • 内容量:5g
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:◯

ハイドロキノンを4%配合!セラミドも配合で保湿もしっかり

プラスナノHQは、高い効果のハイドロキノンを配合した点が魅力のアイテムです。さらにレスベラトロールやアスタキサンチンを配合。肌のキメを整え、肌の酸化を防ぐことで、若々しい透き通った肌へと導きます。

ブドウツルエキスやビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの成分も配合。効果的にクリアな肌へと整えていきます。高い効果があるので、気になるシミにポイント使いするのがおすすめ。使い続けることで、効果を実感できます。

口コミでは「2週間で半分くらいの薄さになった!」「頬のシミが薄くなりました!」といった声が届いていました。ただし、成分の強さから、肌が弱い人には注意も必要。必ずパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

2.POLA(ポーラ)「ホワイトショットSXS」


  • 内容量:20g
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

コクのあるクリームが密着!ホワイト膜がシミを撃退

ホワイトショットSXSは、とても密着性が高い美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液です。

美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)成分には、ルシノールやビタミンC誘導体、マジョラムエキスなどが含まれたオリジナルの複合成分ルシノールEXを配合。コクのあるテクスチャーなのでシミに長時間密着します。

また確実に有用成分をメラノサイトに届けるために、SXSショットデリバリー処方を採用。長時間とどまりながらしっかり密着することで、直接シミやそばかすにアプローチする力が高くおすすめの美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液。

口コミでは「顔全体が明るくなってきた」「明らかにシミが薄くなってきている!」といった効果を実感する声が多数。気になるシミにフィットするから、ピンポイントで濃いシミをケアしたい人にとくにおすすめです。

3.b.glen(ビーグレン)「Cセラム」


  • 内容量:15ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

独自の浸透テクノロジーQuSomeが肌の奥まで有用成分を届ける!

Cセラムは、ビタミンC誘導体を高濃度で配合した美白*美容液。スポット使いや全体使いにも使えるので、シミに悩んだらとりあえずこれを購入すればどんなシミもケアできるという便利な1本です。

シンプルな配合で、ビタミンC誘導体の力をもっとも発揮できるような処方。独自の浸透テクノロジーのQuSomeによって、成分を安定させながら角質の隅々まで行き渡らせることが可能になっています。ほんのりとした温感でより効果を実感しやすいのも良いですね。

口コミでも「少量を重ね付けしていたらだいぶシミが薄くなってきた」「気になる毛穴やシミがほとんど目立たなくなってきた」といった声が多くありました。肌に吸い付くようにすーっと浸透するさっぱりしたテクスチャーも季節を問わず使えますね。

肌の悩みが気になり出した20代に!おすすめのシミに効果的なプチプラ美容液3選

続いては、だんだんと肌の悩みも増えてくる20代の人におすすめなシミ美容液を厳選しました。プチプラですぐ手に入る続けやすいアイテムばかり。まだシミができていないけど、今からシミケアを始めたい!という人にもぴったりの商品です。

1.メンソレータム「メラノCC 薬用しみ集中対策液」


  • 内容量:20ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

2種類のビタミンがシミの元に届く!ニキビ跡にも最適

メラノCC 薬用しみ集中対策液は、ドラッグストアでも手軽に買えるプチプラ美容液です。商品名の通り、ピュアビタミンCを安定化させた2つの成分を配合。さらにビタミンEも配合していて、肌の奥まで染み込んで、メラニンの生成を抑えます。

保湿成分にはアルピニアホワイトを配合。また殺菌成分や抗炎症成分も配合しているので、ニキビ跡が気になっている人にも最適です。肌をしっとり潤わせながら炎症のないなめらかな肌に導きます。

口コミでは「ずっと気になっていたシミも若干薄くなってきている」「3〜4ヶ月でシミの色や大きさが半分くらいになった」といった声も。シミが気になる!と思ったときにすぐに手に入り、惜しみなくシミに使うことができるプチプラな美容液です。

2.ちふれ化粧品「美白*美容液W」


  • 内容量:30ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

アルブチンに安定型ビタミンC誘導体を配合!ぷるぷるの肌へ

美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液Wは、アルブチンと安定型ビタミンC誘導体を含んだダブルの美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)成分配合の美容液です。

なめらかに肌の奥まで浸透して、シミやそばかすのない透明感のある肌を目指します。

保湿成分には、ヒアルロン酸やトレハロースを配合。プチプラで、詰め替え用もあるのが嬉しいですね。ドラッグストアなどでも手に入るので、なんとなくシミケアを始めたいなと思ったときのファースト美容液におすすめです。

口コミでは「ニキビ跡のシミが薄くなった気がする」「肌のトーンが上がった」といった声がありました。シミがなくても、今から使い始めることで、未然にシミを防ぎ美しい肌をキープしましょう。

3.無印良品「敏感肌用薬用美白*美容液」


  • 内容量:50ml
  • トライアルサイズ:×
  • ハイドロキノン:×

肌に優しい処方!ビタミンC誘導体がシミそばかすを作らせない!

敏感肌用薬用美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液は、肌に優しくシミをケアできる美容液です。無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリー、パラベンフリーと、余分なものを排除し、ビタミンC誘導体の効果を引き出します。

べたつかず伸びのよいテクスチャーで、美容液のベースには岩手県釜石の天然水を使用。どこまでも優しい処方でシミやそばかすがひどくなる前にケアするのにぴったりのアイテムです。プチプラで比較的どこでも手に入るのも便利ですね。

口コミでは「肌の赤みが引いてきた」「ハリと透明感が出てきた!」といった声がありました。アルコールなどの刺激に弱い人や、日焼けをしてしまったときなどにスペシャルケアとして使うのもおすすめです。

シミに効果的な美容液の使い方

シミに効果的な美容液は、どのように使えばより効果がアップするのでしょうか?ここでは正しい使い方を解説していきます。少しの工夫で肌のコンディションも変わってくることはよくあります。たかがと思わず、一つ一つ丁寧に肌をいたわってみてください。

洗顔後に化粧水で整えた肌に美容液を馴染ませる

美容液を使う順番としては、洗顔をして化粧水を使い、肌に水分が満ちた状態で使うのが基本です。つける際には、肌に浸透させるイメージで、手のひらで押し込むようにハンドプレスしながら優しく馴染ませましょう。

また、手のひらを使って押し込むように丁寧に馴染ませることで、手のひらの温度で美容液が温まり、より肌に馴染みやすくなる効果もあります。浸透力も上がるので、ぜひ試してみてください。また、つける前には、手のひらを清潔に洗うことも忘れないようにしましょう。

乳液やクリームなどは、最後に肌の水分蒸発を防ぐフタのような役割があるので、美容液をつけ終わった一番最後につけるようにしてみてください。

シミをケアするためのコツ

頑固なシミを上手にケアしていくには、少しコツが必要になります。このコツを知っているのと知らないのでは、より効果的なケアができずに結果がなかなか出ないこともあるので、しっかりコツを押さえて使ってみてくださいね。

スポット使いの美容液は顔全体には使わない

濃いシミや、目立つシミなどを集中的に薄くしたい場合には、スポット使いの直接シミに働きかけるようなタイプの美容液がおすすめです。ただし、効果が強めなので、顔全体に使う場合には、全体に刺激となり逆に肌荒れを引き起こす可能性もあります。

あくまでスポット使い専用にして、全体には、伸びの良い刺激も控えめの美容液を使うようにしてみてください。

健やかな肌を保つためにも日中の日焼け止めを使う

シミ対策で一番大切なことは、シミの原因となる紫外線を避ける努力です。これには、日中しっかりと日焼け止めを使ったり、帽子をかぶったり、ストールなどで皮膚を隠すなどの紫外線対策をしてみてください。

さらに、シミに有用な成分を含んだ美容液を使う場合、メラニンを抑制などすることで、紫外線に弱い肌になっている可能性があります。そういった意味でも紫外線対策はとても重要です。

日焼け止めを選ぶ際にも、できるだけ無添加で肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。また日焼け止めの強さなどによっても、肌への刺激が異なります。強い紫外線をうける日、少し散歩に行くだけの日、曇りで紫外線が少ない日など、日によって強さを分けてみて下さい。

定期的なピーリングで肌のくすみを取り除く

肌のくすみは、ターンオーバーが正常であれば、だんだんと肌表面に押し上げられていって最終的には肌から剥がれ落ちてくすみになることはありません。でもまだターンオーバーが乱れたままという人には、定期的にピーリングで古い角質を掃除することも有効です。

一定の期間が経ったら、ピーリング効果のあるアイテムを使ってスペシャルケアをするようにしてみると、より明るい肌を保つことが可能になります。

シミに効果的な美容液を購入時の気になる疑問・質問

続いては、シミに効果的な美容液を購入する前に気になる素朴な疑問に答えます。疑問を解消することで、より確信を持ってシミ対策を続けることができるでしょう。

Q1:どのくらいの使用期間でシミは薄くなるの?

個人差が激しく、早くて1ヶ月〜1ヶ月半くらい、人によっては半年経っても効果が感じられない場合も考えられます。そもそも肌のターンオーバーのサイクルはだいたい28日〜42日といわれています。

こう考えると、ターンオーバーのサイクルでシミが角質として剥がれ落ちるまでが目安といえるでしょう。また、シミや色素沈着が古いものになるほど、効果が現れるまでに時間もかかります。地道に使い続けていくことが大切です。

また、よりシミへの効果を高めるには、睡眠不足や食生活、ストレスなどの生活習慣なども見直すと良いでしょう。肌に負担のかかる生活は、それだけ肌荒れも悪化し、シミなどが濃くなることもあります。

基本的な部分も合わせて見直すことで、より美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)美容液の効果を高めることができるでしょう。

Q2:シミに効果的な美容液は毎日使う必要はある?

毎日こまめに使うのがより効果的です。紫外線を完全にシャットアウトすることはできません。ということは、毎日シミの元はでき続けているということでもあります。また、できてしまったシミを薄くするのは、時間がかかるのでとくにこまめな手入れが必要になります。

スポット用の美容液を使いながらケアして、薄くなってきたら顔全体用の美容液に切り替えるなどしながら、効果的にシミケアを続けていきましょう。

Q3:夜用のシミに効果的な美容液を日中に使っても大丈夫?

使わないようにしましょう。夜用の美容液は、太陽の光が当たると刺激となり、余計悪化してしまう可能性があります。日中に使う場合には、夜用の記載のない美容液にしましょう。

どうしても夜用の美容液を日中に使いたい!という場合には、日焼け止めや帽子など、しっかりと紫外線対策をした上で使うようにしてください。

まとめ

シミケアにおすすめの美容液は、シミの種類に応じて正しく選び、正しく使うことが大切です。まずは自分のシミがどのタイプなのかを判断すること、そしてそれにあった効果の美容液を選ぶことが重要です。

この記事で紹介している商品を参考に、ぜひあなたの頑固なシミを撃退する効果的な美容液を見つけてみてください。今まで日焼け止めを使っていなかった人は、日焼け止めも使って、新しいシミが作られないように工夫しましょう。

今から始めるのが、もっとも早く始めることになります。この記事がいつまでも透明感ある若い肌でいるためのケアのきっかけになると嬉しいです。


関連記事

人気の記事

関連キーワード

カテゴリから探す