敏感肌用ファンデーションのおすすめ15選!肌に負担をかけない商品を厳選

敏感肌の人は、気をつけてファンデーションを選ばないと、肌荒れを起こしてしまうことがあります。なるべく肌に負担をかけない商品を選びたいところですが、どういった点に注意して選べば良いのでしょうか。この記事では、敏感肌の人におすすめのファンデーション15個とともに、選び方について解説します。何に注目して商品を選べば良いのかわかれば、自身の肌に合ったものを購入できますよ。価格帯ごとの特長や、優先的に確認したいメーカー・ブランドも確認できるので、チェックしてみてくださいね。

先におすすめ商品一覧をみたいという方は こちら


Osusumo編集部

敏感肌用ファンデーションのおすすめな選び方5つ

まずは、敏感肌用ファンデーションの選び方を確認しましょう。ファンデーションの種類や成分を詳しく見ることで、本当に敏感肌でも使えるのかわかりますよ。

1.敏感肌はどれを使えばいいの?ファンデーションの種類をチェック

ファンデーションの種類は、パウダー、リキッド、クリーム、クッションの4つに分けられます。それぞれの特長を見てみましょう。

形状 メリット おすすめな人
パウダー

・粉状のルースタイプ

・粉を押し固めたプレストタイプ

・持ち運びやすい

・化粧直しがしやすい

・皮脂崩れしにくい

・手軽にメイクを完了させたい

・肌にダメージを与えたくない
リキッド粉の割合が少なく、水を多めに配合している

・伸びが良い

・ツヤが出る

・ツヤ肌に仕上げたい

・自然な素肌感を出したい
クリームリキッドより粉の割合が多く、水の割合が少ない

・カバー力がある

・崩れにくい

・肌トラブルをしっかり隠したい

・メイク直しをあまりしたくない
クッションスポンジに元からファンデーションが染み込んでいる

・持ち運びやすい

・手軽に使える

・カバー力がある

・手軽にメイク直しをしたい

・肌トラブルをカバーした

敏感肌の人は、なるべく肌に負担をかけないファンデーションを選ぶ必要があります。リキッドやクリーム、クッションは優れたカバー力を誇りますが、その分強力なクレンジングが必要になることが多く、メイクオフの際に肌に負担をかけてしまいます。

そのため、軽いつけ心地で落とすのも簡単なパウダーファンデーションがおすすめです。特にクレンジング不要のものや、肌に刺激を与える成分が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

2.肌に優しいって本当?ミネラルファンデーションの特徴をチェック

肌に優しいといわれている、ミネラルファンデーション。もともと治療の跡を隠せるよう、デリケートな肌でも使えるくらい刺激の少ないファンデーションとして開発されたものです。

シリコンや界面活性剤といった、ファンデーションに配合されることが多く肌に刺激を与えやすい成分を配合していないのが特長。また、石けんで落とせるものが多く、クレンジング不要で肌に負担をかけないのもポイントです。

敏感肌の人には、ミネラルの含有量が多く刺激も少ないパウダータイプのミネラルファンデーションがおすすめですよ。メイクの際はパフやブラシを使って、強く擦らず優しく滑らせるのがコツです。

3.敏感な肌をしっかり守ろう!肌に良くない成分をチェック

敏感肌の人は、ファンデーションに配合されている成分によってかぶれてしまうことがあります。肌を守るために、肌に良くない成分が配合されていないか事前に確認しましょう。

まず、油分が多く配合されているファンデーションは、オフするときに強力なクレンジングが必要になり、肌に負担をかけてしまいます。そして、パラベンなどの防腐剤やアルコール、香料などの添加物は肌に刺激を与えやすいです。

さらに、アレルギーを持つ人は、アレルゲンとなる成分が配合されていないかどうかもきちんと確認しておきましょう。

金属アレルギーの人は、ミネラルファンデーション使用前に成分をチェックしてください。ミネラルファンデーションに配合されている金属には、アレルギーを起こしやすい成分は入っていませんが、念のため確認しておくと安心ですよ。

4.使い方次第!肌への負担が少ない道具をチェック

敏感肌の人がファンデーションを使う場合は、なるべく肌に負担をかけないよう、道具選びも気をつける必要があります。パフやブラシを使うときに少しの摩擦は起こってしまいますから、なるべく柔らかい素材のものを選ぶのがおすすめ。

また、パフもブラシも定期的に洗って清潔なものを使うのが、肌に刺激を与えないコツです。パフは一度使った面を使わず、常に清潔な面が肌に触れるようにすると良いでしょう。ブラシはパフほど頻繁には洗えなくても、こまめに洗うことを心がけてくださいね。

5.安いプチプラ商品でも大丈夫?価格相場と買うべき値段をチェック

ファンデーションは、ブランドによって価格が大きく異なります。ここでは一般的な価格相場として、最安値、売れ筋、高級の3つを確認しておきましょう。

最安値価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯
価格〜1,000円 3,000〜5,000円 6,000円〜
特長

・プチプラ化粧品

・刺激物質が配合されているのもの多い

・ミネラルファンデもある

・成分にこだわっている

・デパコスブランド

・敏感肌用も多い

安く購入できるプチプラファンデーションにも、敏感肌におすすめの商品がたくさんあります。しかし、中には敏感肌用と謳っているにも関わらず、肌に刺激を与えやすい成分が多数配合されている商品もあります。

安いからと簡単に購入を決意せず、配合されている成分をきちんと確認して選びましょう。

敏感肌用ファンデーションのおすすめメーカー・ブランド

どのメーカーから敏感肌でも使えるファンデーションが販売されているか分かれば、商品を探しやすいですよね。ここでは、敏感肌用のファンデーションを販売しているおすすめメーカー・ブランドをチェックしましょう。

1.MiMC(エムアイエムシー)

すべてのメイクアイテムが、石けんで落とせるミネラルコスメであることが特長のMiMC。開発者が化学物質過敏症とアトピーを経験したため、肌に優しい化粧品を作りたいと思ったということからも、敏感肌の味方であることがわかりますよね。

カバー力の高さと肌への優しさを両立させたファンデーションが特に好評です。敏感肌でも使えるくらい低刺激なのに、長時間美しい肌に見せられると人気を集めていますよ。

2.ETVOS(エトヴォス)

肌のバリア機能を整えるスキンケアアイテムと、クレンジング不要で負担をかけないメイクアイテムを販売しているエトヴォス。大人ニキビなど年齢を重ねるとともに目立ってくる肌トラブルを撃退するためのシンプルケア化粧品が人気です。

肌トラブルをナチュラルにカバーして、綺麗な肌に見せてくれるファンデーションが支持されています。刺激になりやすい成分は配合されていないため、敏感肌でも安心して使えるのが魅力です。

3.Rachel Wine(レイチェルワイン)

レイチェルワインは、配合する成分をできるだけ少なくすることで、肌に良いスキンケアをしようと提案しています。日本人の肌を考えて作られた化粧品は、刺激を受けやすい敏感肌でも使えるくらい優しい使い心地です。

サラッと使えるルースタイプのパウダーファンデーションを、持ち運びできるようにコンパクトに入れた商品が注目されています。肌への優しさと使いやすさをどちらも重視して開発されたファンデーション、ということがわかりますね。

敏感肌用ファンデーションのおすすめ商品はこちら

目次

今回の商品の比較ポイント

今回紹介する15個の商品に共通する項目として、以下の3つを抜き出して記載しています。ファンデーションの種類や、紫外線をブロックする力がわかるため、チェックしてみてくださいね。

  • タイプ
  • 内容量
  • UVカット

今、一番おすすめする敏感肌用ファンデーションはコレ!

まずは、今回紹介する敏感肌用ファンデーションの中でも、特におすすめしたい商品を見ていきましょう。多くの敏感肌女性に支持されているMiMCが販売しているファンデーションです。

MiMC「ミネラルクリーミーファンデーション」

  • タイプ:クリーム
  • 内容量:10g
  • UVカット:SPF20、PA++

美容液でメイクをする、新発想ファンデーション!

敏感肌に悩む女性から絶大な支持を集めているのが、MiMCの「ミネラルクリーミーファンデーション」です。刺激の少ないファンデーションにパウダータイプを採用するメーカーが多い中、こちらの製品はクリームタイプとなっています。

大きな特長は、水を一滴も使っていないこと。水の代わりに天然の美容成分を濃縮した美容液を配合しています。粉に美容液成分を配合するという一般的な敏感肌用ファンデーションとは大きく異なり、美容液にミネラルパウダーを配合するという逆の比率で作られているのです。

美容成分として配合されているのは、保湿力の高いスクワランがベース。そこに透明感をプラスするザクロ種子油や、肌のキメを整えるカモミールエキスなどを加えています。ファンデーションは肌に悪いものという概念を覆す、うるおう肌に整える製品です。

クリームタイプのため、肌に均一に伸ばしづらいという意見も見られます。肌をきちんと保湿した上で、スポンジや指に少量取って少しずつ伸ばしていくと、綺麗につけられますよ。

実際に購入した人からは、カバー力があり綺麗な肌に見せられるのに、肌トラブルが悪化しないと好評です。石けんで落とせるため、肌に余計な刺激を与えないのも魅力ですね。敏感肌でも使えるファンデーションを探し求めている人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

敏感肌に優しい!パウダータイプのミネラルファンデーションのおすすめ5選

パウダータイプのミネラルファンデーションは、クレンジング不要のものや肌に刺激を与えやすい成分が配合されていないものが多く、敏感肌に優しいです。特におすすめできるファンデーション5つを紹介します。

1.MiMC「ミネラルモイストパウダーファンデーション」

  • タイプ:パウダー
  • 内容量:6g
  • UVカット:SPF19、PA++

酸化亜鉛高配合で紫外線をブロック!

スキンケアできるファンデーションという発想で生まれた、MiMCの「ミネラルモイストパウダーファンデーション」。肌に優しいルースパウダーですが、パフタイプの特殊容器ごとポンポンするだけで、粉を散らかさずにメイクができます。

ミネラルの中でも、スキンケアをサポートしてくれる酸化亜鉛を多く配合しているのが特長。酸化亜鉛は肌にダメージを与えてトラブルを引き起こす紫外線A波をブロックしてくれるため、敏感肌を守ります。

合成界面活性剤や紫外線吸収剤、パラベンなど肌に刺激を与えやすいあらゆる成分がカットされているのも嬉しいポイントです。肌がかぶれやすい敏感肌の人も安心して使えますよ。

肌に優しいのにカバー力が高い、ふんわりしたマシュマロのような肌に見せられると好評です。容器が独特なので慣れるまで上手く付けられないという意見もありましたが、少しずつ粉がしみてくるのを確認しながら調節すると、必要な分のファンデーションを付けられますよ。

2.エトヴォス「タイムレスシマーミネラルファンデーション パフ付 レフィル」

  • タイプ:パウダー(レフィル)
  • 内容量:11g
  • UVカット:SPF31、PA+++

下地不要で肌トラブルをカバー!

下地を使わなくても肌トラブルや赤みをカバーしてくれると好評なのが、エトヴォスの「タイムレスシマーミネラルファンデーション」です。プレストタイプのパウダーファンデーションで、肌に密着してメイクアップ効果を長く保ちます。

保湿成分として、ヒト型セラミドやヒアルロン酸などを配合しているのが特長。ファンデーションを塗っても肌が乾燥しにくく、崩れを防止してくれます。ミネラルファンデーションにありがちな乾燥を撃退し、余分な皮脂を吸着してくれるのも魅力です。

程よいカバー力でシミや赤みを隠し、透明感のある肌に整えてくれると人気を集めています。敏感で荒れやすい肌に悩んでいたけれど、このファンデーションを使うと荒れなかったと評価する人も多いですよ。美容成分配合のミネラルファンデーションに興味がある人におすすめです。

3.レイチェルワイン「ミネラルファンデーション【ノンプレストコンパクト】」

  • タイプ:パウダー
  • 内容量:3g
  • UVカット:SPF27、PA+++

肌に負担をかけずにトラブルカバー&豊富なカラー!

飛び散りやすいルースパウダータイプなのに、コンパクトからそのまま使える利便性の高さが魅力のレイチェルワイン「ミネラルファンデーション【ノンプレストコンパクト】」。ルースタイプにすることで、防腐剤や油分をカットし、肌に優しい仕様となっています。

ルースパウダーにありがちな、フタや別容器にパウダーを出して付けるという手間が不要なのが人気の理由です。ネットにブラシやパフを押し付けるだけで使えるため、周囲を汚すことなく外出先でもメイク直しができますよ。

ミネラルファンデーションだから肌に優しく、自然なカバー力でナチュラルメイクにピッタリです。全12色という豊富なカラーバリエーションで、肌に合う色を選びやすいのも人気の理由ですね。

自分にピッタリ合う色のファンデーションを見つけたい人や、ルースパウダーで肌トラブルをカバーしたい人におすすめです。

4.トゥヴェール「ミネラルパウダリーファンデーション」

  • タイプ:パウダー
  • 内容量:12g
  • UVカット:SPF30、PA++

時短でメイクが完了するのに、圧倒的なカバー力!

トゥヴェールの「ミネラルパウダリーファンデーション」は、ミネラルと美容成分の力で1日中乾燥しない肌に整えてくれます。下地不要なので、この製品だけでベースメイクが完了する手軽さが魅力です。

セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分や、肌のキメを整えるアミノ酸が配合されているのが特長。肌の乾燥を抑え、スキンケアをしながらメイクアップ効果を出せますよ。微粒子パウダーを配合することで、明るく整った肌に見せられるのも嬉しいポイントです。

石けんで落とせるのに高いカバー力を誇る、と評価されています。敏感肌だからミネラルファンデーションを使いたいけれど、カバー力も重視したい人にピッタリの商品といえます。

しっかりトラブルをカバーして、美しいマットな肌に仕上げたい人におすすめです。

5.ヴァントルテ「ミネラルシルクファンデーション」

  • タイプ:パウダー
  • 内容量:6g
  • UVカット:SPF25、PA++

ナチュラルメイクにピッタリ!なめらか肌に近づける

ルースパウダーなのにしっとりした肌に仕上がると話題なのが、ヴァントルテの「ミネラルシルクファンデーション」です。肌にピッタリ密着するので、皮脂や乾燥による化粧崩れを防止できます。

天然のミネラルとシルクをたっぷり配合しているのがポイント。肌に優しく、下地不要でなめらかな肌に整えられますよ。肌に刺激を与えやすいあらゆる成分が無添加なので、敏感肌の人も安心して使えるのが嬉しいですね。

スキンケアで使用した美容液や乳液などが肌表面に残っていないことを確認してから、ファンデーションを付けてみましょう。そうすることで、ムラを防いで均一に付けることができますよ。

程よいカバー力で肌トラブルを隠してくれて、時間が経っても崩れにくいと人気を集めています。

カバー力絶大!敏感肌用リキッドファンデーションおすすめ4選

クレンジングが必要になることもありますが、絶大なカバー力を誇るリキッドファンデーションにも敏感肌用の商品があります。肌に優しく作られているリキッドファンデーション4つを見ていきましょう。

1.MiMC「ミネラルリキッドリーファンデーション」

  • タイプ:リキッド
  • 内容量:13g
  • UVカット:SPF22、PA++

石けんで落とせるのに高いカバー力!

敏感肌の人は水分と油分のバランスが乱れることで、肌のバリア機能が衰えて刺激を受けやすくなっています。そのため、外からの刺激をブロックすると同時に、水分と油分のバランスを整えてあげる必要があるのです。

MiMCの「ミネラルリキッドリーファンデーション」は、植物エキスを配合することで健やかな肌に導いてくれます。保湿効果のある成分で水分を補給することで、過剰な皮脂を抑えバリア機能を整えるのです。リキッドファンデーションなのに石けんで落とせるため、肌に余計な刺激を与えません。

クレンジング不要なのに汗や水に強く、つけたてのみずみずしさを長時間キープしてくれると人気を集めています。肌に密着して高いカバー力を発揮するため、毛穴や肌の赤みなど、トラブルを綺麗に隠したい人におすすめです。

2.ヴァントルテ「美容液ミネラルリキッドファンデーション」

  • タイプ:リキッド
  • 内容量:35g
  • UVカット:SPF25、PA++

石けんで落とせてツヤ肌に導く!

ヴァントルテの「美容液ミネラルリキッドファンデーション」は、石けんで落とせるリキッドファンデーションです。石油系界面活性剤やパラベン、エタノールなど、肌に刺激を与えやすい9個の成分が無添加で、敏感肌でも使えます。

セラミドやコラーゲン、プラセンタエキスなど、保湿力の高い成分を多数配合しているのが特長です。美容成分を80%以上も配合しているため、スキンケアをしながらメイクができますよ。固めのテクスチャーで、少量ずつ伸ばすことで肌を均一に整えられます。

リキッドファンデーションはカバー力が高いから使ってみたいけれど、クレンジングが必要だから避けていたという人も、この製品に出会って乗り換えたケースが多いです。ベースメイクをしっかりして、肌トラブルをカバーできる敏感肌用ファンデーションが欲しい人におすすめ。

3.マキアレイベル「薬用クリアエステヴェール」

  • タイプ:・リキッド
  • 内容量:25ml
  • UVカット:SPF35、PA+++

エイジングケアもできちゃう!美容液ファンデ

マキアレイベルの「薬用クリアエステヴェール」は、スクワランやコラーゲンを始めとする美容成分を68種類も配合している、美容液のようなリキッドファンデーションです。美容成分が働きかけることで、メイク中も肌のうるおいが続きます。

メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐプラセンタエキスを配合しているのが特長。紫外線ダメージによって引き起こされる肌トラブルを予防することで、若々しい肌が保たれます。また、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルを配合しているのもポイント。敏感肌にありがちな肌荒れを鎮めて、健やかな肌に導きますよ。

肌がピリピリせず、しっとりした状態をキープできると評価する敏感肌の人が多いです。スルスルと伸びるテクスチャーも、過度な摩擦が起きにくく肌を傷めないと好評ですよ。肌にうるおいを与えながら、ツヤ肌に整えるファンデーションを使いたい人におすすめ。

4.リソウ「リペアリキッドファンデーション」

  • タイプ:リキッド
  • 内容量:30g
  • UVカット:SPF28、PA++

天然由来成分配合で肌に優しいリキッドファンデ!

厚塗り感は出したくないけれど、気になる肌トラブルは隠したい人におすすめなのが、リソウの「リペアリキッドファンデーション」です。微粒子成分が肌に密着することで、薄付きでもナチュラルなカバー力を出せます。

100%天然由来成分のため、肌に刺激を与えにくいのが特長。敏感肌でも安心して使えます。人工成分が配合されていないので、6カ月以内に使い切る、分離しやすいためよく振ってから使用すると注意書きがされているくらいです。

敏感肌で使えるファンデーションが限られる人も、この製品であれば問題なく使えると絶賛しています。植物エキスが肌を優しく整えてくれるのも人気の理由ですよ。とにかく肌に優しいリキッドファンデーションが欲しい人におすすめです。

デパコスもプチプラコスメも網羅!市販の敏感肌用ファンデーション5選

プチプラからもデパコスからも、敏感肌用の低刺激性ファンデーションが多数販売されています。市販の敏感肌用ファンデーションの中から、おすすめしたい5つを紹介します。

1.アディクション「ザ スキンケア ファンデーション」

  • タイプ:リキッド
  • 内容量:30ml
  • UVカット:SPF25、PA++

スキンケアしながらメイクアップ!手軽に崩れにくいベースメイクに

肌を優しくケアしながらメイクができるリキッドファンデーションとして、アディクションの「ザ スキンケア ファンデーション」がおすすめです。時間が経っても肌に負担がかからず、サラッと使えるのが特長。

スクワランやアルガンオイルといった、保湿効果の高い美容成分を多数配合しています。敏感肌に不足しがちなうるおいを補うことで、バリア機能を整えてくれるのです。15色という豊富なカラーバリエーションで、自分に合う色を見つけやすいのも魅力。

1日中乾燥しない、崩れないのでメイク直し不要と確かな実力を評価する人が多いです。下地を使わなくてもナチュラル美肌に見せられるため、出勤前の忙しい朝に愛用している女性も多いですよ。無香料で敏感肌にもおすすめです。

2.dプログラム「メディケイテッド パウダリーファンデーション」

  • タイプ:パウダー(レフィル)
  • 内容量:10.5g
  • UVカット:SPF16、PA++

高いカバー力&低刺激性で敏感肌に優しい!

敏感肌用のスキンケアラインを展開している資生堂のdプログラムから販売されている、「メディケイテッド パウダリーファンデーション」がおすすめです。パラベンやアルコール、鉱物油、香料などは無添加のため、敏感肌に刺激を与えずメイクできます。

ヒアルロン酸ナトリウムなどの保湿成分が配合されているのが特長。また、有効成分として肌荒れを防止するトラネキサム酸を配合していることに加え、ニキビになりにくい仕様で、新たな肌荒れの原因をブロックしてくれるのも魅力です。

肌にしっかり密着してトラブルを隠してくれると人気を集めています。時間が経ってもテカらず、なめらかな肌に見せられるのもポイントですね。カバー力を重視して敏感肌用のファンデーションを購入したい人におすすめです。

3.ローラメルシエ「ミネラルパウダー」

  • タイプ:パウダー
  • 内容量:9.6g
  • UVカット:SPF15(PA記載なし)

肌に負担をかけないルースパウダーミネラルファンデ!

ローラメルシエ「ミネラルパウダー」は、シンプルな成分だけで作られた敏感肌用のファンデーションです。ルースパウダータイプなので、肌に負担をかけずにベースメイクができます。ブラシで簡単に付けられるのも魅力ですね。

天然パールパウダーが配合されていることで、肌に自然なツヤを出せるのがポイント。くすみや赤みが気になる敏感肌を、ワントーン明るく見せてくれますよ。手軽に綺麗な肌に仕上がると評価する愛用者も多いです。

ルースパウダーのためカバー力は低く感じられますが、気になる部分に重ね付けすることでトラブルを隠してくれますよ。ふんわりと軽いつけ心地で、なるべく肌に負担をかけないミネラルファンデーションが欲しい人におすすめです。

4.インテグレート「ビューティーフィルター ファンデーション」

  • タイプ:パウダー
  • 内容量:9g
  • UVカット:ー

キメが均一でなめらかな美肌に見せられる!

ルースパウダータイプのミネラルファンデーションなのに、仕上がりが粉っぽくならないと注目されているのが、インテグレートの「ビューティーフィルター ファンデーション」です。肌色タイプとノーカラータイプがあり、自分の肌に合わせてメイクアップできます。

毛穴やキメを整えて見せる光パウダーや、肌色トーンアップパウダーを配合しているのが特長。肌トラブルの目立たない、均一な肌に見せられますよ。化粧下地やBBクリームのあとに使うことで、美肌効果が高まります。

軽く肌をカバーしたいときは薄く、しっかりトラブルを隠したいときはパフに多めにつけて厚くというように、カバー力を調節できるのが嬉しいポイントです。購入者からも、使い方次第でさまざまな効果が得られると高評価を得ていますよ。

5.メイベリンニューヨーク「ピュアミネラル BB フレッシュクッション マット」

  • タイプ:クッション
  • 内容量:14g
  • UVカット:ー

手軽に使えるクッションBB!

パフをギュッと押し付けるとクリームが滲んでくる、クッションファンデ。手を汚さずに使えるため、外出先でも簡単にメイク直しができると近年人気を集めています。

クッションファンデのように使えるBBクリームとして、メイベリンニューヨークの「ピュアミネラル BB フレッシュクッション マット」がおすすめです。敏感肌でも使える仕様で、肌トラブルをカバーしてくれます。

化粧水のようにみずみずしく付けられるのが特長。うるおいの足りない敏感肌を、しっとり整えてくれます。また、余分な皮脂を吸着するパウダーを配合しているのもポイントです。ポンポンと簡単に付けられるのに、時間が経ってもテカリやベタつきが気になりません。

上からパウダーを重ねなくても、サラサラのマット肌に整えられると好評です。厚塗りにならないのに綺麗な肌に見せられるのも魅力ですね。外出先でも使える敏感肌用のファンデーションが欲しい人におすすめです。

敏感肌用ファンデーションを購入時の気になる疑問・質問

おすすめの敏感肌用ファンデーションを紹介してきましたが、敏感肌にもアトピー肌や乾燥性敏感肌など、細かい種類がありますよね。それぞれのファンデーションの選び方を確認しておきましょう。

Q1:アトピー肌におすすめのファンデーションって?

アトピー肌には、パウダータイプのミネラルファンデーションがおすすめです。パウダータイプのミネラルファンデは、リキッドやクリームに比べて油分や添加物が少ないため、肌に刺激を与えにくいからです。

アトピー肌の人はバリア機能が弱く、肌に刺激を与えやすい添加物が肌内部に入ってしまいやすいため、なるべくシンプルな成分で作られているファンデーションを選びましょう。

Q2:乾燥性敏感肌にはリキッド?パウダー?

乾燥肌にはうるおいのあるリキッドが合っているように思えますが、必ずしもそういうわけではありません。リキッドはパウダーよりも油分が多く配合されていて、品質を保つために添加物も入っている傾向にあります。

敏感肌に刺激を与えるのはご法度なので、なるべく軽いつけ心地のパウダーファンデーションにするか、リキッドでも添加物の少ないものを選ぶのがおすすめです。

まとめ

肌に負担をかけずに使える敏感肌用のファンデーションは、多くのメーカーから販売されています。商品によって配合されている成分やメイクの仕上がりに差がありますから、記事冒頭で紹介したおすすめな選び方を購入前に確認しておくと安心です。

肌に刺激を与える添加物が配合されていないか、そしてどんな種類のファンデーションを使いたいか。なんとなくで選ばず、きちんと確認してから選ぶことで、敏感肌でも美肌に見せられるファンデーションを購入できますよ。


関連記事

人気の記事

カテゴリから探す